検索
 HOME > 競走部

3人全員が決勝に進出し河村(左)、前田(右)が入賞した

競走部  1500mで2人が入賞 1万mは周回遅れの無得点/関東学生対校選手権

◆5・19〜22 第95回関東学生対校選手権1日目(日産スタジアム)
▼男子1500m予選
1組 3着 河村 3分50秒33(決勝進出)
2組 3着 前田 3分49秒96(決勝進出)
3組 1着 保坂 3分52秒55(決勝進出)
▼男子100m予選
2組 7着 里村 11秒07(予選敗退)
3組 7着 富山 10秒99(予選敗退)
▼男子110mH予選
3組 1着 高山 13秒93(準決勝進出)
4組 4着 増田 14秒42(準決勝進出)
▼女子100mH予選
1組 3着 藤森 14秒10(準決勝進出)
▼男子400m予選
5組 7着 中西 49秒26(予選敗退)
▼男子4×100mR予選
2組 8着 明大(江種、富山、里村、米井) 41秒39(予選敗退)

▼男子1500m決勝
7位 河村 3分51秒75
8位 前田 3分52秒17
9位 保坂 3分52秒74
▼男子1万m決勝
32位 吉田 30分54秒37
37位 江頭 30分58秒73
▼ 男子やり投げ決勝
22位 真田 61m04

 大学陸上のメインイベントである関東インカレが開幕した。初日は3種目の決勝に明大が出場し、男子1500m決勝で河村一輝(政経1=大垣日大)が7位に入賞し2点、前田恋弥(政経2=市立船橋)が8位に入賞し1点と1部残留に向けポイントを獲得した。対して男子1万m決勝では江頭賢太郎(商4=浜松日体)、吉田楓(営4=東海大山形)が出場し34位、32位と上位争いに絡むことは一切なかった。


 3人が決勝に進出し2人が入賞を果たした。今回1500m決勝には保坂拓海(政経3=市立船橋)、前田、河村の3人が登場。3人とも序盤から後方に位置取りし、ラストでスパートをかけるレースプランを立てていたが、それぞれが上げ切ることができず7位から9位でフィニッシュ。「情けないの一言」と9位の保坂が言えば「悔しい」と8位前田、7位河村も肩を落とした。しかし、保坂こそ入賞を逃したが、この種目で出場3人全員が決勝に進出していたのは明大だけ。中距離部門が頼もしい活躍を見せた。
 大学デビューでポイント獲得も、悔しい7位だ。河村は上位入賞はもちろんだが、7月の世界ジュニア代表に選ばれるために他の1年生にも負けられないと臨んだレースだった。しかし結果は上位に1年生が2人入賞。「レース内容も(他の)1年生に負けたのも納得できない」とレース後は悔しさで頭を抱えた。それでも後ろを向いてはいられない。来月には自身初出場の日本選手権も控える。「楽しみながら経験したい」とルーキーならではの笑顔を見せた。
 飛躍を予感させた。8位の前田は中距離の選手とはいえ1500mは今回が公式デビュー戦。さらに昨年12月から2月まで右足を故障し、練習を再開したのは3月からでいまだ「調子は5割6割」(前田)。そんな万全でない状態ながら得意種目外で入賞を果たし、今後の活躍を予感させた。

 ここ数年得点源の1万mは吉田が32位、江頭が34位と惨敗。得点を獲得するどころか昨年の13位、18位からも大きく順位を落とした。2人はともに就職活動中で「本来は出したくなかった」と西弘美駅伝監督。練習が不足しているとはいえ、昨年度の箱根ランナーでもある2人がこれほど下位に沈むとなると箱根駅伝予選会も黄信号が灯りかねない。残る長距離種目は最終日のハーフマラソンと5000m。駅伝で古豪と呼ばれる明大だからこそ長距離でポイントを稼ぎプライドを見せたい。

 2日目の注目は昨年日本選手権で優勝を遂げた高山峻野(法4=広島工大)が出場する男子110mHだ。高山はこの日行われた予選では13秒93で1着。予選通過順位は古谷(早大)の13秒83に次ぐ2位だ。日本選手権で同タイム着差で勝った古谷にもう一度勝って、初の関カレタイトルを手にするか注目だ。

[田中莉佳]

試合後のコメント
西駅伝監督

「(1万mは)こんなもん。4年生で就活してて全然練習できてないから。経験ってことでどれくらい走れるか。深刻ではない。本来は出したくなかったけど、これも経験」

保坂
「情けないの一言。後輩に負けたのもそうだし、しっかり入賞もできなかった。ラストスパートを狙って位置取りもしていたのにスパートもできなかった。スローペースになるのは分かっていたので、ラスト300mでどれだけ粘れて、前に行けるかだった。(原因は)決勝がこの日2本目っていうこともあったし、周りの選手が強かったり。それを言っても自分が弱かったから仕方ない。(先月の日体大記録会でベスト)調子はいたって普通。日体で自己ベストが出たのも狙って出したわけではなく、練習の一貫としてあのタイムだった。状態を維持して今日に持っていければと思っていたので、調子としては良くも悪くもなく、いつも通り。(800mでは)今回入賞できなかったので、何が何でも決勝に進出して入賞したい」

前田
「(1500mでは初めての公式戦で入賞)率直に言ったら悔しい。昨シーズン12月から2月までケガをしていて、3月から練習を始めてここまできた。調子は5割6割で、試合前の練習ではあまり走れていなかったので、なんとか最低限8位に入賞できて、明治に少しだけど貢献できてほっとしている。(レースプランは)山本(豪)コーチから大学に入って言われていた、後ろの方でレースを落ち着いて進めること。今まではずっと先頭でレースしていたが、その方が言い方は悪いが無難なレースができる。悪くても入賞という形。今回は優勝を狙える状態ではなかったから、最低限の入賞を狙った。いつもその通りにやるとは限らなくて、臨機応変にできたら一番いい。(800mでは)なんとか明治に貢献できる走りをしたい。目標は入賞。そこは最低限」

河村
「今回は予選の組も良くなくて、予選落ちしかねないような組で心配だった。でもそこから抜けられて、目標は入賞ができなくても他の1年生に負けないってことだった。結果は入賞だったけど1年生に2人も負けてしまって、世界ジュニアにもつながる大会だったので悔しい。(レースプランは)スローペースになることは分かっていたので、後ろの方に付けて、途中でぐっとペース上げて前に出ていくような。でも前に出るような力がまだなかった。1年生に負けたのが本当に悔しくて。特に東海の坂口には負けないだろうって思って走ったので。勝てると思ってたやつに負けるのは本当に悔しかった。関カレ7番入賞って見れば、良かったかなって思うが、レースの内容も1年生に負けたっていうのも納得できない。(次の大会は)記録会にいくつか出て、その後は日本選手権。初めての日本選手権なので、そう簡単には上には上がれないと思う。だから楽しみながら、勝てたら勝って、勝っても負けても日本選手権という大会をしっかり経験したい」


ニュース
 
 この記事へのご意見はこちらからお寄せください。
 今後の明大スポーツ運営への参考にさせていただくほか、ご意見としてご紹介させていただく場合もございます。
 ※必ずEmailアドレスをご入力ください。
 ※htmlタグなど、一部本文中にご利用できない記号がございます。
Email: