検索
 HOME > バスケットボール部


CHANCE MAKE  ルーキー特集(3)ザ・ストイック 努力が生んだ名シューター 須藤昂矢  

 
次世代が新たな一歩を踏み出す。山本健一新監督を迎えて初めての公式戦である関東トーナメントは7位に終わった。次は1、2年生が出場する新人戦に挑む。今特集では、新人戦で活躍が期待されるルーキー6人を紹介する。
<


 3人目に紹介するのは須藤昂矢(営1=桐光学園)。中学時代はジュニアオールスター神奈川県選抜に選ばれ、高校時代は磨き上げられた非凡なシュート力でチームをインターハイベスト16に導いた。神奈川県では知る人ぞ知る名シューター。大学では飽くなき向上心を胸にさらなる飛躍を誓う。

――出身はどちらですか。
「神奈川県横浜市出身です。高校は桐光学園です」

――バスケを始めたきっかけは
「きっかけはお父さんがミニバスのコーチをやっていて、姉もバスケットをやっていたので、自然な流れで小1のときにミニバスを始めました」

――須藤選手の高校時代について教えてください
「中学生のときに先生がジュニアオールスターの監督だった関係でジュニアオールスターに入れることになって、そこに入ったのがきっかけで桐光学園から呼んでもらえました。(高校)では毎日朝練があったので、その前に一番早く行って、シューティングの練習をしていました。シューティングは誰よりもしました。毎日、家は5時半ぐらいに出て、7時に学校に着いて、7時半くらいから朝練でした。朝ごはんは5時過ぎでした。最初の方はきつかったですけど、3年間ずっと同じ生活だったので慣れました。(高校時代の)ポジションは3番か4番でした。下級生にジュニアオールスターで優勝したメンバーが入ってきてから競争が激しくなり、誰が試合に出てもレベルが高かったので、そういうすごい環境でバスケができていたと思います」

――自分の武器を教えてください
「シュート力ですかね。あと、身体能力は人よりあると思うので、リバウンドとかドライブももっと磨いていけたらいいなと思います」

――明大を選んだ理由は何ですか
「桐光学園の先輩が2人来ていて(齋藤拓実・営3=桐光学園、小林拓・営2=桐光学院)、安心感があったからです。あと、すごいレベルの高い環境だったのでその中で自分をもっと強くしていけたらいいなと思ったからです」

――大学バスケで感じたことはありますか
「感じたことは、やっぱり、個人個人のスキルの高さです。高校に比べて、フィジカルも視野の広さとかそういうのが全然違うので、自分に足りないことが多いことに気づけました」

多彩な技術を高レベルでこなす
多彩な技術を高レベルでこなす


――目標とする選手は
「なんだろう。あの、會田さん(圭佑・法4=市立柏)。(日本のプロ中では)日本のプロはあんまりよくわかんないです。河村!(健太郎・商1=明大中野)日江島って有名だよね?日江島さんで!(慎=アイシンシーホース三河)」

――自分の中での課題はありますか
「課題はもういっぱいあり過ぎるんですけど、ハンドリング力とシュート力です。大学入って自主練の時間が多いので、そういう中でメニューを先輩に教えてもらったりして、スキルを上げていきたいです」

――背番号10を選んだ理由はありますか
「ほんとに特に理由はないです」

――仲の良い同期は誰ですか
「(寮で)同じ部屋の野口(龍太郎・政経1=九州学院)と奥野(綾汰・国際1=藤枝明誠)です」

――かわいがってもらっている先輩はいますか
「みんな優しいんですけど、松本大河さん(文3=能代工業)。二人ともNBA好きなので、結構話盛り上がります。好きな選手はカリーだと王道過ぎるので、うーんウエストブルック」

――普段は何をしていますか
「今週だと課題に追われていて、レポートやっていました」

――今年1年間と4年間の目標を教えてください
「(今年1年は)トップとベースにチーム分かれているので、まずはトップに入って、レベルの高い環境でも通用するようなプレーを先輩から学んでスキルを上げていきたいです。(4年間の目標は)明治大学のエースと呼ばれるくらいの存在になりたいです」

――新人戦に向けての意気込みをお願いします
「絶対優勝します!」

――最後に次の仁藤洸太選手(政経1=山形商)の紹介をお願いします
「なんだろうな。ほんとにあまりしゃべらない静かな性格ですけど、すごい背高くて腕長いので、めっちゃダンクします(笑)」

――ありがとうございました

◆須藤昂矢 すどう・こうや 営1 桐光学園高出 185cm・85kg 
登録ポジションはSF(スモールフォワード)。5月15日生まれ。趣味は映画鑑賞。


[古賀章太郎]

◆2016年度新入生一覧◆
背番号
名前
出身校
ポジション
高校の成績
#11
奥野綾汰
藤枝明誠
SF(スモールフォワード)
インターハイベスト16
#6
河村健太郎
明大中野
SG(シューティングガード)
全国出場なし
#10
須藤昂矢
桐光学園
SF(スモールフォワード)
インターハイベスト16
#45
仁藤洸太
山形南
C(センター)
国体ベスト8
#21
野口龍太郎
九州学院
SF(スモールフォワード)
インターハイ出場
#91
長谷川寛元
洛南
C(センター)
インターハイ3位



●CHANCE MAKEのバックナンバー

ニュース
 
 この記事へのご意見はこちらからお寄せください。
 今後の明大スポーツ運営への参考にさせていただくほか、ご意見としてご紹介させていただく場合もございます。
 ※必ずEmailアドレスをご入力ください。
 ※htmlタグなど、一部本文中にご利用できない記号がございます。
Email: