検索
 HOME > 硬式野球部

取材に応じる西野


ボールパーク便り  ルーキー特集(4) 日本一への飽くなき挑戦 ストイックな強肩捕手 西野真也  

 
毎年恒例の硬式野球部ルーキー特集。今年も全国からトップレベルの選手が入部してきた。その中でも活躍が期待される注目の選手を全10回にわたって特集する。

 堅守の捕手が、試合を締める。強肩をはじめとした安定した守備力で、浦和学院高の正捕手を務めていたのが西野真也(政経1=浦和学院)だ。3年次では強豪校を次々と撃破しセンバツでチームをベスト4に導いた。十分な実績を引っ提げて、大学野球の世界に繰り出した。

 「日本一になりたい」。取材の中で、何度も口にしたフレーズだった。幼い頃からのその夢が、西野の原動力であり、野球を続けていく上での支え。夢を叶えるため、レベルの高い場所を、さらなる強さを求め続けた野球人生。そうして今、たどり着いたのが明大だった。
 野球への思いは、昔から強かった。幼少時代、家までの帰り道で途中にあったグラウンドに心惹かれた。「野球がやりたい」。親に何度断られても頼み込み、ついに小学3年生で野球を始めた。中学は前田健太(現ドジャース)を輩出した名門・忠岡ボーイズでプレー。この頃から親元を離れ、レベルの高い関東に行きたいという思いを強く持ち、卒業と同時に浦和学院へ進学した。大阪から単身埼玉へ。ホームシックもほとんど感じなかった。過酷な寮生活の中に自分を置き、ただひたすらに野球と向き合い続けた。その甲斐もあり、高校ではセンバツベスト4、2度の関東大会制覇などの成績を残した。しかし、目指した場所には届かなかった。

 今度は大学で念願を果たす。自主練習が大事になる大学の環境は、ストイックな性格に適していた。負けず嫌いの西野にとっては同じ六大学で、かつてバッテリーを組んでいた小島(早大)や江口(立大)の存在もいい刺激になっている。江口(立大)は同学年で苦楽をともにした仲間だが、今はライバル。「新人戦で対戦して打てなかったので、今度対戦したら絶対打とう」と闘志を燃やした。

 課題は未だ多い。新人戦では2打席無安打に終わり、力不足を実感した。まずはトレーニングなどの基礎練習で下半身を鍛え打撃の強化を図る。目標は攻守でチームに貢献する牛島将太捕手(営4=門司学園)のような選手だ。「しっかり盗んで自分も近づけるように頑張っていきたい」と、先輩の存在を自分の糧にしていく。ステージは変わったが、根底にあるものは変わらない。この道を歩み始めたときから、西野の情熱は冷めないままだ。

[三ツ橋和希]

◆西野真也 にしのしんや 政経1 浦和学院高出 174cm75kg 右/右 捕手
「野球に限らずスポーツの世界はどんな勝負でも負けてはいけないと思う」。格上相手にも勝てると思いながらやる。勝負への姿勢も前向きだ。次回のルーキー特集は8月25日(木)清水頌太内野手(政経1=春日部共栄)です。お楽しみに。



●ボールパーク便りのバックナンバー

ニュース
 
 この記事へのご意見はこちらからお寄せください。
 今後の明大スポーツ運営への参考にさせていただくほか、ご意見としてご紹介させていただく場合もございます。
 ※必ずEmailアドレスをご入力ください。
 ※htmlタグなど、一部本文中にご利用できない記号がございます。
Email: