検索
 HOME > ウエイトリフティング部

最優秀選手賞を受賞した佐藤右

ウエイトリフティング部  10人が表彰台へ! ルーキーも躍進を見せる/東日本学生個人・新人選手権

◆9・9〜11 第40回東日本学生個人選手権・第13回東日本学生新人選手権(日大生物資源科学部体育館)
▼新人56kg級
 1位 北出
▼個人62kg級
 2位 後藤
 4位 佐藤彰
▼個人69kg級
 3位 美島
 4位 中野
 6位 永原
▼個人77kg級
 5位 齋藤
 13位 朽名
▼新人77kg級
 1位 佐藤右
 9位 竹川
▼個人85kg級
 2位 中田
▼新人85kg級
 11位 戸田
▼個人94kg級
 1位 松本
▼新人94kg級
 5位 河村
 6位 三浦
▼個人105kg級
 2位 針生
 3位 山本
▼個人+105kg級
 2位 中島
 上野 記録なし
▼新人+105kg級
 3位 古山
 明大から計20名が出場した今大会。インカレの前兆戦となる一戦で、昨年より4人多い10人が表彰台に上った。中でも松本康貴(政経3=常翔学園)は個人94kg級で見事優勝。また、新人選手権では56kg級の北出光茂(政経1=ルネサンス大阪)、77kg級の佐藤右規(政経2=宇佐)が優勝を果たし、佐藤右は優秀選手賞にも輝いた。ルーキーの活躍も見られ、今後の活躍に期待の持てる一戦となった。

表彰台の中央に立つ北出
表彰台の中央に立つ北出
[新人56kg級]
 期待の新星だ。新人56kg級に出場した北出。スナッチ85kg、ジャーク110kgのトータル195kgで見事優勝を果たした。しかし、ケガを負ったまま出場したこともあり、記録としてはスナッチ、ジャークともにベストを約10kg下回るものだった。「全然駄目です」と本人も苦い顔を見せた。しかしそんな不具合な状態でも、成績は堂々の1位。さらなる記録の向上が期待される。今後は12月に行われるインカレ出場を目指し、スナッチ105kgのジャーク130kgを目標とする。まだまだ伸びしろの大きい期待のルーキーが、今後明大軽量級の要となっていく。

[個人62s級]
 ケガをおしての出場も今後への期待がふくらんだ。後藤将(政経3=県立川口)がスナッチ91s、ジャーク122sのトータル213sで2位につけた。大会の週初めに首の肉離れを起こし、当日まで出場できるか分からない状態だったが4本成功と結果を残した。夏の韓国合宿では韓国体育大学の選手と合同練習。「強くて自分も頑張ろうと思った」と刺激を受け、いろんな重量を触るなど充実の夏に。触れる重量の幅が広がっており「記録が伸びる兆候」と手応えを感じているところだ。今大会ではスナッチ、ジャークともに3本目で失敗したが、自己新記録の重量にも触ることができた。「ケガが治ってからのモチベーションにつながる」。年度末の集大成・全日本インカレに向け、この手応えを確実な力とする。

一年ぶりの大会で入賞した美島
一年ぶりの大会で入賞した美島

[個人69s級]
 一年ぶりの試合で表彰台に上る気持ちいい試技を見せた。美島亮(政経4=名城大付)はスナッチ107s、ジャーク135sでトータル242s。腰のケガなどで公式戦出場は昨年度の同大会以来となったが、3位に入る好成績を残した。これまでの62s級から階級を一つ上げ増量したことで体幹が安定。昨年の5月から伸び悩んでいた記録を伸ばし、今大会ではスナッチ、ジャーク、トータルの全てで試合新記録をたたき出した。4年生にとっては全日本インカレの出場メンバーに選ばれなければラストの大会。「気持ちよくできた」と悔いのない試技にすることができた。たとえメンバー外となっても「全員でやることに変わりはない」と全日本インカレを見据える。

 直前の韓国合宿で体調を崩した影響で、体重調整に苦労しながら出場した中野景介(営3=須磨友が丘)。結果は、スナッチ111kgのジャーク130kgで4位。また、成功率は6本中4本とどちらも納得のいくものではなかった。「自己ベストを試合で出したい」。12月のインカレに向けて立て直しを図る。

[個人77kg級]
 実力を発揮できなかった。試合前は調子もよく、良い流れで今大会に臨んだ齋藤竜磨(農3=金足農)。しかし、実際に試合になると、6本中4本を失敗し、スナッチ115kgのジャーク143kg。「納得がいかない」と悔しさをにじませた。今後に向けてスナッチで130kg、ジャークで160kgという目標を挙げ、インカレ出場、全日本選手権の規定記録突破を目指して再スタートを切る。

試合ベストを更新した朽名
試合ベストを更新した朽名
 目標をはっきりと視界に捉えた。朽名泰河(法3=名城大付)はスナッチ95s、ジャーク135sのトータル230sを挙げ13位となった。7月に腰のヘルニアを起こしスナッチの記録が戻ってこない中での試技となったが、その間の上半身の筋トレが奏功しジャークで13s試合ベストを更新。スナッチも練習では85sまでしかできていなかったが95sを挙げ切った。6本全成功でトータル230sまで記録を伸ばし、個人インカレの規定記録・250sの突破が現実味を帯びてきた。練習でのベストからは10sほどと来年5月の大阪行きはもう目前。「腰と肩を治して12月までには切りたい」と同期全員での個人戦出場を決めてみせる。

[新人77kg級]
 新人77kgで優勝を飾った佐藤右規(政経2=宇佐)。直前の韓国合宿ではジャークの自己最高記録である155kgを挙げ、いい流れをつかむ。そして、今大会はジャークで明大記録の160kg更新という高い目標を掲げて出場した。しかし、結果はスナッチ119kgのジャーク148kgと、目標には遠かった。「1位はうれしいけど」と満足のいかない結果に言葉を濁した。次に照準を合わせるのは10月に行われる全日本新人。「今度こそは」と明大記録に向かって意気込む。明確な目標を胸に躍進する佐藤右に期待が懸かる。

大学のレベルの高さを感じた竹川
大学のレベルの高さを感じた竹川
 健闘を見せた。同じく77kg級に出場した竹川夏輝(法1=県立川口)はスナッチ110kg、ジャーク132kgのトータル242kgで9位。「周りとの差を感じる」と、大学のレベルの高さを痛感し、険しい表情を見せた。それでも記録は自身の試合記録をスナッチ、ジャークともに上回り力を発揮。「まずは力をつける」。自らのパワーと経験の不足を感じた竹川は「鍛え直す」と今後の成長を誓った。期待のルーキーが大学の舞台で活躍する日も近い。

[個人85s級]
 2位で表彰台に上るも笑顔はなかった。中田耀介(農4=能代工)はスナッチ118s、ジャーク145sでトータル263s。共にスタート重量を挙げるにとどまり記録を思うように伸ばせなかった。ここまでの調子は悪くなかったというが成功率が悪く「練習不足」と反省。最後になるかもしれないという思いを持って臨んだ大会だったが「かなり満足できない」と悔いの残る結果に終わった。ここからはインカレメンバーに選ばれるよう記録を伸ばすのみ。笑顔で最後の試合を終えられるよう、ラストチャンスをつかみに行く。

ケガから復活した戸田
ケガから復帰した戸田
[新人85s級]
 ケガからの復帰で学生大会初出場を果たした。戸田樹(政経1=白鴎大足利)はスナッチ90s、ジャーク106sでトータル196sを挙げ11位となった。「緊張した」と初大会を振り返った戸田は、筋断裂で入院して前期を棒に振り、徐々に重量を触れるようになってきたところ。まだまだベストには遠い記録ながら「試合に出られてうれしい」と公式戦での試技にはにかんだ。ジャークでは筋力のなさを実感し「情けない」と語ったが、スナッチの90sはここ最近では一番重い重量と少しずつ記録を戻してきた。「一つ一つの大会をアップから大切にしたい」。まずは筋力強化をメインに据え、完全復活を目指す。

[個人94s級]
 喜びのない表彰台だった。94s級に出場した松本康貴(政経3=常翔学園)はスナッチ133s、ジャーク168sのトータル301sを挙げて優勝。同学年のライバルである松浦(法大)にも勝利したが、試合後は「最悪でした」と一言。セコンドとのコミュニケーションがうまく取れず、成功したスナッチは1本だけ。135sからスタートするつもりだった松本だが、急きょ130sスタートとなり、対応できずに失敗した。2本目の133sは無事成功させるも3本目でまたアクシデントが発生。大会運営側のミスで、十分な時間の間隔が得られなかった。慌てて試技に臨むも失敗。「94s級で出場するようになってから悪い試合はなかっただけに」と肩を落とした。今大会が、国際大会への出場権を得る最後のチャンスだったが手応えはない。「あとはインカレで表彰台に上がるしかない」。切り替えて、再び挑む。

[新人94s級]
 苦しんだ前期を乗り越えた。河村紀毅(営1=滑川)はスナッチ116s、ジャーク137sを挙げトータル253sの5位につけた。3月の全日本ジュニア選手権、六大学記録会までは85s級だったが、一つ階級を上げて臨んだ大学初戦。調子が上がっていないという中だったが、ジャーク2本目では1本目から7s上げた137sを成功。最近好調だというスナッチでも自己新記録を挙げ、手応えをつかんだ。「前期は思うようにいかなかった」と振り返るが練習を積み重ね、夏の韓国合宿で教わったフォームを取り入れた成果がついに発揮された。次戦の全日本新人選手権では「表彰台に上がれるように」。得意のジャークでも自己新記録を狙い、さらなる飛躍を誓う。

[個人+105s級]
 目標には及ばなかった。+105s級に出場した中島要(営2=栃木翔南)はスナッチ120s、ジャーク155sのトータル275sで2位につけた。年間の目標であるスナッチ130kg、ジャーク160sを目指していただけに準優勝でも喜べなかった。「9月に達成できれば収穫になったのに」。それでも着実に成長曲線を描いている。昨年の東日本学生新人戦からトータルの記録を20s以上伸ばしてきた。今夏の韓国合宿では、日本よりもハイレベルな韓国のウエイトリフティングを目の当たりにし、刺激を受けた。韓国選手は同じ階級でも日本の選手より10〜20sを上回る記録を残すという。「フォームも見本になったし、習得することができた」。夏の成長も感じつつ、さらなる高みを目指す。

大学初の公式戦で3位入賞した古山
大学初の公式戦で3位入賞した古山
[新人+105s級]
 最低限の目標はクリアした。+105s級に出場した古山翔太(政経1=金足農)はスナッチ120s、151sのトータル271sを挙げて3位入賞。初めての公式戦で表彰台に上がってみせた。「一本目をそれぞれ成功できたのは良かった」。全日本学生個人選手権に出場するための規定記録をまず取ることを今回の最低目標としていた。そのためスナッチ、ジャークともに1本目の重量を規定記録のぎりぎりに設定。普段よりも負荷のかかるスタートだったが、確実に成功させ切符を手に入れた。しかし、これはあくまでも最低限。スナッチ125s、ジャーク161sの自己ベストを取ることが第一目標だったが達成できなかった。夏の韓国合宿からの調整も、経験の浅い古山にとっては難しかった。「次は自己ベストを取って、狙えるなら1sでも2sでも自己新を更新したい」。ルーキーの挑戦はこれからだ。

 10月に迎える全日本新人。今回活躍の見えた佐藤右をはじめとする、下級生たちの躍進する姿に期待が懸かる。そして12月の全日本大学対抗選手権。出場できる選手はわずか8人。そこに向けて選手たちは貪欲に記録の向上を目指し、部内でも出場枠を懸けて競い合うことが予想される。しかし、例えメンバーから外れたとしても「みんなで戦っていい涙で終わりたい」(美島)。チーム全体で一丸となり、インカレに向かっていく。

[谷澤優佳・星川裕也・高野夕]


ニュース
 
 この記事へのご意見はこちらからお寄せください。
 今後の明大スポーツ運営への参考にさせていただくほか、ご意見としてご紹介させていただく場合もございます。
 ※必ずEmailアドレスをご入力ください。
 ※htmlタグなど、一部本文中にご利用できない記号がございます。
Email: