検索
 HOME > バドミントン部

バドミントン部  女子1部悲願の昇格! 男子4季ぶりの2部降格/関東大学秋季リーグ戦1部2部入替戦

◆9・12〜21 平成27年度関東大学バドミントン秋季リーグ入替戦(千葉商科大体育館)
▼男子 
●明大2―3筑波大  
高野●1―2下川  
澁谷○2―0馬場  
高野・宮嶋組○2―0牧野・中里組  
小林・櫻井組●0―2馬場・下川組  
岡野●0―2新田
▼女子 
○明大3―1専大  
高原●0―2福永  
十河○2―0芝野  
高崎・村上組○2―0森・桶田組  
鈴木萌・瀬川組○2―0福永・芝野組
男女で明暗が分かれた。女子は専大との対戦で第1シングルスを落とすも続く第2シングルスとダブルス陣で3つの白星を挙げ、その時点でチームの勝利が決定。2季ぶりの1部昇格にうれし涙を流した。一方で男子は澁谷勇希(政経1=埼玉栄)や高野将斗(商3=埼玉栄)・宮嶋航太郎(商3=埼玉栄)組が勝利したが、あと一本取り切れず筑波大に惜しくも敗戦し天を仰いだ。

[男子]
 4季ぶりの2部降格となった。第1シングルスを落とすも、第2シングルスの澁谷と第1ダブルスの高野・宮嶋組は両者ともストレートで快勝。この時点であと一勝すれば明大の一部残留が決定したが、小林俊也(政経4=埼玉栄)・櫻井惠介(政経4=埼玉栄)組の第2ダブルスは完敗で勝負は第3シングルスの岡野伸哉(政経2=青森山田)に託された。岡野は大きなプレッシャーの中、必死に食らい付いたが相手のペースに飲まれて敗戦。2部降格に涙する結果となった。
 自分の流れを作れなかった。1セット目、高野はプレッシャーからか思うように動くことができず12―21と圧倒された。切り替えて2セット目に入ると持ち前のキレのあるスマッシュで責めのプレーを展開し、相手に揺さぶりをかける。しかし3セット目に突入するといきなり4―14と点差をつけられた。一矢を報いようと18―21というところまで粘ったが、結果は無念であった。「勝ちにいこうというよりも負けてはいけないという意識のほうが強かった」(高野)と強気で出られなかったことも敗戦につながった。
 チームの勝敗の狭間に立った。岡野は自分の1試合でチームが1部か2部かが決まるという、初めての状況の中で健闘した。観客席では両方のチームから一本ごとに歓声が沸き起こり、激しいプレッシャーを感じずにはいられなかった。1セット目、早くも3連取され追いかける展開に。18―21と健闘するも終始リードは奪えず、相手の勢いを止められないまま2セット目も10―21と敗戦した。

[女子]
 悲願の2季ぶり1部復帰だ! 7季連続での出場となった1部2部入替戦の相手は、幾度も1部の座を争ってきた青学大ではなく長らく1部の座を堅持していた専大。流れをつくりチーム力で勝利をつかみ取った。第1シングルスの高原美由樹(文3=埼玉栄)は相手のエースとの対戦となった。第1セットでは1―6から逆転、18―16まで優勢に試合を進めるが最後は相手に流れを奪われ19―21でこれを落とす。第2セットも互角に渡り合うもじわじわと引き離され15―21。白星は上げられなかったものの「いい流れをつくってくれた」(石田純コーチ)と気持ちを見せたプレーでチームを活気づけた。さらにそれを勢いづけたのが第2シングルスで出場のエース・十河茉由(商1=高松商)。立ち上がりから相手を圧倒し21―14で第1セットを獲得、第2セットは終盤に追いすがられたものの21―19とストレートで勝利を収め、流れを引き寄せた。続く第1ダブルスでも高崎真美(政経3=日本橋女学館)・村上晃(商2=青森山田)組が21―7、21―17のストレート勝ちを挙げてチームはがぜん波に乗った。最後は鈴木萌(商4=とわの森三愛)・瀬川桃子(商2=埼玉栄)組が「勝ち切ろうという強い気持ちでできた」(鈴木萌)と強気に向かい第1セットを21―17、第2セットを21―15で獲得。1部昇格を決め、選手たちからは満面の笑みがこぼれた。
ストレート勝ちした高崎(左)・村上組
"ストレート勝ちした高崎(左)・村上組

 厳しさを力に変えた。東京情報大戦での黒星で幕を開けた秋季リーグ戦。1部復帰の目標をかなえるため、初日にして試合を落とさず勝率で上回り逆転優勝をするしかないという苦しい状況に追い込まれた。そこで諦めなかった選手たちは「一人一人が強い気持ちで前を向いて戦えた」(石田コーチ)と逆境を乗り越え、最終日はそれまで全勝だった日大から勝利。2日目以降高い勝率を重ねてきた明大は目標通りの逆転優勝を達成した。
 春からの成長を見せた。春季リーグ戦入替戦では青学大に1―3で敗戦。あえなく1部復帰を阻まれた。勝利へのキーワードは「気持ちの強さがどこまで出せるか」(石田コーチ)。春季リーグであまり感じられなかったという1部復帰への強い思い。目覚めた選手たちはしぶとく戦い、気持ちを前面に押し出したプレーを見せた。秋季リーグ戦からの勢いそのままにチーム力で1部の舞台を勝ち取った。

女子の1部昇格が決まった瞬間
"女子の1部昇格が決まった瞬間

 男女で対照的な入替戦となった。男子は来春季リーグ戦を4季ぶりに2部で戦うこととなった。東日本選手権制覇から一転、苦しみ続けた秋季リーグ戦。まずは2週間後に迫るインカレでの再起を図りたい。女子は2季ぶりの1部復帰を決めた。強い気持ちでつかみ取った舞台でいかに躍動できるか。来季の挑戦に期待が懸かる。

★石田コーチ、最後のリーグ戦★
 今季限りで退任する女子指導の石田コーチ。指導もインカレまで、次週には大阪への引っ越しもあり東京でチームを見るのは今日が最後となった。7季連続の入替戦を経験し昇格も降格も残留も、さまざまなチーム状況の中で選手たちの面倒を見続けてきた。秋季リーグ戦初日の敗戦では「目の前が真っ白になった」(石田コーチ)と厳しいスタートとなったが選手たちが奮闘。一丸となって最後のリーグ戦で1部復帰を決め、退任に花を添えた。

 
[谷澤優佳・長縄里奈]


試合後のコメント
鰐川コーチ
「今日は当然頭3つで勝つつもりだったけど、もしそこで取れなくても4年生の二人のダブルスが取りきってくれるだろうと思っていた。けれどプレッシャーに負けてしまっていたのか、うまくいかなかった。特に入替戦では一つ取られたらかなりのプレッシャーだったと思う。非常に残念。本来の実力差で言えば、私たちの方が上だったからこそ非常に悔しい。相手のシングルスもそれぞれのパターンがあったのかもしれないけど、これから1部でもっと上を目指さないといけないからたとえエースに当たったとしても勝てる相手だった。だからプレッシャーに負けてしまったのが一番の敗因。個々のスキルを上げていくことが必要。今日の試合で良い動きをしたのは澁谷。点を取られている時も、自分から仕掛けにいってミスをしているからメンタル的には良い。かみ合っていない部分はあったけれど、レベル自体は全体的に上がっているから(今後は)対外試合を増やしながらメンタル強化もしていかなければならない」

石田純コーチ
「秋リーグ初日に東京情報大学に2―3で負けてしまって、目の前が真っ白になってしまってどうなるかと思ったけれど、現場のコーチはとにかく諦めないで同率1位、相手を同じ1敗に持ち込んで勝率で上回って逆転優勝するしかない。それを信じて4―1、4―1、5―0ってその後うまく戦えた。それが最終日に当たったそこまで全勝だった日大にプレッシャーかけられて、うちが勝てたと思う。だからリーグの時からしっかりと初日の負けを取り返すように一人一人が強い気持ちで前を向いて戦えたことが今日につながっているのではないか。コーチとしては7季連続の入替戦。落ちたのは昨年秋の1度だけで、あとは1部最下位の防衛戦と2部から1部に上がる時。7季やっていると入替戦の雰囲気は熟知しているし、守る気持ちと上がりたい気持ちの両方やっている。2部から1部へというのは守る方ではないのでとにかく気持ちの強さがどこまで出せるかということが勝つためのキーワードだった。やるのは選手だから、今回はリーグ2日目からの強い気持ちが持続できたということだと思う。こればかりは団体戦とはいえうちは単複兼ねている選手がいないから、1人1ポイント取るしかない。それを誰かが取ればいいやではなくて、自分が取るという気持ちにならないと3ポイント取って勝つことはできないと思う。今日はオーダーとしては相手のエースの福永彩選手は厳しいなと思っていたので森キャプテンをトップというよりは、2―2で回った第3シングルスで出るより高原美由樹ってトップシングルスのプレッシャーがない方が実力が発揮しやすい。今日も強い相手に向かっていけて1ゲーム目ずっとリードしていた。1ゲーム目1―6までリードされていてもしっかり我慢して追い付いてもう少しで勝てそうというところまでいけたし、非常に惜しかったけれどいい流れをつくってくれたと思う。十河茉由は1年生ながらうちのエースだけれどちょっとリーグ前半調子が落ちていて、東日本はベスト8入ったから調子いいのかなと思ったんだけど精神的にも肉体的にも疲れてたのかずっと調子悪かった。すっきりした試合ができてなかったから、ましてや今週もリーグ終わってすぐに国体の強化合宿があったりして全然休めてないから今日ちょっと心配したけれど、でも第2シングルスとしてしっかり相手の2番手に勝つっていう仕事をしてくれた。十河の勝ちがなかったらその後ダブルスもどうなっていたか分からないし、それで1―1に戻してくれた。高崎・村上組はリーグ全勝しているし去年のインカレでベスト16にも入っているうちのエースだから、しっかり自分たちの持っている力を出してくれた。相手も入れ替えてきて第2ダブルスだったので、とはいえやっぱり1部でもまれてきた子たちだから1、2年生とはいえなかなか球も強くてやりにくかったと思うけれど、しっかり勝ち切ることができた。向こうのダブルスエースの福永・芝野は第2に回ってきたけれどうちはタイプが違うだけで高崎・村上と鈴木・瀬川って両エースくらいの力がある。だからしっかりプレッシャーかけられるというか専修を追い詰めるまでできた。そこで2―1になっていることでかなり強気に、向こうも下向いていたりしたので最後圧倒できたんじゃないかなと思う。集中切らさなかったのがよかった。最後仮にどこかで負けていても森キャプテンが勝ってくれると信じていたしこの入替戦は正直負ける気がしなかった。部員たちが目覚めてくれたのと強い気持ちで戦ってくれたから。何より専修が入替戦って何十年も経験していないから、青学と早稲田と当たるよりは全然やりやすかった。明治は専修に全然勝っていないのでそういう安心感が向こうはあったと思う。第1シングルス取られたけれど、いつも上2つ取られても下3つが勝負だし、そこは部員もコーチも全然諦めてないのでしぶとく戦った。うちのしぶとく戦ったチーム力の勝利。気持ちが2部でいいやでなくて、1部に上がりたいという気持ちがない時は上がれない。春がそうだったし森キャプテンもそうだったし高原もそうだったし。十河なんかは怖いものなしでやっているけれど何かピリッとしない、本当に上がる気あるのかという、そういったぬるま湯に楽だし気持ちいいから浸りがち。でもそれでいいかどうかは、勝負への厳しさがあるかないかは選手次第なので。春は全然なかったけれど、コーチが何かしたわけではないのでどこがきっかけになったかは分からないけれど、選手たちが目覚めたんだと思う」

小林
「正直、リーグ戦ですごく申し訳ない試合して、それもあって絶対勝ちたかったから何もできずに負けたのは悔しい。一番にプレッシャーかかるというのは分かっていたけど、それでも自分たちに回ってきた時は勝っていた訳で、自分らが勝たなくちゃいけなかった。第3シングルスに岡野がいて、心のどこかで岡野じゃ勝てないかもしれないって思っていた自分がいて、チームメートを信頼できないまま勝手に自分にプレッシャーをかけていた。それで負けてしまったから、一番キャプテンとしても情けない結果になってしまった。東日本優勝していたから2部には落ちないっておごりがあった。2部降格という後輩にとっての足かせを付けてしまって申し訳ない。試合も負けないように戦っていて、そのときに出てたプレーこそが実力だと思った。東日本優勝のときのプレーばっかり残っていて、結局そのプレーはそれ以来できていないから奇跡だったとしか言いようがない。あと少しでインカレもあるから、今回チームに迷惑かけてしまった分最後団体で出し切って、チームに1ポイント上げて東日本同様に優勝できれば良いと思う。(後輩に対して)やっぱりリーグ戦重視の明治としては1部の上位で活躍してほしい。そのためにリーグ戦だけじゃなくて、どの大会でも結果が残せるようにしてほしい。来年のチームは全てにおいて優勝できるチームだと思うけど、一方で今回みたいに全てにおいて足元すくわれてしまうかもしれないから、来年のキャプテンには両方あり得るということを肝に命じて失敗を繰り返さないでほしい」

高野
「(団体戦の中でキーパーソンだったが)自分の中でもそれを意識しすぎて、緊張で固くなっていた。もっとのびのびできたら自分のプレーができた。出させてもらっているのに結果負けてしまって、勝てたらよかったけれど、こんなに悔しい思いをするくらいなら出さなくてもよかった。足の調子とかは悪いとかはないけれど、勝ちにいこうというよりも負けてはいけないという意識のほうが強かった。自分で自分にプレッシャーをかけてしまった。(一番の敗因は)自分の流れをつくれなかったところ。2セット目はいけると思っていたが、3セット目で相手のペースに飲まれてしまったので、そこは切り替えていきたかった。(次のインカレは4年生との最後の大会となるが)リーグがこんな結果になってしまって、2人は就職して続けるか分からないけれど、最後の締めくくりとして良い結果をプレゼントできればいいと思う。2部に落ちて気持ちが滅入ってしまうかもしれないので、次期部長を中心に頑張りたい」

ニュース
 
 この記事へのご意見はこちらからお寄せください。
 今後の明大スポーツ運営への参考にさせていただくほか、ご意見としてご紹介させていただく場合もございます。
 ※必ずEmailアドレスをご入力ください。
 ※htmlタグなど、一部本文中にご利用できない記号がございます。
Email: