検索
 HOME > 硬式野球部

硬式野球部  序盤に大量失点し法大に敗戦 優勝は3回戦に持ち越し/東京六大学秋季リーグ戦

◆9・12〜11・1 平成27年度東京六大学秋季リーグ戦(神宮球場)
▼10・25 対法大2回戦
  明大2−8法大○
2回戦
明大
法大×

(明)●上原(2勝1敗)、水野、金子、星、齊藤―坂本
(法)○玉熊、熊谷―森川
【三】(法)柴田(1回)、森川(7回)
【二】(明)上西(2回)、佐野恵(3回)(法)柴田(3回)、畔上(6回)
(明)◇犠打1 小倉(1回) ◇併殺1 ◇残塁12 ◇盗塁0 ◇失策0
 勝利の胴上げは3回戦に持ち越された。先発・上原健太投手(商4=広陵)は立ち上がりを攻め込まれ、初回に2点の先制を許す。同点で迎えた3回、5安打2四球で一挙5点を失い上原は降板。打線は3回に佐野恵太内野手(商3=広陵)の適時二塁打で一度は同点に追いつくも、以降は法大投手陣を前にあと一本が出なかった。序盤の大量失点が響き2−8で試合終了。リーグ制覇を目の前に手痛い敗戦となった。

3回7失点と攻め込まれた上原
3回7失点と攻め込まれた上原

 先発のマウンドを託されたが、優勝を呼び込むことはできなかった。「気持ちに技術がついていかず、空回りした」(上原)。完全優勝を目前に臨んだ今試合、チームをここまで導いてきた「ドラ1」エースがまさかの炎上。3回を投げて7安打、与えた四球は4つ。2−2で迎えた3回、長打2本を含む5安打を浴び一挙に5点を失った。「対策されたことに気付くのが遅かった」と、法大打線に狙いを絞られたのはスライダー。投手有利なカウントへと追い込む前にとらえられ、そこに四球が絡んだことが大量失点につながった。「立ち直るかなと思ったところで崩れた。試合で力をだしてくれないと」(善波達也監督)と、今季最短となる3回KOに指揮官も苦言。同点に追いついた直後の失点だっただけに、大きなダメージとなった。

走者をためるもあと一本が出なかった
走者をためるもあと一本が出なかった

 得点圏に走者を置くも打線がつながらなかった。2死から3番・竹村春樹内野手(政経2=浦和学院)、4番・菅野剛士外野手(法4=東海大相模)が四球を選んで出塁。一、二塁と好機をつくると佐野恵が左中間深くにぽとりと落ちる2点適時打を放ち同点に追いついた。しかしその後は四球や安打で走者をだすものの、あと一本足出ず得点に届かない。9安打、5四死球を選ぶも12残塁。打線のつながりを欠いたことで勝機を逃した。

 運命の3回戦で勝利する。今季最悪とも言える8失点の試合を終え、グラウンドをあとにする選手たちの表情は曇っていた。しかし、山俊外野手(文4=日大三)の代役を担う上西達也外野手(営4=明大中野八王子)はこの日2安打。リードオフマンを務めた渡辺佳明内野手(政経1=横浜)も2安打を放つなど、好材料はある。完全優勝が懸かる3回戦。「明日は負けられない。今日の反省を生かす」(坂本誠志郎主将・文4=履正社)。敗戦を糧に、3回戦にすべてをぶつける。

★金子が今季初登板★
 金子大地投手(商1=春日部共栄)が今季初登板を果たし、2回無失点とリリーフの役割を全うした。「1点ずつ取っていけば勝てると思っていたので、流れをつくっていこうとマウンドに立った」。この秋、1年生投手がマウンドに上がるのはこの日が初めて。窮地を無失点で切り抜ける投球を見せるも「先輩方の優勝に貢献したかったが納得のいく投球はできなかった」と笑顔はなかった。

[星川裕也]

◆明大打撃成績◆
打順守備名 前
(三)渡辺(横浜).185中安  二ゴ中安  二ゴ  遊飛  
(中)小倉(関西).321投ギ  三振三振    三振    
佐藤(白樺学園).000                三振
(二)竹村(浦和学院).314二ゴ  四球  三ゴ  左安  左安
(右)菅野(東海大相模).256三邪飛  四球  三飛  右安  二ゴ
(一)佐野恵(広陵).279  二ゴ左中二  四球  三振  一ゴ
(左)上西(明大中野八王子).333  右二二ゴ  左安  二飛    
(遊)吉田大(佼成学園).225  四球  三安三ゴ    遊飛  
(捕)坂本(履正社).194  左飛  三ゴ  三振  三振  
(投)上原(広陵).091  遊ゴ              
水野(静岡)---                  
 宮崎(履正社).000      中飛          
 金子(春日部共栄)---                  
 山下(佼成学園).000          三振      
 星(宇都宮工).000                  
 橋亮(前橋育英)---              四球  
 齊藤(桐蔭学園)---                  
   35.256                


◆明大投手成績◆
名 前球数
●上原(広陵)22/3793.15
水野(静岡)01/32.08
金子(春日部共栄)410.00
星(宇都宮工)343.60
齊藤(桐蔭学園)163.52


◆ベンチ入りメンバー◆
10坂本(文4=履正社)山(文4=日大三)20西村(農4=智辯学園)
11上原(商4=広陵)橋亮(政経4=前橋育英)26吉田有(商1=履正社)
17柳(政経3=横浜)山下(政経4=佼成学園)27佐野恵(商3=広陵)
18星(政経3=宇都宮工)青野(商4=広島国泰寺)28佐藤(文3=白樺学園)
19齊藤(政経2=桐蔭学園)12牛島(営3=門司学園) 34宮崎(文2=履正社)
29水野(農2=静岡) 14吉田大(国際3=佼成学園)35石井(営4=履正社)
31金子(商1=春日部共栄)15渡辺(政経1=横浜)38加勢(理工3=札幌一)
菅野(法4=東海大相模)16竹村(政経2=浦和学院)
小倉(文4=関西)上西(営4=明大中野八王子)



勝敗表 第7週 10/25現在
試合勝利敗戦引分勝ち点勝率
明大---○○●○○●○○○●○○12.750
早大●●---  ○○○○○○.750
慶大○●●  ---○●○○●○○○11.636
立大○●●●●●○●---●○○○○13.462
法大●○●●●○●○●●---●○○13.385
東大●●●●●●●●○●●---1110.091



試合後のコメント
善波監督

「応援に応えられず申し訳ないです。上原は立ち直るかなと思ったところで崩れました。ファーストゴロでタッチして挟殺に持ち込めばいいものを、何をしているのか。上原もそこを乗り切れない。ずるずるといってしまいました。ここで力を出してくれないと。(上原の状態)ブルペンの調子がどうとかではなく相手との対戦だから、試合で力を出してもらわないと。(試合前に掛けた言葉)結束して勝ち切ろうと言いました。他の選手もしっかり力を出してもらいたいです」

チームを率いる坂本
「思った通りに中々いかない試合でした。焦りもあったと思います。明日は負けられないので、今日の反省をいかします。上原は良くなかったですし、法政も考えて打ってきているなと感じました」

3回7安打7失点と苦しんだ上原
「(序盤から思った球が投げられなかったか)気持ちはそんなにいつもと変わっているようなところはなかったです。雰囲気というか、技術的な部分で気持ちについて来れないというか、空回りしてしまっている感じがものすごくありました。(今まででこういう風で悪かったことは)ここまではないです。(序盤)打者が手を出してくるボールが全部スライダーでした。対策をしてきているのに、気づくのが遅かったのがああいう展開になってしまった原因。スライダーもまた打たれるか打たれないかわからないですけど、いろいろ考えてやっていきたいです」

今季初登板で役割を果たした金子
「先輩方の優勝のために貢献したかったのです。攻めるピッチングができていたかと言ったら納得のいくピッチングができていなかったので、今はただただ悔しいという思いしかありません。やはり自分のピッチングで流れを持ってくれば、序盤でしたし、1点ずつ取っていけば勝てると思っていたので、流れをつくっていこうという気持ちでマウンドに立ちました」

2安打で存在感を示した渡辺
「スタメンは今日の朝に決まりました。とりあえず何が何でも1勝するということをチームで言って臨んだんですけど、それがまた明日できればいいと思います。(2安打)自分自身も今シーズン調子悪かったんですけど、やっぱり誠志郎さんとかにも打てなくてもいいから初球からいけと言われて、開き直った感じでいけたので、そういうのがつながったかなと思います。(今まで思うような結果が出せなかったが)悔しかったですけど、いいところで1本今日出れたので今までの悔しさがあって良かったと思います。(明日)何が何でも優勝して、監督や誠志郎さんを胴上げしたいと思います」

ニュース
 
 この記事へのご意見はこちらからお寄せください。
 今後の明大スポーツ運営への参考にさせていただくほか、ご意見としてご紹介させていただく場合もございます。
 ※必ずEmailアドレスをご入力ください。
 ※htmlタグなど、一部本文中にご利用できない記号がございます。
Email: