検索
 HOME > 硬式野球部

投手陣は計8失点と粘り負けした


ボールパーク便り  富士重工業に敗戦 接戦勝ち切れず  

◆4・8 春季オープン戦(明大グラウンド)
▼対富士重工業戦
 明大4−8富士重工業○
オープン戦
富士重工業
明大

 富士重工業と対戦し、4−8で敗戦した。

 シーソーゲームを制することはできなかった。初回、先頭の竹村春樹内野手(政経3=浦和学院)のフルカウントから強振した打球が右中間を割る三塁打になると、3番逢澤峻介外野手(文2=関西)の犠飛ですかさず先制。4回に先発の柳裕也主将(政経4=横浜)が2死満塁から右前に運ばれる適時打を浴びて同点に追いつかれるが、5回に1死二・三塁の好機をつくると打席には再び逢澤。捉えた2球目が中前へのクリーンヒットとなり2点の勝ち越しに成功した。
 点差を守りたい柳だったが7回に先頭から3連打を浴びるなど、この回で3点を取られ逆転を許してしまう。柳は7回を投げ9安打4失点。相手のしぶとい攻撃を前に、最後まで持ちこたえることができなかった。
 打線はその裏に2死二塁から富岡優太内野手(商4=日大三)の左前に落ちるヒットで同点に追い付く。しかし8回に勝ち越されると、9回には4番手の星知弥投手(政経4=宇都宮工)が1死満塁から走者一掃の二塁適時打を浴び試合を決定づけられた。

 9日には東京六大学春季リーグが開幕し、チームは10日のオープン戦が最後の実戦。投打で粘り強さを見せ、いかに接戦を勝ち切れるかどうかがカギとなる。

[土屋あいり]

◆春季オープン戦日程表◆(スコアをクリックすると試合の記事に飛びます)
日付対戦相手場所スコア
2・27(土)
東芝
明大グラウンド
●2−7
2・28(日)
東洋大
東洋大グラウンド
●0−2
2・29(月)
横浜商科大
横浜商科大グラウンド
●0−1
3・10(木)
ダイヤモンドバックスマイナー
SRF
●1−2
3・11(金)
チェコ ナショナルチーム
SRF
○3−2
3・13(日)
パラダイスバレーコミュニティカレッジ
パラダイスバレーコミュニティカレッジグラウンド
○13−0
3・15(火)
アリゾナ州立大
アリゾナ州立大グラウンド
●3−4
3・16(水)
チャンドラーギルバートコミュニティカレッジ
チャンドラーギルバートコミュニティカレッジグラウンド
○5−4
3・18(金)
ヤバパイカレッジ
ヤバパイカレッジグラウンド
●4−11
3・23(水)
上武大
明大グラウンド
△1−1
3・24(木)
国学院大
明大グラウンド
○3−2
3・25(金)
国武大
国武大グラウンド
○3−2
3・26(土)
創価大
創価大グラウンド
△2−2
3・27(日)
東海大
明大グラウンド
○3−1
3・30(水)
JX―ENEOS 
明大グラウンド
●0−2
3・31(木)
亜大
明大グラウンド
○2−0
4・1(金)
青学大
明大グラウンド
○5−2
4・2(土)
白鵬大
白鵬大グラウンド
●1−4
4・3(日)
中央学大
中央学大グラウンド
○2−0
4・4(月)
NTT東日本
明大グラウンド
雨天中止
4・6(水)
中大
明大グラウンド
●0−3
4・7(木)
日立製作所
明大グラウンド
雨天中止
4・8(金)
富士重工業
明大グラウンド
●4−8
4・10(日)
三菱日立パワーシステムズ横浜
明大グラウンド



●ボールパーク便りのバックナンバー

ニュース
 
 この記事へのご意見はこちらからお寄せください。
 今後の明大スポーツ運営への参考にさせていただくほか、ご意見としてご紹介させていただく場合もございます。
 ※必ずEmailアドレスをご入力ください。
 ※htmlタグなど、一部本文中にご利用できない記号がございます。
Email: