検索
 HOME > バドミントン部

チームの勝利を決めた新ダブルスの高崎・後藤組

バドミントン部  男子は春王者・日大に完敗 女子は日女体大を下し2連勝/関東大学秋季リーグ戦

◆8・27〜9・22 関東大学秋季リーグ戦(葛飾区総合スポーツセンター他)
▼男子(1部リーグ)
明大0―5日大○
水間●0―2小倉
澁谷●0―2原口
高野・宮嶋組●0―2三橋・緒方組
武石・西谷組●0―2高橋・三浦組
丸山●0―2三橋
▼女子(2部リーグ)
○明大4―1日女体大
高原●0―2阿部
西口〇2―0吉岡
瀬川・村上組〇2―0小沢・小崎
高崎・後藤組〇2―1阿部・藤元
十河〇2―0福本
 2日目は男女で明暗が分かれた。男子は春リーグの王者・日大との対戦。初戦同様チームカウント0―2の状況の中、高野将斗(商4=埼玉栄)・宮嶋航太郎(商4=埼玉栄)組が出場。しかし、悪い流れを払しょくできずまさかのストレート負け、チームの敗北が決まった。その後も誰一人勝利できず、1部の厳しさを思い知らされた。対する女子の相手は日女体大。第1シングルスで出場した高原美由樹(文4=埼玉栄)がストレート負けしたものの、第2シングルスの西口涼子(農1=埼玉栄)がストレート勝ちするなど4−1で勝利。2部優勝への道を着実に歩んでいる。

[男子]
 春リーグ王者の壁は厚かった。第1シングルスの水間陽介(政経4=札幌第一)はストレート負け、続く第2シングルスには澁谷勇希(政経2=埼玉栄)が出場。格上の相手に第1ゲームを取られ、第2ゲームには20―18まで追い込むも勢い続かず4点連続献上。20―22で敗北した。チームカウント0―2と後がない中、立ち向かうのは開幕戦でチームを救った高野・宮嶋組。今試合でも活躍が期待されたが「相手の方が基本的なことができていた」(宮嶋)と後手に回ってしまい、リードを許す形に。最後まで流れを断ち切れず、それぞれ16―21、15―21で落とし敗北。正念場で結果を残せず「情けない」(宮嶋)と試合後に顔をゆがめた。続く第2ダブルス、第3シングルスともにストレート負けを喫し、勝利どころか1ゲームも奪えなかった。
 凄惨(せいさん)たる結果の中にも光るものがあった。第3シングルスで出場したルーキー丸山優斗(商1=聖ウルスラ学院英智)だ。もともとチームが負けたら出場することになっていたが、突然の大舞台に「かなり緊張した」(丸山)と張り詰めた空気の中の出場。相手はインターハイダブルス1位の経験がある格上の三橋(日大)。第1ゲームは終盤まで緊張もあり思うようにプレーできず、3―16まで離される展開に。しかし、この状況が丸山を奮い立たせた。「もう開き直った」(丸山)。思い切りのよいプレーを展開し、相手に高い球をあげさせてそこにスマッシュを打ち込む得意とするプレースタイルができるように。もともとの点差からゲームは落としたものの、一気に相手に詰め寄った。そして、第2ゲームはうって変わって一進一退の攻防に。しかし、中盤になると三橋(日大)に丸山のプレースタイルが見破られ、焦りからアウトやサーブミスを連発。接戦むなしく19―21で敗北を喫した。結果こそストレート負けだが、シングルスの不振が続く明大に一石を投じるポテンシャルを予感させた。

[女子]
 決めるべきところで決めた。チームカウント2―1から試合に臨んだ第2ダブルスの高崎真実(文4=日本橋女学館)・後藤にこ(文3=聖ウルスラ学院英智)組。「本当はもっと楽に勝つべき試合だった」(後藤)と予想以上に苦しい試合となった。第1ゲーム序盤、先取点を与えると僅差をなかなか縮められずリードされる展開。そのまま16―18と2点差の攻防を繰り広げる。そこからエンジンがかかった。3連続ポイントを決めると19―18と逆転。1点を返されるも先にマッチポイントを奪取し、ジュースにもつれ込む。最後はスマッシュで得点し25―23で第1ゲームを取った。続く第2ゲームは流れそのままにはいかず17―21で惜しくも目前の勝利を逃し、迎えたファイナルゲーム。「サービスプッシュを意識」(後藤)とスマッシュ以外の技術も駆使し、相手を翻弄(ほんろう)。一度もリードを与えることなくマッチポイントを迎え、最後は攻めのスマッシュでリーグ戦2勝目を挙げた。
 組んで2カ月の新ダブルスが活躍した。短期間で高崎・後藤組のプレーを築き上げた。前衛の後藤が落ちる羽を打ち、相手が高く打ち上げたところを後衛の高崎が決める流れだ。今大会が初公式戦であったが攻めるプレースタイルを確立しつつある。「安堵(あんど)感はかなりある」(後藤)と2戦2勝で結果もついてきている。「絶対ダブルスは2本とらないといけない」(後藤)という強い気持ちを胸に残り3日間のリーグ戦も自分たちのプレーで勝利をつかむ。
 1部リーグ復帰も夢ではない。リーグ前半戦が終わり、チームとしては全勝と確かな手ごたえはある。ストレート勝ちで力の差を見せつけ、接戦では粘り強さで勝利をもぎ取ってきた。この調子のまま、飛ぶ鳥を落とす勢いで優勝に向けて突き進む。

 前半戦が終了し残り3試合となった。男子は日大との対戦で1部リーグの厳しさを痛感。悔しさをバネに再び勝利を目指す。女子は2連勝を飾っているがここからが正念場。2部リーグだからといって決して侮れない。一試合一試合着実に勝ち星を挙げていく。

[曽我怜平・花岡桃]

試合後のコメント
宮嶋

「情けないです。昔から0−2で回ってくることは多かったので、それで緊張することはなかったです。もう普通にやられました。相手の方が打った次のことや打ったらラケットを上げるとか基本的な部分ができていました。敗因はしっかりと分かっているので反省していきたいです。ドライブとか強い球を打った時に、相手はそこを張っていたんですけど、そこに付き合ってしまいました。相手は勢いどんどん前へ入ってきて、こっちはひたすら詰められました。自分たちが前に行くというより逆に相手が前に来てしまいました。(チームとして0−5で敗北)昨日よかったので、0−5で負けたことは本当に痛いです。次の相手は法政で、絶対的なエースとかはいないんですけど、全体的に粒がそろっていて平均的に強いチームなので、しっかり上から決めていきたいです」

丸山
「(初出場の感想)リーグの舞台は初めて。個人戦と違ってみんな応援してくれている分緊張しました。それに昨日出られなかったためシャトルの感覚があまりつかめず1ゲーム目は一気に取られてしまいました。途中から感覚が戻ったので2ゲーム目をとるつもりで頑張ったがやられてしまいました。(突然の出場)もともと昨日から、もしチームが負けてたら出場する予定でした。1回も出ていなく1年生だから経験をつませるということもあったと思います。チームが負けるのは嫌だという反面、自分も出たいという気持ちもありました。楽しんでこいと言われたがかなり緊張しました。(プレースタイル)ネット前のボールを高いところで返すことで相手に球をあげさせてそこにスマッシュを決めるというもの。どんどん回せるプレーではないので自分から先にネット付近に来たボールを切っていきました。今回の相手は小学生の頃から全国のシングルスで優勝しており高校でもダブルスインターハイ1位と日本のトップの選手。勝つ気では行ったが厳しかった。(ゲーム展開)最初は緊張とゲーム感覚が戻らずどんどん取られました。しかしそこからは逆に開き直りました。自分から攻めようとしてミスばかりしたので決めにいくのではなく、ミスしないようにととにかくつなげた。そうしたら相手がミスをしてくれて点が入っていきました。単純にうれしかったですね。(高校と大学の違い)高校は自分がエースでやってきました。でも大学は強いひとばかりでこういった感じで戦うのは初めて。逆のポジションになって、いつもと違った感覚でした。(途中からのミス)相手に自分のネット高めで切るプレーがわかられてサーブを長めに出してこられ打ちにくいようにされました。最後は全然球を切れなかった。これに焦りケアレスミスをしてしまった。(課題)今回は出だしから攻めすぎて失敗しました。ですので冷静にミスをしないようにつなげて調子が上がってきたら攻めていくということをしていこうと思います。(目標)次出るときは絶対勝ちたいです。チームとしても優勝したいです」

後藤
「本当はもっと楽に勝つべき試合だったので、昨日と比べて羽の種類が違って今日の方が飛ばない羽で、私と高崎先輩のプレースタイルは高崎先輩が後ろで私が前で触って最後甘くなった球を高崎先輩が真ん中あたりから決めるというプレースタイルなんですけど、今日は羽が飛ばないせいか後衛で決めるというのが少なくて球が遅くなる分レシーブもいっぱい返ってきて、かわされてかわされてっていうので苦労しました。相手もレベルが違う2人で組んでいてそれで阿部じゃなくて藤元の方が落ちるので藤元を狙えばよかった話なんですけど、阿部が結構真ん中をフォローしたりだとか力も強くて突破になった時に攻め込まれたり、藤元も藤元で前に入っていく球はかなりうまくて、ハーフ球を自分が前衛の時に触れなかったのでそれで攻守が逆転していって攻め込まれたのが多かったです。(リードされている場面からどう切り替えたか)2人ともスロースターターというのは普段の練習で組んでいる時から分かっていたので、でもこういう団体戦は出だしが勝負な部分があるので、15点からはだいぶ自分たちのペースにはなるんですけどそこまでの差が2ゲーム目とか離されすぎていたなと思います。そこを修正しないといけないですね。(第1ゲームはデュースにもつれました)1ゲーム目は取らなきゃ、取っておいた方がいいといったことしか思わなかったですね。今日はサービスプッシュを意識しました。最初にサービスプッシュは結構前衛に触られて逆に取られちゃってサービスプッシュしたはずなのにこっちが形勢不利になってるっていうのもあったんですけど、その次のカウンターが今日はあまりなかったので、サービス回りはまだ後半はよかったかなと思います。(高崎・後藤組はいつ頃から)練習したのは実質2ヵ月くらいで、でも本当に身内同士でしかゲームをしてないので、大体レベル的にも瀬川・村上とばっか1ダブ2ダブでしかやっていなくて、こういう2部のレベルとあまりやっていなくて今回がデビュー戦だったので、すごい不安はありましたけど結果的に勝っているので自信まではいかないですけど安堵感はかなりあります。(ダブルスはあまり出ていなかったが)1年生でリーグ出させてもらった時は全部ダブルスだったので、2年生からシングルってなったんですけど、今回はシングルスが結構人数いるので今回は専念まではいかないですけどちょっとダブルスの方をやるという感じてですね。(今のところコンビネーションは)2ヵ月組んできて公式試合は今回が初めてだったんですけど、役割分担というのは2人でしっかり話し合って決めているので、プレースタイルというのは確立しつつあるかなと思います。ただそれが試合でいかにできるかどうかだと思います。もっぱら私たちは攻撃ペアリングなので、できるだけ攻めて攻めてレシーブに回らないように自分はもう前衛で、決めるという感じではなくて触って触って落として落として最後決めてもらうっていうところです。(後半3戦に向けて)3日間がかなり今回の2日間よりもレベルが上がるので、シングルスのレベルも上がりますし絶対ダブルスは2本取らないといけないので、瀬川・村上についてはもう個人戦の結果も持ってますし春の団体戦でも活躍してくれて全く心配していないので、2ダブの私たちがしっかり勝ち切れればシングルス3つ取られるということはたぶんないと思うので、私たち次第だと思います」

ニュース
 
 この記事へのご意見はこちらからお寄せください。
 今後の明大スポーツ運営への参考にさせていただくほか、ご意見としてご紹介させていただく場合もございます。
 ※必ずEmailアドレスをご入力ください。
 ※htmlタグなど、一部本文中にご利用できない記号がございます。
Email: