検索
 HOME > バドミントン部

初ペアで勝利した酒井(左)、武石(右)組

バドミントン部  男子は慶大に完勝 女子は筑波大に敗れ2連敗/関東大学春季リーグ戦

♦4・29〜5・5 平成28年度関東大学バドミントン春季リーグ戦(江戸川区スポーツセンター他)
▼男子(2部リーグ)
○明大5−0慶大
  水間○2−0上村
  澁谷○2−0高嶋
  高野・宮嶋組○2−0石山・松井組
  武石・酒井組○2−0上村・高嶋組
  岡野○2−1石山
▼女子(1部リーグ)
 明大1−4筑波大
  後藤●0−2大久保
  十河●0−2安田
  瀬川・村上組●0−2加藤・柏原組
  高崎・渡辺組●1−2綿矢・安田組
  高原○2−1加藤
 2日目も男女で結果が分かれた。男子は今季から2部に昇格した慶大と対決。第1シングルスを水間陽介(政経4=札幌一)がストレートで制し、流れをつくる。続く第2シングルスも快勝でつなげ、第1ダブルスの高野将斗(商4=埼玉栄)・宮嶋航太郎主将(商4=埼玉栄)組が難なく勝利。開幕2連勝を決めた。対する女子は昨季インカレの準決勝で敗れた筑波大と対峙。第3シングルスの高原美由樹(文4=埼玉栄)が勝利し一矢報いるも、筑波大に1―4で敗北を喫した。

[男子]
 格の違いを見せつけた。第1シングルスの水間は、21-16、21-18と見事ストレート勝ちを決め、チームに流れを呼んだ。初戦の神大戦では第3シングルスで辛勝したが「経験があるため悪い流れを断ち切ってほしい」(宮嶋)と期待され今試合は第1シングルスに抜てき。得意のスマッシュで試合の主導権を握り、4年生としての役目を果たした。第2シングルスの澁谷勇希(政経2=埼玉栄)は2ゲーム目には失点が続くこともあったが、持ち味の我慢強さでペースを取り戻し6連続得点もマーク。21-10、21-12と大差で試合を制した。続く第1ダブルスでは、2014年のインカレでダブルスを制した高野・宮嶋組が出場。持ち前の大学トップクラスの実力で危なげなくストレート勝ちを収めた。3戦全てストレート勝ちを決め、この時点で慶大からの勝利を確定させた。次の第2ダブルスの武石優斗(商2=札幌第一)・酒井健登(政経1=埼玉栄)も公式戦初のペアであったが、ストレート勝ちという頼もしい結果でゲームを終えた。ルーキーの酒井は、全国高校総体で団体優勝もしており宮嶋も「実力もある」と評価。「思ったより緊張しなかった。力勝負はしないで自分のできることをしようと思った」と1年生らしい思い切りのいいプレーで武石をサポート。ポイントを重ねるごとに調子を上げていき1、2ゲームともに21―13でデビュー戦を快勝で飾った。ルーキーの今後の活躍には目が離せない。最後の岡野伸哉(政経3=青森山田)もファイナルセットまでもつれ込む接戦となったが無事制し5−0の完勝。「この勢いでいきたい」(宮嶋)。大勝で東海大との3回戦に弾みをつけた。

[女子]
 敗戦はしたものの価値ある試合となった。第1シングルス出場の後藤にこ(文3=聖ウルスラ学院英智)が第1ゲーム序盤、リズムよく点数を先取したことで流れをつかんだが、後半にかけアウトをはじめとするミスが増加。徐々に点差を離され19−21、17−21と惜しくも敗れた。続く第2シングルスの十河茉由(商2=高松商)は、高校2年次に全国高校選抜で団体優勝を経験した安田(筑波大)と対決。第1ゲーム終盤、両者一歩も譲らず点数を互いに取り合うも追い付けず。16−21、13−21と敗北を喫した。そして初日の法大戦で勝ち星を挙げた、第1ダブルスの瀬川桃子(商3=埼玉栄)・村上晃(商3=青森山田)組が出場。ラリー戦で競り勝ち、連続ポイントも多かったものの、一歩及ばずストレート負け。チームカウント3−0で筑波大に敗れた。しかし、「一昨年1部でやっていて、その時よりはポイントがとれている」(高崎真美・政経3=日本橋女学館)と1部リーグでの手ごたえを実感。後半戦での勝利に期待が懸かる。
 主将が意地を見せた。最後に出場した第3シングルスの高原は加藤(筑波大)の球やタッチの速さに圧倒され、ペースをうまくつかむことができず第1ゲームを落とす。しかし第2ゲームからは、「相手に上からの球をなるべく打たせなくさせた」(高原)と高い位置で打ちにくいショートサーブを使い積極的に攻めた。球を上にあげてしまう初日の消極的なプレーの反省を生かし、相手の得意とするプレーを封じる形に。6連続ポイントなどでペースをつかんで第2ゲームを奪うと第3ゲームも流れそのままに21−13と決着をつけた。「ひたすらに『勝つぞ勝つぞ』って自分に言い聞かせていた」(高原)と筑波大には負けたものの最後に勝利したことは高原にとって自信になり、チームとしても次戦につながる一戦となった。

 次戦でリーグ戦も後半戦に差し掛かる。男子は現在2戦連続白星と好調をキープ。3回戦の相手は昨季秋2部リーグ戦5位だった東海大。手堅く勝利しこのまま首位を走り抜けたい。昇格組の女子も負けこそ続いているが、各ゲームでは善戦を繰り広げている。「2年ぶりの1部ということで1勝でもすることが目標なので、とにかく勝ちにいこうと思う」(高崎)とまずは1勝を狙う中、次戦の相手は昨春の入替戦で敗れた宿敵、青学大だ。リベンジを果たすとともに、今季初白星をつかんでみせる。

[曽我怜平・花岡桃]

試合後のコメント
宮嶋

「神大相手に3―2で危ない試合だったのでしっかり5―0で勝ち切ろうと昨日から話していました。結果的に5―0で勝てたのでそこはよかったです。(神大戦のような)ああいう展開にならないように、あの試合では負けた人が自分の力を出し切れてなかったのでしっかり自分の力を出せば大丈夫と話してみんなそう臨めたと思います。第1シングルスの水間は経験もあるので、悪い流れを断ち切ってほしいと託しました。しっかり2―0で抑えてくれたのでよかったです。酒井は実力もあるので、経験として使いたいという気持ちはあったので、初戦でつまずいてしまったのもあって起用しました。ゲームメイクがうまいというか、強打はないんですけどしっかり前衛で展開をつくれるプレーヤーです。出だしで負けてましたけど中盤からは普通にやってくれたので最初にしてはよかったのではと思います。しっかり勝ち切ることを目標にしていたので、今回の5―0を弾みにして残りの3連戦頑張りたいです。(チームの状態は)確実に昨日よりはみんなモチベーションは良くなっていると思います。この勢いでいきたいですね」

酒井
「思っていたよりは緊張しなかったので勝ててよかったです。(試合に出ると分かったのは)昨日です。1戦目出られなかったので悔しくて、一昨日出ていた第2ダブルスの先輩が負けていて、今日出ると決まった時にはやってやろうという気持ちでした。(武石とのダブルスは)練習では組んでいたんですけど(経験が)浅いので思い切りやろうという感じです。組んだり相手したりしていてある程度球とかは分かっていたので、前に入ってパートナーに打たせるというのが自分のプレーなので誰と組んでもそれができるようにというのは心がけています。第1ゲームは初めての試合で高校とは雰囲気も全然違いました。一昨日の試合見て雰囲気にのまれている感じがしたので今回そうならないようにと思っていました。自分は力がないので相手に押されてしまう部分はあったんですけどそれを逆にかわすというか、力勝負はしないで自分のできることをしようと思っていました。前半は競っていたんですが後半一気にいけたのでよかったです。(雰囲気は)すごく盛り上げるというか、今日で言ったら上三つ取ってくれていて楽にいけました。第1ゲーム取っていたので焦る必要はないかなと、思い切りできるのはこっちなので、1年生でまだ若いので思い切りプレーしようと思いました。大学のデビュー戦を白星で飾れたのでよかったです。自分は力がないのでネット前にはやく入ってパートナーに後ろから打ってもらうというのが自分のプレーかなと思います。ただやっぱり相手の前衛の選手がうまいときに引いてしまう部分があるので、相手がうまくても自分のプレーをできるようにしないとまだ1部では勝てないと思うので、日ごろの練習だったりをしっかりやっていきたいです。試合に出られるとしたらしっかり勝ってチームに貢献できるようにしたいです。あとはまだ大学に入って1カ月くらいなので大学の雰囲気に慣れてもっと盛り上げていきたいなと思います」

高原
「今日はこの前3シンのファイナルセットで負けちゃったので、すごく落ち込んでいましたが、そんなくよくよしている場合じゃなく、次に勝てばいいんだと気持ちを切り替えて「絶対に今日勝つぞ」って気持ちが勝利につながったんだと思います。また最後勝って終われたことは次につながると思います。ひたすらに『勝つぞ勝つぞ』って自分に言い聞かせていて、キャプテンとしての意地が出たみたいですね。(1セット目取られてからどのように切り替えたか)最初は相手の球とタッチが速くて、先手をすごく握られ過ぎてこっちが付いていけなくなっていました。2ゲーム目はショートサーブから入って相手に上からの球をなるべく打たせなくさせました。そうすることでだいぶ自分が楽になってこっちからも攻められるようになりました。この前の試合での消極的な上に上げてばっかりなプレーが課題だったので、1日しかなかったけど練習で攻めることを意識してやったら今日生きたんだと思います。相手のミスもあったと思います。自信にもすごくなりました。(インカレで負けた相手でもあるが)そうですね、リベンジをしたかったです。でもどの試合もみんな自分の力を出して終わっていたので、負けるにしても良い負け方をしたのだと思います。(2試合連続で負けたが)ここから3つ全部勝てば全然問題ないし、2年ぶりの1部ということで1勝でもすることが目標なので、とにかく勝ちにいこうと思います」

高崎
「今日は1ー3で回ってきてポイントを1ポイントで多く取らなきゃいけないなって気持ちでやりました。試合に負けたとかよりも自分たちの試合に集中してやろうという気持ちでコートに入りました。最後のジュースの場面は自分では気持ちで負けたつもりはないのですが、やっぱりどこかで引いていた部分があったので、気持ちの部分で負けていたんだと思います。悔しいですし、絶対に勝てた試合ですが、残り3日間あるので切り替え1ポイントでも多く戦いたいです。(1セット目からの切り替え)1セット目から自分たちから攻めてという形はできていましたが、ポイントが間に合っていませんでした。それで2ゲームも出だしからリードしようという気持ちでずっとやっていたので、結果が付いてきて、取れました。(渡辺とのダブルス)すごく良いものをいっぱい持っているけど、経験の浅い部分が結構大きいかなと思っています。自分は2年生から試合に出ていたので、3年目になるので、自分がもっと引っ張りたいです。雰囲気はすごく良い感じで、ちょこちょこ試合中にも話しています。でもまだ気持ちの部分の経験の浅さがあります。(2連敗)一昨年1部でやっていて、その時よりはポイントが取れているし、残り3日間につながる内容でみんなできていました。今日の2日間で反省をして、残り3日間につなげられたらチームとしてももっとポイントが取れて良いと思います」


ニュース
 
 この記事へのご意見はこちらからお寄せください。
 今後の明大スポーツ運営への参考にさせていただくほか、ご意見としてご紹介させていただく場合もございます。
 ※必ずEmailアドレスをご入力ください。
 ※htmlタグなど、一部本文中にご利用できない記号がございます。
Email: