検索

第484号 新入生歓迎号

  アメリカンフットボール部  大島則也 全国連覇の立役者

  即戦力候補のニューフェースが加入する。佼成学園高のTE(タイトエンド)として連覇の立役者となったTE大島則也(国際1=佼成学園)。グリフィンズの得点力UPのカギを握る男だ。

大器晩成
 最高の形で締めくくった。全国連覇の懸かるクリスマスボウル。大島は先制の27ヤードTD(タッチダウン)パスをキャッチするなど計三つのTDを活躍。「チームの力になれてよかった」と引退試合でもある大舞台でチームに貢献。勝利を手繰り寄せ、笑顔で優勝トロフィーをつかんだ。
 かつては強者ぞろいのチームで影を潜める存在だった。高校1年次、急成長した身長に筋力が追い付かず「当たれないし、走れない」。フィジカル面での弱さが致命的な欠点だった。さらに2年次で既に同期の半分以上が主力という状況で試合にも出場できなかった。しかし「パスキャッチだけは負けてない。体を鍛えれば」と類いまれな才能に希望を残し体づくりに励んだ。筋トレはもちろん、食トレにも手を抜かず昼と夜で5合の米を食べた。そして地道な体づくりが実を結び「チームの中での成長幅はトップクラス」(佼成学園高・小林監督)。誰もが予想しなかった成長を遂げ信頼の厚い選手へと飛躍した。
 新時代を切り開く。32年間甲子園ボウルから遠ざかっているグリフィンズ。しかし「周りを騒がせたい」。高校時代とは一転、大学では挑戦者の立場として新たな歴史をつくる。【坂田和徳】

◆大島則也(おおしま・のりや)東京都出身。佼成学園高出。趣味は読書とラブライブ。182a・87`


ニュース
 
 この記事へのご意見はこちらからお寄せください。
 今後の明大スポーツ運営への参考にさせていただくほか、ご意見としてご紹介させていただく場合もございます。
 ※必ずEmailアドレスをご入力ください
Email: