検索
 HOME > ウエイトリフティング部

ジャーク2本目に臨む元木

ウエイトリフティング部  元木が5位 調整不足響く/全日本ジュニア選手権

◆3・11〜13 第36回全日本ジュニア選手権(上尾市スポーツ総合センター)
▼94s級
 5位 元木
 今年最初の公式戦となる全日本ジュニア選手権が行われた。規定記録を突破した96年生まれから01年生まれまでの選手が出場可能な今大会。94s級に元木雅人(農1=奈良朱雀)が出場し、5位となった。

 がっくりと肩を落とした。明大勢唯一の出場者となった元木だが、結果を残せずに終わった。スナッチ121s、ジャーク141sのトータル262sで5位。スナッチを3本全て成功させたものの、ジャークが足を引っ張った。初めの2本を失敗し、追い込まれた状況でかろうじて1本の成功。昨年9月の東日本学生新人選手権の記録からマイナス5sの大幅ダウン。冬を越えて最初の試合に、手応えはなかった。
 響いたのは調整不足。「試合に合わせて体重を上げられなかった」。この冬の好調時にあった96sの体重が、大会前の検量時には91.2sに。体力が低下し、記録が下がった。試合後は「こんなに体重を落として記録が出ないのはあたりまえ」とうなだれた。しかし、収穫がないわけではない。3本全て成功させたスナッチは元の安定感に加え、3s記録を伸ばしてみせた。不安定なジャークの克服と、調整不足の解消が今後の課題だ。次なる舞台に向け、また鍛え直す。

[星川裕也]


ニュース
 
 この記事へのご意見はこちらからお寄せください。
 今後の明大スポーツ運営への参考にさせていただくほか、ご意見としてご紹介させていただく場合もございます。
 ※必ずEmailアドレスをご入力ください。
 ※htmlタグなど、一部本文中にご利用できない記号がございます。
Email: