検索

第451号 新入生歓迎号

  競走部  世界記録ルディシャを追って 前田恋弥

 世界の走り
 圧倒的な実績は、世界記録のスタイルでたたき出した。昨年10月に開催された長崎国体で、前田恋弥(政経1=市立船橋)は800bで高校新記録を打ち立てて優勝。「まさか(高校記録が)出るとは思わなかった」と言う本人も驚きの快走は、一切後続を寄せ付けない完璧な内容だった。「満足のレース展開」と言うこの走りは、憧れていた世界記録保持者のD・ルディシャ(ケニア)を参考にしたもの。スタートからゴールまで常にトップで走り続けるこのスタイルが、スピードよりスタミナを武器とする前田のポテンシャルと化学反応を起こした。「一番強さを証明できる走り」と語ったスタイルを、自分のものとした。

自分を貫く
 高校記録を樹立した前田には、日本記録更新への期待が多く寄せられる。大きな重圧にも「周りの期待は感じる。でも、自分のレーススタイルを貫いてやっていくだけ」。同じく高校記録を樹立した現日本記録保持者の川元奨(スズキ浜松AC)と比較されることも多いが、あくまでマイペースだ。「超えたい存在ではあるが、今の実力では不十分」と控えめだが、川元より高い位置でスタートを切る大学シーズン。その活躍に期待せずにはいられない。将来的には、五輪での活躍が目標だ。その夢をかなえる第一歩としてユニバーシアード出場を目指す。標準記録まで0・08秒と勢いのある前田。世界という舞台で活躍する日はそう遠くない。

◆前田恋弥(まえだ・れんや)千葉県出身。好きな食べ物はミカン。長崎国体では800m高校記録1分48秒08をマークし優勝。168cm・52kg
 [辻成美]


ニュース
 
 この記事へのご意見はこちらからお寄せください。
 今後の明大スポーツ運営への参考にさせていただくほか、ご意見としてご紹介させていただく場合もございます。
 ※必ずEmailアドレスをご入力ください
Email: