検索
 HOME > 硬式野球部

持ち前の明るさでリーダーシップを発揮する


東京六大学野球 2016〜春〜  (3)開幕前インタビュー 中道勝士、萩原英之  

 
 頂点に返り咲く。昨季は優勝に王手を懸けた所で連敗し、2年ぶりに春秋ともに優勝できなかった。その悔しさを胸に今季は柳裕也主将(政経4=横浜)を中心にチームを構築。3年ぶりにアメリカキャンプも行った。山俊選手(平28文卒・現阪神タイガース)ら多くのスター選手が抜けた今年は、団結力を武器に戦い抜く。3季ぶりのリーグ制覇、そして春の日本一へ。戦う準備はできている。

 抜群の統率力でチームを支える。中道勝士捕手(商3=智辯学園)はそのリーダーシップを買われ、今年度副将に任命された。坂本誠志郎選手(平28文卒・現阪神タイガース)の存在によりリーグ戦出場の機会には恵まれなかったが、昨春立大2回戦で初打席に立つと適時二塁打で勝利に貢献。勝負強さも売りの一つだ。牛島将太捕手(営4=門司学園)とのスタメン争いはチームの底上げにつながっている。(この取材は3月23日に行ったものです)


――チームの雰囲気はいかがでしょうか
柳のいいところが出ています。明るくやるところは明るくやって、気を引き締めてやるところは引き締めてやれています。投手主将の負担は重いと思いますし柳は一人でやらなあかんという気持ちが強いので、もっと副将がしっかりしないといけないなと感じています。チームの雰囲気はいいと思いますが、勝ちがあんまりつかないとうのは不安です。

――副将に就任してチームを見る目は変わりましたか
柳が一人で引っ張ろうとしているのは、副将4人みんな分かっています。それで柳の意見、行動を尊重しつつ、柳の目が届かんところは4人でしっかりやろうと。何回か副将4人でご飯に行ったりしました。柳をいい意味で楽にしてやらんとなという話をよくしています。その話し合いに柳を入れちゃうと、それもまた負担になってしまうので。気を遣っているわけじゃないですけど。

――新チーム発足時から成長は感じますか
一番大きかったのはアメリカで野球ができたことです。いい経験になりました。アメリカの選手と試合をやって、バーンって大きいホームラン打たれて試合が決まるというイメージやったんですけど、意外とアメリカも執念の野球で、右打ちばっかりしてきたりとか。そういうところは見習わなあかんなと思いました。試合前の練習でアメリカはどんな練習するんかなって見ていたら、右打ちばかりだったりセンター返しが多かったりで。応用練習がメインのイメージやったんですけど、基本練習ばかりでした。アメリカの選手は準備がしっかりできていて、初球から積極的に振ることができるので、そういうところは見習いたいです。

――やはりチームの課題は打撃でしょうか
ロースコアの試合が多いので、守り的には問題ないかなと思っています。バッティングですね。野手はアメリカでかなり振り込んできました。打つ時間も長かったですし、振る時間も長かったです。普段だと人数が多くてできないような練習も、アメリカでは全部できました。これが、いつ結果になるかです。

――坂本選手の存在は大きかったと感じますか
学ぶことは多かったですね。出身も関西で一緒なんで入寮したときから気にかけてくれていました。尊敬する部分は多かったです。プレッシャーとかは特に感じないですけど、正直なところ、(坂本選手が)抜けて存在の大きさを改めて感じました。

――ご自身ならでは強みを教えてください
話すことは得意です。投手とのコミュニケーションだったり、チームに一言バシッと言わなあかんときの言葉は、自分で言うのはなんやけど、周りもそれなりに評価してくれています。持ち味とまで言えるかは分かりませんが、そういうところは副主将としても生きていますね。キャッチャーとしてもそうです。

――課題はありますか
キャッチャーらしくならないとなと思っています。立ち振る舞いであったり、マスクかぶったときに試合をつくること、いかに最少失点で抑えるかを考えることです。そういうのをひっくるめて「キャッチャーらしく」ならないといけないです。監督にも「もっとキャッチャーらしくなれ」と言われています。打つほうは大丈夫やと思うんですけど、もっとキャッチャーとしてピッチャーとコミュニケーションをとらなあかんなと思っています。

――やはり牛島選手がライバルでしょうか
ライバルと言うんですかね、ライバルだとは思うんですけど。今は切磋琢磨しながらという感じです。

――リーグ戦での具体的な目標はありますか
自分の高校の恩師が同じ六大学でやっていて、その人をずっと目標にやっていました。何でもいいので、冊子とかに載るような、ベストナインに選手されたとか、満塁本塁打を打ったとか、何かを残したいです。

――最後にラストイヤーへの意気込みをお願いします
学生野球最後の年なので、学生らしく最後の年は思いっきりプレーしたいなと思います。今までの3年間、プラス今年1年間お世話になる監督を、最後にみんなで胴上げできればなと思っています。柳を含め全員で決めたことなので、それを達成できるようにしたいです。

――ありがとうございました。

◆中道勝士 なかみちかつし 商4 智辯学園高出 175cm・78s 捕手 右投左打

中道 通算成績
試合打数安打二塁打三塁打本塁打打点盗塁犠打四死球打率
通算
.500






勝利につながる一打を放つ
勝利につながる一打を放つ


 勝利につながる一打を放つ。新チームの副将を担う萩原英之外野手(営4=九州学院)は入部以来、期待に応える成績を残せていない。ケガも癒えた今季は勝負のシーズン。ただ一心に、勝利のために。積み上げてきたものすべてを、ぶつける覚悟だ。(この取材は3月23日に行ったものです)

――アメリカキャンプを終えた現在の状況をお聞かせください
チームの勝敗と自分の結果を見たときに、まだまだ僕自身はチームへの貢献が足りないなと、副将としてもプレーの内容も、もっとチームを引っ張っていけると感じました。
野球面で言うと僕は打撃を売りにしているので、打つことでチームを盛り上げていこうと考えています。だからもっと長打であったり打点を稼ぐといった勝ちにつながる一打を打てるように。リーグ戦に向けて調子を上げていきたいです。

――ご自身の課題は
六大学というのは毎週違うカードでピッチャーも違うので、色々なピッチャーに対応できるバッターでありたい。自分は勝ちにつながる一打を打つっていうのをモットーにしていますが、この投手は打てて、この投手は打てないでは勝ちにつながらないと思うので。

――今年は最終学年です
高校で自分が目立つ舞台が多くて、たまたま結果が出て。でも大学に入って、色んな壁にぶつかりましたし、怪我もしました。そこで今まで自分が中心のチームだったのが、一歩引いてみられるようになって。何が必要なのかを感じられるようになりました。この大学4年目で就職にも関わってきますし、プロか社会人か、また一般企業に就職するのか。自分の野球人生の分岐点になると思うので初心に帰って、がむしゃらに野球をやりたいですね。

――ケガを乗り越えました
2年生の時にレギュラーをつかんで、最初の東大戦でやっちゃったんで、1年間は野球ができませんでしたし、今からってときに初めてのケガをして。ケガをした人の身にも寄り添えるようになりましたし、副将という立場でチームメイトには僕もこういう経験したからお前も頑張れよと声かけができたし、野球だけじゃなくて人間性という面でも色んなことを考えさせられた大学生活だったので、あと1年は初心に帰ってがむしゃらにやりたいですね。

――副将は監督から直々の指名ということです
僕自身色んなプレーでも伸び悩んでいた部分があって、監督から立場を与えていただいて「もっともっと自分を鼓舞してあと1年間頑張ってくれよ」と言ってもらえたので、人に言う立場になりますし、おのずと自分がやらないといけない。「お前が頑張ってチームを引っ張れ」と言っていただいたので、あとはやるだけですね。

――去年のチームからの変化はありますか
山さんであったり、坂本さん、上原さんと先輩方はずっと下級生の時代からスタメンに出られていた中で、僕らの代の主力選手は柳と星とぐらい。だから、みんな2番手の選手が多かった。僕もそうです。試合に出たいという気持ちをずっと持っていながらも絶対的な人たちがいたので、どうやって目立つかというのをずっと考えてやってきました。僕らの代は、勝つために『その人たちが打ったら勝つ』というのではなくて、『チームみんなで勝とう』という意識で、そこが去年とは全然違いますね。主力に頼るんじゃなくて、明日はあいつがヒーローになる、明後日はあいつがヒーローになるチームをつくろうと僕は思っていました。目立たない選手、実績もないような選手が多い中で、一人一人がチームの役割を果たして勝つぞっていうのが今年のチームですね。

――今年に懸ける意気込みをお願いします
副将という立場もありますし、今まで大学生活やってきて悔しかった経験ばかりだったので結果はどうであれ、もうがむしゃらにやる。そして、本当にそれができたら結果的に試合に出て、試合に勝つようなプレーができていると僕は思っています。だから一心にひたむきに野球に取り組むだけです。『試合に出たい出たい』と思うんじゃなくて、今までやってきた野球というのをがむしゃらにやった結果がどう転ぶのかなという、自分自身との戦いです。

――ありがとうございました。

◆萩原英之 はぎわらひでゆき 営4 九州学院高出 178cm・85kg 外野手 右投左打

萩原 通算成績
試合打数安打二塁打三塁打本塁打打点盗塁犠打四死球打率
通算
.000




[星川裕也・萬屋直]


●東京六大学野球 2016〜春〜のバックナンバー

ニュース
 
 この記事へのご意見はこちらからお寄せください。
 今後の明大スポーツ運営への参考にさせていただくほか、ご意見としてご紹介させていただく場合もございます。
 ※必ずEmailアドレスをご入力ください。
 ※htmlタグなど、一部本文中にご利用できない記号がございます。
Email: