検索
 HOME > サッカー部

(左から)伊池、小出


一心  (1)副将対談  

 心を一つに頂点を目指す。昨季は総理大臣杯準優勝、関東リーグ戦2位、インカレ3位と好成績を残し続けたものの、ビッグタイトル獲得はならず。8名のプロ進出選手を要し、全国屈指のタレント陣を誇ったがあと一歩で栄冠を手にすることはできなかった。
 今季の目標は6年ぶりのリーグ戦優勝、創部初の総理大臣杯優勝、7年ぶりのインカレ優勝。昨季達成することができなかった3冠を再び最大の目標と定めた。今年のチームカラーは「みんながまとまって泥臭く勝ちにいくところ」と服部一輝主将(法4=札幌大谷)。球際・切り替え・運動量の3原則をベースに、組織的な守備と攻撃を貫き通す。本特集はそんなサッカー部の1年を追い続ける。
 4月2日に迫った関東リーグ開幕。今日3月29日から、31日まで二人の副将対談、主将インタビュー、監督インタビューをお届けします。リーグ開幕前日である4月1日には瓦版を更新する予定です。
 第1回はチームを支える副将二人の対談です。

――副将になられた経緯は。
小出
 毎年4年生の学年全員で1年生からずっと学年でミーティングというのを重ねていて、4年生になった時に誰がキャプテンで誰を副キャプテンにするかというのを最上級生の中で何回くらいだろうね?
伊池 めっちゃじゃない?
小出 ミーティングすごいたくさん重ねて徐々に絞っていって、最後はみんな納得した形でかんちん(服部)がキャプテンになって、自分たちが副将になったという感じですかね。
伊池 たぶんその代によって決め方は違うと思うんですけど、自分たちは誰がいいかというのを一人一人が紙に書いてきて一回集計を取ってみるということだったりと行って、徐々に決めていったという感じです。

――新体制になり、二人から見た服部主将というのは。
小出
 責任感というのは今までのキャプテンに劣らずすごくあるなというところがあるので、試合に出ている中でも頼もしいですしそういった部分はあります。
伊池 声が出せるのでそれは普段でもできることですし、試合中でももちろんキーパーというポジションなので声が出るというのはキーパーだからという部分もあると思うんですけど、練習中にキーパーが関わらない時でも外から声をかけたりというのは行っているので、それはすごい引っ張っていってるというのは感じるところですね。

――どのような副将としてやっていきたいと思っているか。
小出
 ミーティングの中でも言ったんですけど、かんちんは結構責任を負いすぎてしまうとか、チームの事を考えすぎてしまうというところがたぶん出てくるなという感じがしていて確かにそうなりそうな一面もあるので、なるべく自分とか翼が一人で抱え込ませるのではなくてしっかり三人で話し合っていろいろアドバイスしたり、間違っているところは駄目って言ったりということはしていこうと思っています。
伊池 かんちんから直接言われたのは、結構自分の意志が強い方なのでそういう自分の意志を曲げるのは苦手というか、自分の意志をしっかり持っているというのはいいことだと思うんですけど、そういうのがあった時に自分だったり二人が意見を出していろんな角度から自分たちが間違っていると思ったら間違っていると言ってもらえると思う、というのはかんちんも言っていたと思うので、そういった面では自分たちも間違っていると思ったら言いますしそれが合っていると思ったら合っているというふうに言えばかんちんもそれが自信になると思うので、そこは意識してやっていけたらいいかなと思います。

チームを支える伊池
チームを支える伊池
――今年のスローガン「一心」に込められた思いというのは。
小出
 まず大きなところとしては言葉通り「心を一つに」という面と、あとまとまるとか
伊池 うん。
小出 まあ細かいこと言ったらいろいろあるんですけど(笑)。大きいこと言ったら「心を一つに」ということでまず目標に向かって進む、それが一番大きいですね。単純ですけど。
伊池 毎年人が入れ替わる中で昨年と比べるというのはどうかなという面もあるとは思うんですけど、昨年と比べた時に単純にプロに8人行って人が抜けたというのがあるので、より一層チームの力として戦うということが今年は大事になってくると思うので。そういう意味でも心を一つにしてチーム一丸になって戦うという意味が大きいかなと思います。

――現時点で今年のチームカラーというのはどう捉えているか。
小出
 自分が今思っていることは、やっぱり昨年と比べて全員で戦うという面で下級生も含めて自分たちから練習中にも指示出し合ったりというのは昨年の始めと比べても全然声とか練習自体の雰囲気とかもいいと思うので、そういった面は続けていくとともにもっともっと活性化させていきたいというふうには思っています。いいと思います、今の雰囲気は。
伊池 4年生が引っ張っていこうという雰囲気もありますし、それに下級生が付いていこうという雰囲気もあるので、あとは4年だけがやるんじゃなくて下級生たちも思っていることを言えたり本当の意味でチームが一つになって戦えるような環境を、自分たち4年生が考えながら話していってつくることが大事かなと思います。

――今年の4年生の色というのは。
小出
 それはもう誰に聞いても答えは一緒だと思うんですけど、とにかくいい意味で仲がいいということ。その中でなれ合いという感じでなくてたとえばかんちんに対して誰でもものを言えるというか、たとえば俺とか翼も他の人に言えるし言われるしというようなお互いに厳しくできる仲の良さなので、そこは前の代とか見ていても自分たちの強みかなと思っているので、そういったお互いに厳しくできるという仲の良さというのはあると思います。
伊池 役職は一人一人あると思うんですけどいい意味でフラットというかお互い言い合える関係だと思うので、サッカー以外の面では単純に仲良いですしそれをどうサッカー中に生かすかというのを考えた時にそういったお互い言い合えるというのはいいことだと思うので。そこをなれ合いになるんじゃなくて厳しいことも言っていける関係にずっとなれていればいいかなと思います。

守備の要でもある小出
守備の要でもある小出
――昨年度はあと一歩のところでタイトルが取れなかったが、要因をどう捉えているか。
小出
 あのメンバーがそろっていて優勝できないとなると何かがもう決定的に足りないということで、それは関西学院にヒントが隠されているかなと自分たちで思って、その中で出たことというのは試合中だったり自分たちでやることを統一する、たとえば攻められているんだったらしっかり守るということも全員で統一する、そういった状況に応じたチーム全体としてのまとまりというか、そういうのがもっと関西学院にはあるかなと思った。それはもう4年生のミーティングでも出てきたので、試合中に選手たちからスタッフに言われる前に変えるだとか、選手主導で変えることが大事なのかなというふうには思いますね。
伊池 それは自分も感じていて、試合中に統一して戦えるだったりちょっと悪い状況の時に立ち返る場所があったりそういった決まり事じゃないですけど、戻る場所があるというのは一つぶれない要因なのかなと思っていて、それをつくるためにはやっぱり話し合いが一番大事だと思うので4年生で話し合う機会も多いですし、4年生だけじゃなくてチーム全体で話し合う機会というのも今年は多くしていこうということで、学生ミーティングの時にいくつかのグループになって話し合うということもありますし、今までは試合の振り返りとかも各グループでやっていただけなんですけどそれを全員の前で発表したり、しゃべるという作業を多くできるようにそういう場を多く設けることは意識しています。

――慶大との開幕戦に懸ける思いは。
小出
 慶應は昨年も試合に出ていた選手が多くて結構強い相手だと思うので、そこは自分たちも今まで始動してからやってきたことをしっかり出せればなというふうに思っています。もちろん前期いつも明治はそんなにいい成績を残していないので、まず前期にいい勝ち点を取るために初戦しっかり戦っていきたいなと思っています。
伊池 相手はあまり意識していないんですけど初戦というのはとても大事だと思うので勝てれば波に乗れると思うので、昨年3連勝してそこから落ちてしまったので勝っている時こそスキを見つけてそこを埋めていければ3連勝したあともいけると思いますし、もし負けたとしてもやることがぶれなければ前期でそんなに落ちることもないと思うので、前期に良い結果を残せれば優勝というものに近づけると思うので、まずは前期の目標を達成するために1試合1試合戦っていきたいなと思います。

――改めて今年の目標は。
小出
 チームとして4冠というのはありますけど、まずリーグ戦しっかりいい結果を残してもちろん優勝を目指して、その中でいい結果を残していけばインカレだったりに繋がっていくと思うので自分はまずリーグ戦というところに重きを置いてやっていきたいなと思います。
伊池 もちろん全てのタイトルを取ることが目標なんですけど、まずは目の前の1試合1試合を大切に戦っていきたいという思いがあって、一つ一つを行っていかなければその先は見えてこないと思うので、1試合1試合戦ってそれが結果として優勝となれば一番いいのかなと思います。

――ありがとうございました。

第2回は主将インタビューをお届けします。更新は明日、3月30日予定です。
お楽しみに!





ニュース
 
 この記事へのご意見はこちらからお寄せください。
 今後の明大スポーツ運営への参考にさせていただくほか、ご意見としてご紹介させていただく場合もございます。
 ※必ずEmailアドレスをご入力ください。
 ※htmlタグなど、一部本文中にご利用できない記号がございます。
Email: