検索
 HOME > 少林寺拳法部

少林寺拳法部  全日本学生大会事前インタビュー(3)

 
 全日本学生大会が11月1日に日本武道館で開催される。拳士たちが1年間の集大成を見せる舞台だ。5月に行われた関東学生では4部門で1位に輝くなど華々しい結果を残した。今大会も多くの拳士たちの活躍が期待される。本番が間近に迫った拳士たちの心境や意気込みを全3回に分けてお送りする。(この取材は10月16日、21日に行われたものです)

〜男子二段以上の部 藤井・岡川組〜
 最高段位に挑む藤井翔生(農4=津西)・岡川峰宗(政経1=東北学院榴ケ岡)組。岡川にとっては全日本が入部後初の大会だ。最上級生の藤井にとって今大会は最後の舞台。立場は正反対の両者だが互いに刺激を受け高め合う。「自分たちが成長していく演武」を目指し、大舞台を駆け上がる。

――この組になった経緯を教えてください
岡川
「主将と、誰と組みたいという話をした中で、藤井先輩の名前を挙げさせてもらいました」
藤井「僕自身も1年生の頃に4年生の方と組んでもらっていて。自分がそんな風に1年生を指導できる立場になったことに驚いています」

――現時点での完成度はいかがですか
岡川
「まだまだ直す所はいっぱいありますが、練習を始めた最初の頃よりは少しずつ成長していると思います」
藤井「岡川も成長していますし、僕自身も最初は相手に合わせていましたが、だんだんと自分の力を出していけるようになっています」

――大会に向けて意識していることはありますか。
岡川
「自分は今回初めての大会、そして最高段位の男子二段以上の部ということで、藤井先輩に付いて行きたいです。その中で普段の練習で教わることをしっかり意識したいです」
藤井「今回は最高段位ということもあって、周りに劣ることもあると思います。自分たちの演武を見ていく中で悪い部分を直して、いい部分を伸ばしていく。他と比べるのではなく、自分たちが成長していく演武にしたいです」

――岡川さんは入部後初めての大会が最高段位なんですね。
岡川
「はい。緊張もすごくありますが、いきなりそこに出させていただくのでうれしさもあります」

――どんな部分に気を付けて練習をしていますか
岡川
「演武中の中での足の運びなどです」
藤井「岡川が大会自体初めてなので、あまり偏った練習をしないようにしています。一つの構成をずっとやるのではなく、演武全体をバランス良くやるように。流れるような感覚で練習しています」

――それは演武への慣れを目的としているのでしょうか。
藤井
「そうですね。最初は声出しながら動くって難しいので。それをなるべく通し練習で経験させてあげることが大事だと思います」

――全日本の目標、意気込みをお願いします。
岡川
「ひたすら藤井先輩に付いていきたいです。それで、最後に藤井先輩が自分と組んで良かったと思えるような最高の演武をしたいです」
藤井「目標としては、入賞することです。入賞すると明治の総合優勝に貢献できるので、1ポイントでも多く取れるように。1年生の頃は全日本学生大会という舞台上の先輩方が出るもので、自分たちは出られない、憧れている一番大きい大会でした。最後の大会といってもやることは一緒です。一番いい演武を岡川と一緒にやる。これを目指して頑張ります。

――ありがとうございました。

◆藤井 翔生 ふじい しょうき 農4 津西高出 175cm・70s
◆岡川 峰宗 おかがわ たかひろ 政経1 東北学院榴ケ岡高出 177cm・64kg


〜女子二段以上の部 堀尾・三橋組〜
 明治を背負ってきた二人が最後、ともに演武に挑む。堀尾愛主将(商4=姫路商)・三橋智恵(政経4=成田国際)組。初の女子主将として部をけん引してきた堀尾と、それを一番近くで支えてきた三橋。最後は異例ともいえる2人での出場を決意した。「記憶に残る演武がしたい」(三橋)と、最高の演武を誓う。

――お2人で組むことになった経緯を教えてください。
堀尾
「一番はお互いの気持ちです。両思いだよね(笑)」
三橋「ちょっと無理を言って、通してもらいました」
堀尾「本当は自分たちが分かれて戦力を分散した方が良いのですが、最後は組めと、監督やОBの方たちも後を押してくださいました。自分たちもその思いがあったので、最後は行かせてもらおうと」

――お2人で組みたいと思われたきっかけはありますか。
三橋「やっぱり最後なので、もし組まなかったとして、それで後悔したくなかったです。一緒にスポーツ推薦で入った同期なので、最後は組みたいなと」
堀尾「自分も最後、この4年間をぶつけるにふさわしい相手は誰だろうなと思ったときに、三橋だなと。三橋となら…やっぱり安心しますし(笑)」
三橋「なんで(笑)」
堀尾「三橋と練習するのも楽しいですし、やっぱり最後は三橋だなと。どんな結果になっても、絶対後悔はないなと思いました」
三橋「そうだね」
堀尾「あと3年前、最初にスポーツ推薦で入部した宮嶋先輩と新井先輩が組んでいたのを自分たちも見ていて、自分たちの中に残ったんですよね。なので、後輩と組んで残すということよりも、自分たちの演武が後輩の中に残ればいいなと」

――その中でも一番残したいものは何でしょうか。
堀尾「何だろうね。言葉にできないな(笑)」
三橋「先輩たちは優勝できなかったんですよね。それでも、自分たちの中では一番だと思っているので、そういう思いを後輩たちにも思ってほしいというか、記憶に残るような演武ができたらなと思います」
堀尾「感動を与えたいよね」

――構成についてはどのように決められたのですか。
堀尾
「最後なので、やりたいようにと。あと、四段を取ったので。四段が三段と同じことをしていても面白くないので、自分の構成に投げ技は全部五段技で」
三橋「いかついよね」
堀尾「女子の演武ではないよね(笑)」
三橋「そこが良さかなと(笑)」
堀尾「三橋は受け身がすごくきれいで、自分はどちらかというと投げの方が得意なんですよ。なので、自分の方が投げを多くしています」
三橋「いいところを生かしつつね」
堀尾「タイプが全然違うので、お互いの良さを出して終わりたいよね」

――五段の技はいかがでしょうか。
三橋「難しそうだなと。堀尾でさえ練習しているみたいな」
堀尾「いつも練習してないみたいじゃん(笑)。でも本当に難しいです。見た目できそうに見えても、しっかりやろうと思うとなかなかうまくいかなくて。関東の時もやってはいたのですが、完成までいかなくて。でも、今見せてもいいくらいにはなってきました」
三橋「まあね、一応ね」
堀尾「ここから磨きをかけていく感じですね。あと、練習していて、周りから『めっちゃ生き生きしてるね』と言われますね」
三橋「楽しいよね。同期とやるのは」
堀尾「もちろん後輩とやるのも楽しいですが、同期は特別なので」
三橋「他大とかにも堀尾さんに憧れている人はすごく多いんですよ。その人と組めるのはわくわくです」

――すごくお2人とも楽しそうに見受けられるのですが、大会を迎えるにあたって今までとは違いますか。
三橋
「今まではすごくプレッシャーを感じてきたことが多かったので、そういった面では今はあまり感じていないですね。安心感もあるので(笑)」
堀尾「色々な人と組んできて、最後かと思うと思い返してしまうんですよね。でも、今までも楽しかったのですが、やっぱり今回は安心感があって。自分をぶつけるだけだと思って思い切り練習できているので、気持ちは楽かなと思います。ただ、今までと違ったプレッシャーはかかってきているような気がします」

――堀尾さんは初の女性主将ということで1年間部をまとめられてきたと思うのですが、三橋さんから見て堀尾主将はいかがでしたか。
三橋
「本当にしっかりしているなと思いました。話から言葉遣いまで。みんなのことを考えて動いているんだなと思いましたね。部員のことを大切に思っているんですよね。一人一人から話を聞くのも大変だと思うのですが、その中でもできるだけみんなの良いようになるようにと。その分、ストレスはたまっているんじゃないかなと思いますけど(笑)。堀尾さんにしかできなかったことなんじゃないかなと思います」
堀尾「ストレスはそうでもないですけど(笑)。でも頭を抱えることは何度かありました。それも仕事のうちかなと。そういう役職を任されたからには、義務感と言うのはないですが、部がもっと良くなってほしいという思いだけでやってきました。みんながいるから部がある、一人一人が大事なので、そういうことを自分が発信することで、後輩たちにもそう思ってほしいというのはありますね」
三橋「今年は明治一丸という形でやってきて、全日本もできるだけみんなが出られる形でという風にやってきたので、そういう思いはぶれずにここまで来たと思います」

――演武で一番見てほしいところはどこでしょうか。
堀尾
「やっぱり自分は姿を見てほしいですね。明治に入れてくれたОB会長であったり、監督、コーチであったり。いらっしゃらないですが、自分たちを選んでくれた前島前監督には見ていてほしいなと思います。あとは、親に見てほしいですね。明治に来るときに親とケンカしたこともあって。今も親の前では意地を張ってしまうこともあるので、最後は『ありがとう』と言って終わりたいのですが、たぶん言えないので。演武で伝えたいなと思います」
三橋「自分たちにしかできない良さが出ている演武になっていると思うので、他大の人たちを含めて、後輩たちに伝えたいなと思います。今までに無いような感じかな」
堀尾「ドリーム演武かな(笑)。色んな意味でね。泣いちゃうかもしれないな、最後の演武終わったら」
三橋「高校で組んでいた同期が同じ部門なので、負けられないですね」
堀尾「しかも、その相方が自分の高校の後輩なんですよ」
三橋「因縁の対決だよね」
堀尾「少林寺拳法に打ち込めるのもあとわずかなので、全部三橋にぶつけたいです」
三橋「ぶつけ返します(笑)」

――最後に意気込みをお願いします。
三橋
「優勝します。絶対優勝します」
堀尾「絶対優勝します。あとは感謝の気持ちを伝えられるような演武をしたいと思うので、4年間全部こめてやりきりたいです」

――ありがとうございました。

◆堀尾 愛 ほりお あい 商4 姫路商高出 159cm
◆三橋 智恵 みつはし ちえ 政経4 成田国際高出 161cm


〜男女二段以上の部 伊藤・岡本組〜
 伊藤輝(政経3=中部一)・岡本みさと(政経2=富士見丘)組が見据えるのは「優勝」だ。今年の男女二段以上の部は他大の実力者が集まる激戦区。そんな逆境の中でも「圧倒的に勝てるように」(伊藤)と決してひるまない。2人の迫力ある演武を武器に頂点の道を切り開く。

――この組になった経緯を教えてください。
伊藤
「基本的に上が決めるんですけど、お互いの成長を考えてこの組になりました。自分も岡本と組んで成長する部分もあるし、岡本も自分と組んで学ぶ部分があると思うので」

――現時点での演武の完成度はいかがですか。
伊藤
「まだまだですね。残り1週間で詰めていきたいです」
岡本「全然先輩に付いていけてないです。こんなに力の差がある人と組むのは初めてです。付いていけるように頑張ったら成長できると思うので、努力しています」
伊藤「岡本はガッツが足りない(笑)。まあ、そういう部分も含め伸ばしてあげられたらいいなと思います」

――課題はどこにありますか。
伊藤
「細かい所です。2人の間合いだとか、リーチの差とか。まだ、お互いのスピードとかリズムが全然合ってないので、そこをどうにかしないといけないです。間合いを取ることももちろんそうですが、お互いの息がまだ合ってないので、そこをちゃんとやってから仕上げに入らないとぐちゃぐちゃになってしまいます。2人の息を合わせることが重要です」
岡本「実力の差がすごくあるので、付いていくのに時間がかかります。ただ、少しずつ慣れてきて、持っていかれないようにはなりました」

――演武の見どころはどんなところですか。
伊藤
「お互い体格が良い方なので、そこですね。男女でここまででかさを出せる組もそんなにないので、迫力とか勢いを見せられたらいいなと」
岡本「自分も恵まれた体格に生まれたので、それを生かしたいです。迫力を今まで出せていなかったので、先輩から迫力を学びたいと思います」

――プレッシャーはありますか。
伊藤
「プレッシャーで吐きそうです」
岡本「同じくです」
伊藤「お前はないだろ」
岡本「何でですか! プレッシャーは常に感じています」
伊藤「こいつ緊張とか危機感はないです」
岡本「そんなことないです。私は緊張症で、大会とかはいつも緊張します。緊張を良い方向へ持っていけたらいいなと思います。ただ、いつも緊張はほぐれないです。そろそろ緊張には慣れたいです」

――岡本さんはこれまでやってきて成長を感じている部分はありますか。
岡本「ガッツはまだ足りないのですが、前よりかは出てきたかなと。もともと気が強い性格ではないので、へこたれないように、というのはマシだと思います」

――全日本に向けて目標、意気込みをお願いします。
岡本
「優勝できたらいいなと思っています」
伊藤「いいなじゃない!」
岡本「優勝したいです! 男女は厳しくて険しいです。先輩方は、明治の男女と言われるくらいすごかったので、そう言われるくらい頑張りたいです」
伊藤「今回の全日本男女の部って激戦区らしくて。色々な大学から主戦力が男女で出てくる部門になってきます。そこでひときわ目立つような、そして圧倒的に勝てるように1位を目指します」
岡本「伊藤さんに色々気を使ってもらっているので、それに恩返しできるようにレベルアップしたいです。優勝します」

――ありがとうございました。

◆伊藤 輝 いとう ひかる 政経3 中部一高出 175cm・70s
◆岡本 みさと おかもと みさと 政経2 富士見丘高出 164cm


〜三人掛けの部 豊田・堀井・金親組〜
 過去最高の完成度で優勝を目指す。豊田竜大(商3=川越東)・堀井颯馬(商2=成田国際)・金親優希(政経1=桜林)組は、豊田を除く2人が三人掛け初挑戦となる。それでも豊田を中心に早くから取り組み、完成度を高めてきた。明大にとって鬼門ともいえる三人掛けの部を制覇する。

――この組で出場することとなった経緯を教えてください。
豊田
「なんかないの?(笑)」
堀井「自分としてはどの部門でもいいという風に伝えていたのですが、その中でも三人掛けの部門はまだ一度もやったことが無かったので、興味はありますという風に伝えていました。組演武と動きも違って、新しいことをすることが自分の刺激につながるのではないかなと思い希望しました」
豊田「自分は、男女か三人掛けに出たいと言いました。柔法が苦手なのですが、それが前回三橋先輩と組んで少しできるようになってきて。あと、三人掛けは流れが大変なので、そういう部分を学んでいったら、もっとスキルアップできるのではないかなと思いました」

――お2人は初めての三人掛けはいかがですか。
金親
「どう動いていいのかということも分からない状態からのスタートで、先輩からいろいろ教えて頂いて、自分の動きとして出来てきているなというのは最近になって実感できてきました。最初は、どうすれば良いのかというのが最初の印象でした」
堀井「自分も最初は何をしていいのか分からない状態だったのですが、だんだん慣れてくると組演武よりも三人掛けの1回の突き・蹴りの重要さが身に染みてきました。攻撃が入れ替わったりするので、一発の重要性を身に染みて感じています」

――練習は経験者の豊田くんが引っ張っているのでしょうか。
豊田
「いえ、引っ張っていくというよりは、みんなで一緒にやっていこうと思ってやっています」

――豊田くんは、後輩と組むのは初めてでしたよね。
豊田
「しっかり組むのは初めてですね。次期幹部なので、後輩と組ませてほしいということは伝えていました。引っ張っていきたいという思いもありましたが、二人に助けられました。引っ張っていかないといけないのかもしれないですけど(笑)」

――金親くん、堀井くんから見て、そんな豊田くんはいかがですか。
金親
「すごく引っ張ってくださっていると思います。何をやっていいか分からない状態からのスタートだったのですが、経験されている豊田先輩から指導して頂いて。本当についていくので精いっぱいというか。迷惑をかけてばかりです」
豊田「口だけ(笑)」
堀井「豊田先輩が軸になって、自分たちの話を聞きながら練習をしてくれるので、自分としてはやりやすいです。わがままも聞いて下さるので。練習は充実しています」
豊田「めっちゃいい先輩だな(笑)。過去2回は、先輩がいて引っ張ってくださったのですが、やるならみんなでつくりたいという気持ちがあって。不満がある中で練習しても絶対楽しくないですし、良い演武にならないなという気持ちがあったので。嫌なら嫌と言ってもらって、3人が納得する演武をしたいと思っています」

――お話を聞いていると、とてもうまくいっているように感じます。
堀井
「それはあと2週間で決まるのですが(笑)、今のところは、いい流れだと思います」

――演武で一番見てほしいところはどこでしょうか。
豊田
「今までと違うのは、スピード感ですね。あと、柔法がうまい2人が揃っているので、そのあたりですかね。あと2週間でどれだけ一発の重みを出したり、流れの中で出来たりというところが、今の課題ですね」

――完成度としてはいかがですか。
豊田
「今の状況を考えると、満足いっているというか、調子はいいと思います」
堀井「今の仕上がりとしては、いい状態かなと思います。逆に、今自分たちが持っている知識の中では、直せるところがないというか。そこまで仕上がれていると思います」
金親「先輩方のおっしゃっている通りです。いい状態できていると思います」
豊田「俺らが一番練習しているし、仕上がったよね」
堀井「三人が揃わないとなかなかできないので、時間的にはそれほど多い方ではないのですが、通す回数が多かったり、やり始めは早かったですね」
豊田他の組が構成をつくっている段階でもう構成が出来ていて、他の組が流し始めている間に、もう声を出して全力で出来ているという状況でした。自分が、もともと仕上がらないかもと焦っていて、いかに早く通せるかどうかを目標にしていたので。焦ってやってしまって申し訳ない(笑)」

――練習もいい雰囲気で出来ているみたいですね。
豊田
「あとは結果がついてくればいいけどな。勝負できると思います」
堀井「自分たちの納得いくものができれば勝てるんじゃないかと思います」

――他大のことは意識していますか。
豊田
「俺は日体をめっちゃ意識してる(笑)」
堀井「それはあります(笑)。でも、全部90出せば勝てるじゃないですか」
豊田「まず自分たちだよね。もう出来たので、あとは磨いていくだけかなと」
堀井「昨年も日体大の一番上手いところが優勝していて、今年の関東も優勝しているので、3連覇を狙っている学生チャンピオンを倒してやろうと(笑)」
豊田「ね、3連覇は阻止したいよね」
堀井「絶対勝つ気でいるんですよ(笑)。それを倒したいなと」
豊田「向こうにないものを自分たちは持っているので。もちろん、僕たちにないものを向こうも持っていますが、差を見せられたらなと思います。これまで経験してきた中では、一番の演武になりそうですね」

――最後に意気込みをお願いします。
金親「初めての全日本なので、まずは大会当日までの練習一日一日を大切にして、いい方向に持っていって…」
豊田「いい子ぶってるように聞こえるよな(笑)」
金親「(笑)。大会で一番いいものをやり切って、その結果、優勝できたらなと思います」
堀井「日体大を倒して、見せつけるくらいのものをつくって、堂々とやりたいと思います」
豊田「自分も優勝のみです。3人が納得する形でできているので、その延長線上に優勝があればいいなと思います。あと、経験ありますけど、優勝させてあげたいですね。優勝して、豊田先輩と組んでよかったなと思わせたいですね」

――ありがとうございました。

◆豊田 竜大 とよだ りょうた 商3 川越東高出 163cm・56s
◆堀井 颯馬 ほりい ふうま 商2 成田国際高出 168cm・60kg
◆金親 優希 かねおや ゆうき 政経1 桜林高出 176cm・72s


 今回で、3回に分けてお届けした全日本学生大会事前インタビューは終了になります。全日本学生大会での少林寺拳法部の活躍にご期待ください。


[少林寺拳法部担当一同]


ニュース
 
 この記事へのご意見はこちらからお寄せください。
 今後の明大スポーツ運営への参考にさせていただくほか、ご意見としてご紹介させていただく場合もございます。
 ※必ずEmailアドレスをご入力ください。
 ※htmlタグなど、一部本文中にご利用できない記号がございます。
Email: