検索
 HOME > バドミントン部

高野は3連敗中の相手を破りチームを勝利に導いた

バドミントン部  男女ともに白星スタート 目標達成へまず一歩前進/関東大学秋季リーグ戦

◆8・27〜9・22 関東大学秋季リーグ戦(葛飾区総合スポーツセンター他)
▼男子(1部リーグ)
○明大3―2中大
  水間●1―2西本
  澁谷●0―2五十嵐
  高野・宮嶋組○2―1中田・森岡組
  武石・西谷組○2―1五十嵐・川端組
  高野○2―0吉川
▼女子(2部リーグ)
○明大5―0東女体大
  高原○2―0千々波
  十河○2―1飯村
  瀬川・村上組○2―1細川・柿本組
  高崎・後藤組○2―0高原・村谷組
  西口○2―0小野川
 男女ともに開幕白星発進を決めた。1部復帰した男子の初戦の相手は西本や五十嵐を擁する強豪・中大。チームカウント0―2といきなり1部の洗礼を受けるも、第1ダブルスの高野将斗(商4=埼玉栄)・宮嶋航太郎(商4=埼玉栄)のエースコンビが2―1で勝利。勢いそのままに残り2つを取り、勝利を収めた。春リーグで2部降格となった女子の初戦は東女体大戦。第3シングルスにはルーキーの西口涼子(農1=埼玉栄)がリーグ初出場を白星で飾り、チームカウント5―0で格の違いを見せつけた。男子は1部リーグ優勝、女子は1部復帰と、それぞれの目標に向け好発進を見せた。

[男子]
 華麗な逆転劇だった。チームカウント0―2と後がない状況で、第1ダブルスの高野・宮嶋組が貫禄の勝利を見せ2―1に。首の皮一枚つながった状態で第2ダブルスに挑むのは武石優斗(商2=札幌第一)・西谷春樹(政経2=青森山田)組。対する相手は数々の勝利をものにしてきた五十嵐・川端組で、五十嵐は東京五輪の特別強化指定選手に選ばれる強敵だ。迎えた第1ゲームは「相手が引いてくれた」(武石)と自分たちのリズムで試合を運べ21―16で勝利。しかし、続く第2ゲームでは相手に冷静さが出て、一気にワンサイドゲームに。守りに入ってしまった武石・西谷組は容赦なく球を浴び9―21の大差で落としてしまう。運命のファイナルゲームを前に武石・西谷組の頭によぎったのは勝利への思い。2部で戦った春リーグでは「2部だから(勝てる)と心のどこかで思っていた」(武石)と気の緩みからチームに貢献できなかった。それを教訓に今大会では互いに声を出し合い、気持ちを盛り上げていくことを意識。相手の強い球を次々打ち返しリズムをつくっていく得意の攻めの形で得点を重ねた。「落ち着いていった」(武石)とジュースにもつれ込むも、相手にアドバンテージを与えず22―20で勝利。「自分たちのプレーは上でも通用するとわかった」(西谷)と試合終了後は安堵の表情を浮かべた。
 チームの勝敗を分ける第3シングルスに出場したのは絶対的エース・高野。相手は左手から放たれる鋭いスマッシュが武器で、高野に3連勝中だった強敵・吉川(中大)。積極的に球を低く打つことで、吉川のスマッシュを封じ込めることを徹底した。すると、第1ゲームは終始高野ペースで進み、強烈なスマッシュで吉川を翻弄(ほんろう)。11連取も決め、21―9と圧勝した。続く第2ゲームでは吉川(中大)も意地を見せ終盤に詰め寄られるも、最後はしっかり21―16で快勝。「超気持ちよかった」(高野)と念願のリベンジを果たした。第1ダブルス、第3シングルスともに活躍を見せ、チームカウント3―2の勝利に大きく貢献した。

[女子]
 好調な滑り出しだ。初戦の相手の東女体大にチームカウント5−0で圧勝し次戦への勢いをつけた。第1シングルスの高原美由樹(文4=埼玉栄)がストレート勝ちで流れをつくると、続く第2シングルスの十河茉由(商2=高松商)が第1ゲームを取られゲームカウント0−1。しかしその後は調子を取り戻し勝利を決めた。第1ダブルスは関東学生選手権で優勝した瀬川桃子(商3=埼玉栄)・村上晃(商3=青森山田)組。ネットに引っかかるなどミスが目立ち第1ゲームを落とした。だが試合の主導権は渡さない。第2ゲームでは一転、スマッシュが決まり得点を重ね21―14。ファイナルゲームでは一進一退の攻防が繰り広げられ10―11で折り返す。インターバル明けも、3連続ポイントをすると勝利に向け手を緩めず21―16でチームの白星発進を決めた。
 堂々たる試合を展開した。第3シングルスはリーグ初出場の西口涼子(農1=埼玉栄)。「練習から調子も悪くなく結構良かったので緊張しなかった」(西口)の言葉通り序盤から連続ポイントを決め21―12で第1ゲームを先取。粘り強くラリーを続ける得意プレーを発揮。相手に1度もリードを与えず21―14の大差で勝利をつかんだ。「出た試合は全部勝つ」(西口)と心強いルーキーの活躍に期待が高まる。

男女ともに初戦を勝利で飾りスタートダッシュに成功した。男子は3―2と中大との死闘を制し勝利をつかみ取った。次戦も強豪チームとの戦いに挑む。女子は一つずつ勝ち星を挙げ、1部昇格を狙っていく。

[曽我怜平・花岡桃]


試合後のコメント
高野

「(試合を終えて)勝つことだけを考えていたので、勝ててよかったし、ポイントという形でしっかり貢献できたから、あとは次につなげるだけでした。一年ぶりの1部で、危ないところもあったけど楽しかったです。初戦の相手が中大で前二つがとても強い相手でしたが、勝ててよかったです。(シングルスを終えて)シングルスの相手がスマッシュが強いことは知っていたので、沈ませて球は浮かせないで攻めることを意識していました。でも、3連敗していたから、正直勢いでいってやろうと思っていました。勝ちをイメージし過ぎて第2ゲーム目は終盤追い付かれることもあったけど、相手のミスが多くて助かった部分もありました。超気持ちよかったです。(ダブルスを終えて)ダブルスは1ゲーム目うまくいかないで取られてしまったけど、別に焦ったりはしないで、逆にターニングポイントになって2、3ゲーム目を取ることができました。あとがない状況で回ってきたけど、勝つことだけを意識して挑みました」

武石
「(あとがない状況の中の戦い)あとがないという事は試合前からわかっていたので声を出して自分自身を盛り上げようとしました。春リーグでも自分たちのプレーができず悔しい思いをしたのでよりいっそう盛り上げました。(春リーグより強い相手だったが)強い相手という事はわかっていたので自分たちは向かっていくだけと思っていました。春は2部でも負けてしまって失うものは何も無いという思いでした。怖いものはなく最後に競り勝った時もその思いで突き進めたのかなと思います。向かっていく気持ちが勝因です。春の敗因は2部だからと心のどこかで思っていたことです。その気持ちがなく勝てたと思います。掛け声も盛り上げようとしていたら自然と出てきました。(2セット目の大敗)1ゲーム目は相手も引いてくれていました。そのためよいリズムができてうまく攻めて強い球を打てました。でも2セット目は相手が冷静になってうまい場所に球を落とされました。それに加えてこちらも守りに入ってしまい点数も取れず足も止まるという悪循環に陥りました。悪いところが出ました。ただ、ファイナルセットは落ち着いて1セット目の始まりと同じようにやろうと心がけ攻めて行きました。(ペアについて)春リーグは初戦がうまくいかなくペアを変えたりしたのですが、もし今回もペアが変わったとしても自分のやる事は一緒だと思いますし気持ちを盛り上げて言ったと思います。昨年のちょうどこの時期に組んでペアを組んで1年目です。自分たちは守りが下手ですが、逆に攻めた時は強いと思います。自分の動きを止めないで相手より球を早く触れれば自分たちのペースに持っていけると思います。(今日を振り返って)1セット目は良かったのですが2セット目など悪いところはたくさんあったので今日勝ったということに自信をつけて攻めていきたいです」

高原
「リーグ戦これで終わりなので、絶対勝ちたいという気持ちがあったし、そのせいで最初ちょっと固くなっちゃった部分もあったんですけどやっぱり勝ちたいという気持ちを持っていたから途中からどんどん相手を離して勝つことが出来たなと思います。(第1ゲームのインターバル後)後半の気持ちの切り替えは考えていたというか頭に入れていました。(チームの雰囲気)良かったと思います。本当に一つになって応援もできてて、雰囲気良くて、私もやりやすかったです。(リーグ戦にむけての準備)夏合宿が走る合宿だったので多分春とかみてるとファイナルとかいってから負けたりしてたので体力面はその合宿で強化できたかな。体力面の強化が秋への準備だったかなと思ったんで、しっかり出たかなとは思いました。(1年生の活躍を見て)私も負けてられないなと思いました。勝ったんですけど、自分が負けてられないし、引っ張っていきたいなと思います。引っ張って、どんどんいいプレーを出してほしいと思います。(次の試合への意気込み)明日もこの流れのまま、2部の試合全部5ー0で勝つ気持ちでやっていきたいなと思います」

西口
「前の春の会場と違って、雰囲気も違ったのであまり緊張しませんでした。春は大学に慣れていなくて初めてのリーグで、でも今回は2回目だったのですし、練習からあまり調子も悪くなく結構良かったので緊張しませんでした。自分は今日メンバーチェンジで出場したのですが、前日に後藤先輩からそこで活躍すれば次からどんどんメンバーになれるよと、そこは頑張ってねと言われました。自分もどんどんメンバーになって頑張りたいと思っているので、頑張ろうと思ってやりました。今日は先輩たちが思ったより競っていて、シャトルも飛ぶようだったので最初から丁寧に、アウトしないよう気をつけてやりました。(ストレート勝ちは)集中して自分の持てるコントロール力だったりを出せて我慢強くやった結果だと思います。自分は身長も低いし特別良い球を持っているわけではないので、足を使って粘り強くラリーして、相手がくたばって自分が決めるというプレースタイルです。それをする前にミスしないでラリーするのが自分のプレーです。昔からこんなプレースタイルなので、自分がうまくいかなくても自分のプレーを貫いて頑張れとか、足が動くんだから粘り強くやれば大丈夫だよと周りが声掛けてくれるおかげで頑張れています。このリーグでは出た試合は全部勝って、入替戦に行って1部昇格できるよう頑張りたいと思います」



ニュース
 
 この記事へのご意見はこちらからお寄せください。
 今後の明大スポーツ運営への参考にさせていただくほか、ご意見としてご紹介させていただく場合もございます。
 ※必ずEmailアドレスをご入力ください。
 ※htmlタグなど、一部本文中にご利用できない記号がございます。
Email: