検索
 HOME > バドミントン部

青学大戦では第3シングルスの高野が勝利へ導いた

バドミントン部  男子は4連勝で首位キープ 女子は接戦制せず4連敗/関東大学春季リーグ戦

◆4・29〜5・5 平成28年度関東大学バドミントン春季リーグ戦(江戸川区スポーツセンター他)

▼男子(2部リーグ)
[3日目]              [4日目]  
○明大5―0東海大          ○明大3−2青学大
澁谷○2−0市川           水間●1−2三枝
水間○2−1樽            澁谷○2−0林
高野・宮嶋組○2−0長島・藤澤組   高野・宮嶋組○2−0駒井・畔上組 
武石・西谷組○2−0佐々木・前田組  武石・酒井組●1−2三枝・佐藤組
高野○2−0菊地           高野○2−0木村


▼女子(1部リーグ)
[2日目]             [3日目]  
 明大2−3青学大○         明大2−3早大○
 後藤●0−2大堀          高原●0−2我妻
 十河○2−0石橋          十河○2−1松本
 瀬川・村上組○2−0大堀・寺田組  瀬川・村上組○2−0中西・我妻組
 高崎・渡辺組●0−2石橋・岩谷組  高崎・渡辺組●0−2島田・金森組
 高原●1−2寺田          後藤●0−2中西
 男子は好調が続いている。3日目の東海大戦は5―0で完勝、4日目は3連勝中の青学大とのヤマ場も流れそのままに3―2で勝利。4戦負けなしと2部リーグ制覇に王手をかけた。対する女子はあと一歩が足りなかった。3日目の青学大戦、4日目の早大戦ともに2ー3と善戦むなしく競り負け。4連敗でリーグ最下位を抜け出せずにいる。

[男子]
 全勝対決を制し、入替戦出場を大きく引き寄せた。リーグ戦3日目の東海大戦を5―0で圧勝し迎えた4日目は青学大との対戦。ここまで全勝と好調の相手に、五分五分の戦いを繰り広げた。第1シングルスの水間陽介(政経4=札幌一)が第1ゲームを先取しながらも1―2で落とすと、第2シングルス、第1ダブルスをストレートで下し迎えた第2ダブルスも敗戦。2―2で迎えた第3シングルス。勝敗を決める一戦は高野将斗(商4=埼玉栄)に託された。「下手に自分からスマッシュで仕掛けるより、相手に回していこうと考えていた」(高野)。第1ゲーム序盤から強打に頼らずラリー勝負に持ち込んだ。すると相手は勝負を決め急ぎミスを頻発。レシーブで粘り、要所でショットをコースに打ち分けた。21―13と大差をつけて第1ゲームを先取。終始相手の思うようなプレーをさせなかった。この勢いのまま一気に試合を決めたい高野だったが一転、第2ゲーム序盤はミスを連発し相手を追う展開に。「そこは完全に緊張。気持ちが引いて置きにいくプレーになった」。それでもここからがエースの真骨頂。「最終的にミスをしなければ勝てる」。コート内を果敢に動き回り相手の球を拾う。粘り強くラリーをつなぎ続け相手のミスを誘い、スキがあれば強打でポイントを奪取。徐々に点差を縮めた。最後はラリーから相手の返球がネットに引っかかり勝利。「正直そこに関しては思い通り」と狙い通りの幕切れだった。前日の東海大戦から単複合わせ4戦に出場した高野。疲労もピークに達する中、3連戦最後となるリーグ最終戦を迎える。ペアを組む宮嶋航太郎主将(商4=埼玉栄)は「高野に頼っているようでは今までのチームと変わっていない」とエース頼みになっているチームの現状を指摘。次戦での他の出場選手の奮起を促した。


“青学大との第3シングルスで敗れると、高原はその場で崩れた
青学大との第3シングルスで敗れると、高原はその場で崩れた


 [女子]
 どうしても勝ち切ることができなかった。昇格組のため1勝を目標に挑んできた女子チームは4日目を終えリーグ4連敗を喫している。3、4日目ともチームカウント2―2まで相手を追い詰めるも勝敗が決まる肝心の第3シングルスで勝てなかった。青学大戦で起用されたキャプテンの高原美由樹(文4=埼玉栄)は第1ゲームこそ先取したが「力んでしまった」と託された重圧に耐え切れず、ミスを連発。わずか10ポイントしか取れず第2ゲームを終え、ファイナルゲームも流れは変わらず14―21で落とした。また早大戦の後藤にこ(文3=聖ウルスラ学院英智)も第1ゲーム目は17―17、第2ゲーム目は19―18とともに終盤まで互角の勝負を繰り広げる。しかし土壇場でミスショットが続いてしまい、最後はネットに引っ掛けて惜しくも敗北。昨年度からチームの主力を担ってきた実力者の後藤だが、今季は1勝もできておらず「勝てると思っていた自分の考えが甘かった」(後藤)と下を向いた。試合後には両選手が個人としての敗北に対する悔しさよりも「申し訳ない」と、勝利を目前まで手繰り寄せ最後まで応援してくれたチームへの無念を口に。あまりにも残酷な2回の惜敗は最終日を前にしてチームに重くのしかかった。
 一方でチームの流れを変える十河茉由(商2=高松商)の活躍がひときわ輝いている。以前から第2シングルスを担うことが多く、今季は全て第1シングルスを落とした逆境下から出場した十河。それでも「自分が流れを止めないといけない」(十河)と持ち前の精度の高いショットで冷静にポイントを重ね、相手から流れを奪った。現在3勝1敗の好成績を残しており、本人は「第2シングルの人はちょっと(相手が)落ちるのでそんなに自信にはならない」と謙遜するも、相手が1部なのは変わらない。1年次からエース級の働きを見せており、今季の頼もしさは昨年以上。1部残留へのキーパーソンだ。

 男子は4戦4勝、女子は4戦4敗。対照的な成績だ。男子は2部相手に途中苦しみながらも順当に全勝でここまで来た。次戦の相手は帝京大。昨季2部2位と侮れない相手だ。一方女子はあと一歩の試合をしながらも勝利が遠い。次戦は現在筑波大、法大とともに同率で首位を走る日体大と手ごわい相手だがこれまで1部の強敵相手に善戦を続けるだけに、あと一つピースがはまれば結果は付いてくるはずだ。男子は入替戦出場へ、女子は入替戦回避へ。それぞれの最終戦へ挑む。

[原大輔・渡邊弘基]

試合後のコメント
[3日目]
宮嶋

「最初のシングル2つは勝ったんですけど、内容的にたぶん二人満足していないです。でも5―0で勝てたのは良かったです。シングルス陣は良いときは良いんですけど、序盤で競って最後いかれちゃったりとかまだムラはあると思います。武石・西谷組は1戦目で負けていて、今日勝ててひとまず安心しました。初戦の反省を生かしてくれたのでこれを弾みに次も頑張ってほしいです。次の青学戦は全勝対決なのでしっかり勝って終わりたいです」

高野
「(第3シングルスは)勝ちが決まっていたので相手見てうまく回せればと、次につなげられるよう意識して臨みました。(第2ゲームは)暑くて疲れて足が運べてなかったです。そこで勝てばいいかなという安易な考えになってしまいました。最終的に勝てたので良かったですけど、明日から疲れてももう少し自分から運んでプレーできるようにしたいです。今日は4―0で勝っていたので、体力はきつかったですが気持ち的に楽でした。出た試合は全部勝ってチームを勢い付けられればと思います」

西谷
「1戦目で硬くなってもう一回チャンスもらえて、自分としては挽回しないといけないという気持ちもあって、宮嶋さんが自分を使ってくれてそれに応えることができたのが良かったかなと思います。自分たちから攻めて攻めてという形はできていて、練習中ちょっと迷ったりというのはあったんですけど自分たちのできることをしようということになって、できることと言ったら攻めるというのが自分たちの持ち味なのでそれをできました。おとといは1年生が出ていてそこで勝っていたので、1年生が出ていない分自分が頑張らないとという気持ちでした。(武石・西谷ペアとしてのコンビネーションは)まだまだだと思うんですけど、同じところを2人で取りに行ったりとかそこはお互い信頼というか任せてやらないといけないところだと思うので、コンビネーションという面ではまだまだだと思います。同期なので思ったことを素直に言えるというのは、先輩・後輩で組んでいるペアと違うところだと思います。そこは一つ良いところかなと思います。武石が後ろから角度のある球を打てるので、自分がしっかり前をつくってあげて攻めて攻めてという形が自分たちとしてはいい形なのかなと思います。(これで3連勝ですが)勝負は明日なので、青学も全勝で来ていて明治も全勝でという、自分たちは1部を目指して練習してきているのでしっかり明日勝って最終日もしっかり勝って日曜日の入替戦につなげたいと思います」

高原
「(試合を終えて)2年前に入替戦の舞台で同じ人と2―2で回ってきて、その時もすごく緊張してファイナルのジュースまでいって勝ったんですけど、その経験があったから『大丈夫、大丈夫』って自分に言い聞かせていました。でも全然体が固まっちゃって、ミスばっかりでやりたいことも何にもできないまま、終わってしまいました。悔しいというよりみんなに申し訳ない気持ちでいっぱいです。気持ちは前向きに勝つぞっておとといも言い聞かせていて勝てたので、同じようにしていましたけど、逆に力んでしまったのか全然プレーに出ませんでした。自分が最初にやった側のコートは結構見やすくてシャトルが入ったんですけど、言い訳はだめですけど、第2ゲーム目のコートは結構見にくくて、そこから何度も引っ掛けてリズムをつくれなくなっちゃってがらっと崩れてしまったのかなと思います。今日負けられないって分かっていたのに、あと2試合正直すごく不安だけど、ここで落ち込んでいると応援してくれているみんなに申し訳ありません。今日もあんなに応援してくれたので、応援してくれているみんなのためにも頑張りたいです。すごく応援は力になりました。上からすごく支えてくれました」

十河
「今日は自分が1ポイント絶対に取らなきゃいけないと思っていたので、最初から強気で攻めていけたかなと思います。流れを明治に寄せて次の第1ダブルスの先輩たちにつなげられるような試合にしたいなと思って入りました。(1部相手にどれくらい通用している手応えがありますか)自分から攻めているときとか攻撃しているときはすごい相手も崩れているなという時もあるんですけど、守りになったときにやはり守りが弱いので相手の攻撃に付いていけなくなることはあります。今日はできるだけ守りに入らないように、自分からどんどん先に攻めていけたと思います。役割は果たせたと思います。(惜しくも勝ち切れない試合が続いていますが)2部から1部に上がって勝てていないんですけど全部惜しい試合とかばかりで、あと一歩とかの差だと思います。勝てる可能性はあると思うので、明日からまた気持ち切り替えて勝ちに行きたいです。自分が出てまた1ポイント必ず取って明治に流れが来るように頑張ります」


[4日目]
宮嶋

「今日は苦しい戦いにはなりましたけどとりあえず勝ててほっとしているというのはあります。しかし1部で戦うことを目標にやってきました。負けた2つの試合は自分を出し切れてないと感じます。初日もそうなんですが、しっかり反省しないといけないと思いました。(水間の敗北については)頭3つの試合を勝って他の選手に経験を積ませる大切なところです。ここが負けてしまったことで経験の芽をつぶしてしまい、チームにとってマイナスになります。やはり水間には勝ってほしかったです。第2ダブルスの武石のペアをルーキーの酒井選手にしたのは、やはりここがまだ不安定なのでいろいろ試してみて強い組を探さないといけないと思ったからです。なかなか結果が出てこないので難しいところです。最後の高野は負けはしないと思いました。ただ、高野に頼っているようでは今までのチームと変わっていません。その前に出た選手がしっかり勝って高野に変わるのがベストだと思います。今、全勝しているので明日勝てば優勝です。そして入替戦に弾みをつけたいです」

高野
「(第3シングルスは)だいぶ緊張しました。出し切れば勝てるんじゃないかと思っていたので、緊張はしていたんですけど逆に気負うことなく伸び伸びとやろうと思いました。下手に自分からスマッシュで仕掛けるより相手に回していこうかなと考えていました。2ゲーム目特に何発か(スマッシュを)食らって気持ち的に引いてしまうラリーとかが多かったんですけど最終的に勝てたので良かったです。向こうは2―2で緊張している場面で決め急いでくれてラッキーなミスとかも多かったので、そこは冷静にできて良かったと思います。(2ゲーム目序盤は自身のミスが目立った)そこは完全に緊張です。気持ちが引いて置きにいくプレーになってしまったので危なかったです。最終的にミスをしなければ勝てると思ったので、最後はもう自分だけコート走ろうが、とりあえず中に中にという感じで、ミスだけしないようにラリーをひたすらつなげました。(最後もラリーから相手がミスして勝利が決まった)そうですね。正直そこに関しては思い通りというか、向こうがミスしてくれたので、最後は我慢できたんじゃないかなと思います。最終的に勝てたことはよかったんですけど、もう少しチーム力を上げていかないとという感じですね。やっぱり負けてしまったところもそうです。もっとそれぞれが自分のプレー出せていれば勝てたと思いますし、負けてしまった人がもう少し出し切ると。応援だったりとかそういうところもしっかりやっていければと思います。(明日の最終戦は)自分は伸び伸びとやるだけなので、自分どうのこうのよりチームのみんながもっと伸び伸びとやってくれたらうれしいです」

後藤
「正直こうなることは予想外だったので、勝てると思っていた自分の考えが甘かったです。自分もこの4戦までは自分もチームに貢献できると思っていましたが、実情はチームの足を引っ張っている形になっています。サポートとか応援してくれた人には申し訳ないっていう言葉だけじゃ無責任なものになってしまうので、明日で汚名返上したいです。プレッシャーとかはあまりなくて、今までの3戦も競っているんだけど、最後競り負けるのが続いていたのでそうならないようにしようと思ったんですけど、負け癖がついてしまったんだと思います。負け癖は一回ついたら直らないので、内容とかではなく何が何でも勝ちにこだわらないといけないと思います。今までの試合を見ても自分が勝っていれば今ごろ明治は首位ですし、今日も勝っていれば入替戦を免れることができました。明日も4―0とかで勝てば全然可能性もあるから大丈夫ではありますか。昨日は2ゲーム目で流れを持っていかれて、ポイントが1桁という試合をしてしまったので、それだけは避けようと食らい付いていたんですけど、食らい付くので必死で、その心の持ち方じゃ勝てないですね。実際普通の試合でもあまり最初から自分がリードしていることはないので、2ゲーム目が自分のペースだったのかなと思います。いつも18ゴールとか終盤で抜け出すんですけど、相手が上手だったのかなと思います。上手って言葉じゃ申し訳ないし、勝たなきゃいけませんでした。自分の同期が4連戦を頑張ってくれていて、同期としては頼もしいんですが、後輩とかならともかく同期が同期の足を引っ張るのは…。たぶん幻滅されているかもしれませんが、まだ明日チームの信頼を取り戻すチャンスはあるので、それに懸けたいです。(明日の日体大戦)青学大と競っているので、全然勝てると思います」

村上
「第1シングルスを取られて、第2シングルスの十河が勝って1―1という状況で、私たちが絶対にポイントを取って後につなぐ、という気持ちでやりました。今日の相手は初めてだったんですけど、上げたら攻めてくるペアだったので、やっぱり簡単には上げちゃいけなくて。だけど守りの場面もあるので、その時は1本大きく上げて、構える体制を整えてから守りに入り、そこから落として攻めました。自分が前で瀬川が後ろっていう形の方が決まる率が高かったですね。瀬川の後ろからのスマッシュが速いから、相手から返ってくる球も甘くなって、自分が前衛で触れていると思います。(ここまで4戦3勝ですが、1部での手応えは)1敗したペアがインカレ優勝ペアで、その時は相手の動きやハネの速さについていけなくて、そこの対応力がまだ足りないと思いました。でも自分と瀬川は、関東選手権やインカレに出て、上位に入るペアになりたいので、今回のリーグでもしっかり勝って、自分たちの足りなかったところや良かったところをどんどん発見していって、練習で話し合いながらやっていけたらいいなと思います。(明日の日体戦に向けて)今自分たちのペアは3勝1敗で、明治大学の1ポイントをとっている感じできてるので、明日の日体戦も1ポイントでも勝ちに近づけられるように頑張ります」

十河
「(今日の試合を振り返って)フルセットまで今日はいってしまって2セットで取れる試合だったんでそこはストレートで勝ち取らなきゃいけないなって反省しています。(試合前の気持ち)相手に1ポイントとられているので、自分が流れを止めないといけないなという気持ちでした。(2セット目と3セット目の切り替え)第2セットで入ったコートが自分的に見にくいコートでやりにくいなっていうのがあったんで3セット目の前半は自分がやりやすいコートだったのでそこで点を離してチェンジコートしたいなとは思っていました。(明日の試合に向けて)明日で最後なので、全部今負けているので最後は絶対勝てるように自分の役割を果たしていきたいなと思っています。(全ての試合で負けた状態で回ってきているがそのときの気持ち)負けて回ってくるんですけどでも先輩たちが相手の一番エースの人たちに粘って競ったりして雰囲気としては良い試合をして調子を上げてくれているのでそんなに負けているっていう感じはしない。(流れをつくり直すプレッシャー)プレッシャーは今回あんまりなかった(1部の相手に3勝1敗は自信になる試合ではないですか)第1シングルと第3シングルの人に比べたら第2シングルの人はちょっと落ちるので第2シングルは絶対に取らないといけないと思っているのでそんなに自信にはならない。(第2ゲームでミスが多かったことについて)中盤でミスが増えて焦った部分はあるんですけど、でも3セット目は絶対取れるという自信があったのでそんなに焦ってはなかった。(3ゲーム目でのスマッシュのコースが決まっていたことについて)守っていたら点取れないので最後思いっきり攻めていこうと思っていました。(明日の日体大戦に向けて)明日は全敗にならないように最後に気を引き締め直してみんなで勝てるように頑張ります」

ニュース
 
 この記事へのご意見はこちらからお寄せください。
 今後の明大スポーツ運営への参考にさせていただくほか、ご意見としてご紹介させていただく場合もございます。
 ※必ずEmailアドレスをご入力ください。
 ※htmlタグなど、一部本文中にご利用できない記号がございます。
Email: