検索
 HOME > 少林寺拳法部

少林寺拳法部  全日本学生大会事前インタビュー(2)

 全日本学生大会が11月1日に日本武道館で開催される。拳士たちが1年間の集大成を見せる舞台だ。5月に行われた関東学生では4部門で1位に輝くなど華々しい結果を残した。今大会も多くの拳士たちの活躍が期待される。本番が間近に迫った拳士たちの心境や意気込みを全3回に分けてお送りする。(この取材は10月16日、21日に行われたものです)

〜男子初段の部 小泉・柳澤組〜
 集大成は結果を狙う。小泉洋輝(文4=志学館)・柳澤太郎(文4=国分寺)組は、最後となる大会を前に「今までの大会よりも上位に入るチャンスがある」(柳澤)と手応えを口にしている。最上級生同士、男子同士だからこその迫力を武器に、全日本学生大会の頂点を目指す。

――この組になった経緯を教えてください。
小泉
「お互いの希望だと聞いています」
柳澤「二人とも組みたいと思っていたので、希望通りですね」

――今、練習で力を入れているのはどこでしょうか。
小泉
「自分としては、最後なので集大成を出そうと。なので、練習で新しいものをするのではなく、やってきたものの中から、何かを出せたらいいなと考えています」
柳澤「限られた時間の中で、最後ということは意識してしまうので、たくさん練習をしておきたいなと。練習量が少なくてうまくいかなかったという不完全燃焼のようなことにはなりたくないので」

――最後の大会、ということは意識しますか。
柳澤
「最後ということと、さらに最上級生同士で組んでいるということで、その相乗効果のようなもので意識してしまう部分はあります」
小泉「自分は意識していないですね。構成をつくった時には、最後なのでやりたいことをという形でつくらせてもらったのですが、練習の時は今まで通りに、という感じです」

――お2人で組むのは2年ぶりということですが、いかがでしょうか。
柳澤
「その間、女子と組んでいたりもしていたので、遠慮が一番いらない相手で(笑)。そういう意味ではやりやすさを大きく感じましたね」
小泉「全く同じですね。自分は1年半、女子としか組んでいなかったので、男子と組むのがすごく久しぶりで。色々な面で気を使わないで済むし(笑)」

――お2人の演武で見てほしい部分はありますか。
小泉
「5構成目の大車輪です」
柳澤「小泉が回るんだよね」
小泉「明治の演武で見たことがないものを初めてやります。やりたいだけだったのですが(笑)」
柳澤「自分はぼんやりとしかないのですが、男子でやるという意味でもこの2人の演武は迫力があるので。全体の話にはなりますが、お互いがガツガツやっていて、迫力の中で整ったものを見せたいですね」

――演武の完成度はいかがですか。
小泉「完成度を語れるレベルにあるかどうか…(笑)」
柳澤「やっと、迫力感とかを出すスタートラインに立ったという感じですね」
小泉「形がやっと成立してきて、ここから足していくという段階ですね。ちょうど、今日あたりから出していければなと」
柳澤「昨日、自主練習をして、固まってという感じです」

――過去の大会と比べて、大会を迎えるにあたっての意識の違いはありますか。
小泉「自分はアガリ症なので(笑)。あまり最後ということは考えずに、今まで通りやっていこうと思います」
柳澤「冷静に考えると、今までの大会よりも上位に入るチャンスがあるかなと。いい成績を取りたいという気持ちは、今までより強いです」

――最後に意気込みをお願いします。
柳澤「今回は最後ということと、さっきも言ったように上位に入るチャンスがあるかなと感じているので、それを逃さないようにしっかり練習をして、いいものを作り上げられたらいいなと。今は、そういう向上心がありますね。上を目指したいと思っています」
小泉「高校生の時は最後の大会でいい成績を残せず、少林寺拳法が嫌いになるくらいになったことが大学でこの部に入るきっかけになったので、4年間でどういう変化があったのかなと。それが良い変化につながる大会になればいいなと思います。そういう意味では、賞にもこだわりたいです」
柳澤「目標は、とりあえず入賞ですかね」
小泉「優勝と言っていい結果が残せたことがないからね(笑)」

――ありがとうございました。

◆小泉 洋輝 こいずみ ひろき 文4 志学館高出 172cm・67kg
◆柳澤 太郎 やなぎさわ たろう 文4 国分寺高出 170cm・58kg


〜女子初段の部 内田・村上組〜
 最後の舞台に臨む。内田桃香(政経4=高崎北)と村上志帆(政経4=わせがく高)は大学から少林寺拳法を始め、互いに切磋琢磨(せっさたくま)してきた。2年次には1年を通して組んでおり、今大会では1年半越しに組み演武を披露する。同じ境遇で修練を積んできた2人が、大舞台で有終の美を飾る。

――この組になった経緯を教えてください。
内田
「お互いが大学始めなので、思い入れがあって」
村上「私は、最初の組演武が内田とでした。最後は同期の女子と出たいと思って希望しました。1回組んでもういいかなとなったのですが、最後はやっぱりこの2人がいいなと思いました。あと、堀尾と三橋が2人で出るとずっと言っていたので、じゃあ私は内田とみたいな気持ちもありました」

――お2人で組むのは2年生以来ですが、当時組んでいたときの印象はありますか。
村上
「全日のとき間違えたことです。嫌な思い出(笑)。」
内田「もったいなかった! 間違えたのに6位で入賞できたので、間違えなかったらどこまでいったんだろうと。その後悔はすごくあります」
村上「今回はやり切りたいですね」

――今回は1年半越しのペアですね。
村上
「悪い感じにはなっちゃうんですけど、そんなに驚きはなかったね」
内田「うん(笑)。新鮮味はないよね」
村上「想定外の動きとかはしてこないので」
内田「やってた頃を思い出して、そういえばこんな感じだったな、みたいな」

――お2人はプライベートでの親交はありますか。
内田
「特に何もないときは、村上の家に行ったりします」
村上「2人で上野動物園に行きました。上野動物園安いよって」

――演武で見てほしい部分はどんなところですか。
内田
「攻撃しているように見えて、ただ形をなぞるだけではないようにというのを意識しています。」
村上「武道の部分をしっかり見せたい。迫力とか臨場感を出したいです」

――現在の演武で足りてない部分はどんなところですか。
村上
「スピードですね」
内田「私も今、それを思った」
村上「ビデオ見ていると、そこだけ際立っています。全体的にもそうだし、やっている所とやっていない所がはっきり見えてしまっているので、そこを詰めていきたいです」

――内田さんのアナウンスも最後になりますね。
内田
「そうですね、これも最後なので完璧にやりたいです。あとは演武に支障をきたさないように。前日武道館に泊まるのですが、夜遅くまで準備して、6時くらいに起きてまた準備始めるって感じなんです。睡眠時間が全然ない。それで前回間違えたっていうのがあって。今回はそれをないようにしたいです」

――最後の全日本に向けて取り組まれていることはありますか
村上
「最後だから何か、ということはないです。練習できる時間はちゃんとやるようにしています。ケガをしては元も子もないので」
内田「自主練の時間は今までよりやるようになりました。だらだらした時間が減りましたね」
村上「これまでは正規練習で疲れてしまって、その後も休憩って言ってだらだらみたいな感じが多かったです。そこが現在と違いますね」

――最後の全日本に向けて目標、意気込みをお願いします。
内田「当日は今までやってきたことを出し切りたいです。悔いのない演武を村上とできればいいなと。結果については本戦出場して入選できれば。女子団体も頑張ります」
村上「あそこでああすればよかったと大会が終わった後で思わないように、当日も練習でもやり切りたいです。それで結果が付いてきてくれればうれしいです。私は具体的な目標を掲げてしまうと気負ってしまうので、意識しすぎないようにしています。今までで一番の成績を取りたいです」

――ありがとうございました。

◆内田 桃香 うちだ ももか 政経4 高崎北高出 160cm
◆村上 志帆 むらかみ しほ 政経4 わせがく高出 158cm

次回の更新は10月30日の予定です。

[少林寺拳法部担当一同]


ニュース
 
 この記事へのご意見はこちらからお寄せください。
 今後の明大スポーツ運営への参考にさせていただくほか、ご意見としてご紹介させていただく場合もございます。
 ※必ずEmailアドレスをご入力ください。
 ※htmlタグなど、一部本文中にご利用できない記号がございます。
Email: