検索
 HOME > バドミントン部

最終戦でチームの勝利を決めた小林(右)・櫻井組

バドミントン部  男女ともに最終戦制す 両者入替戦へ/関東大学秋季リーグ戦

◆9・12〜21 平成27年度関東大学バドミントン秋季リーグ戦(日体大米本記念体育館)
▼男子(1部リーグ)
○明大4―1日体大
  澁谷●1―2松村
  小笠○2―1小本
  高野・宮嶋組○2―0松居・玉手組
  小林・櫻井組○2―0千葉・松村組
  岡野○2―1森田
▼女子(2部リーグ)
 ○明大3―1日大
  森●0―2山川
  十河○2―0小野寺
  高崎・村上組○2―0東城・山家組
  鈴木萌・瀬川組○2―0山川・小野寺組
  ※この時点で順位確定のため試合打ち切り
 リーグ戦を男女共に勝利で終えた。男子は日体大との対戦。第1シングルスを落とすも小笠裕貴(政経2=名経大市邨)が第2シングルスで熱戦を制しチームに流れを呼び込む。勢いづいたチームはその後3連勝し4―1で勝利。今リーグ初の白星を手中にした。女子は日大に3―1で快勝。最終成績を男子は1勝4敗の1部6位、女子は4勝1敗の2部1位とし、ともに入替戦出場が決まった。

 最後は最上級生ペアが勝利を決めた。2―1で勝てば勝利が決まる第2ダブルス。小林俊也主将(政経4=埼玉栄)・櫻井恵介(政経4=埼玉栄)組が大一番に臨んだ。1セット目は序盤からリードを広げるも終盤17―13から5ポイント連取され逆転を許す。しかし「焦らず踏ん張れた」(小林)と我慢強いラリーを展開。相手のミスを誘い23―21でこのセットをものにした。続く第2セットは一転、2―9と序盤からリードを広げる。しかし今日の小林・櫻井組はここで集中力を切らさなかった。そこから7連続でポイントを取得し同点とすると、終盤に引き離し21―16で勝利。「いつもチームの負けを決めていたので、勝ちを決められてうれしい」と小林。4年生にとって今日が最後のリーグ戦。今季初勝利は日体大を下す大きな勝利となった。

 チームに流れを呼び込んだ。小笠は第2シングルスで出場。第1セットは緊張から9―21と大差で落とす。しかし2セット目から攻めの姿勢に。思い切りのよいプレーで相手を攻め立てた。「点数の取り方もうまくいったので余裕ができた」と中盤に相手を引き離し21―15で、続く3セット目は終盤に得点を重ね21―18で取得し逆転勝利を収めた。「試合を振り出しに戻せてうれしかった」と相手の打球がネットに引っかかり試合を決めると、両手を挙げて体いっぱいに喜びを表現した。「走ったんだから粘りでは負けないという自信があった」(小笠)。夏合宿では1日に14qの走り込み。練習量が自信へと直結し、この試合の苦しい場面でも決して折れなかった。「今日は小笠が粘ってくれたことが完全に勝因」(小林)。東日本シングルスで準優勝を果たした相手を下し、その1勝だけでなく以降の3勝をも呼び込んだ。

[女子]
 2季連続で2部を制覇し入替戦への切符をつかんだ。トップシングルスで出場した森朝香(文4=埼玉栄)が敗れたものの、後続がストレートで3連勝。試合の勝利を決定付けると同時に優勝も決めた。
 悪い流れを断ち切った。「引きずらずに勝ち切ったのがチームとしていいところ」(森)と第1シングルスをストレートで落としても、相手を勢いに乗らせなかった。第2シングルスでは十河茉由(商1=高松商)が主導権を握り、第1、2セットとも21―16で取りストレート勝ち。一気に流れを引き寄せた。高崎真美(政経3=日本橋女学館)・村上晃(商2=青森山田)組もストレートで勝利を決め勢いをつけると、鈴木萌(商4=とわの森三愛)・瀬川桃子(商2=埼玉栄)組も圧勝。「ミスしないで落ち着いてやるというのを意識した」(鈴木萌)とネットにかけた回数は数えるほど。着実に得点を重ね21―9、21―11で第1、2セットを獲得、試合を決めた。
 
 目指すのは男女共に1部だ。男子は1勝4敗で1部最下位、女子は4勝1敗で2部1位となり共に1部2部入替戦に臨むこととなった。最後の最後で1勝をもぎ取った男子は2013年度の秋季リーグ戦で1部に昇格して以降、入替戦に回ることなく1部残留を決めてきた。現在の2年生以下にとっては初めての舞台となる。1部残留を懸けた対戦相手は2部全勝優勝を果たした筑波大。相手の勢いに押されることなく勝ち切り、1部残留を決めたい。女子は6季連続の入替戦。2季ぶりの1部復帰に向け大事な切符を得た。今回の相手は幾度となく入替戦で当たってきた青学大ではなく、全敗で1部最下位となった専大。「入替戦で勝たないとこの優勝が無駄になってしまう」(鈴木萌)。初戦を落とし、苦しみながらもつかんだこの2部優勝を1部へつなげてみせる。男女共に1部を懸けた運命の一戦へ、万全の状態で挑む。

[原大輔・谷澤優佳]

試合後のコメント
小林

「人生最後のリーグ戦なので、楽しくやろうと思ってやれたのが逆にリラックスできたと思う。1ゲーム目終盤は油断。足止めて油断して一気に逆転された。ただそこで焦らず踏ん張れたのが1ゲーム目取れた理由だと思う。終盤は相手よりも決め球ない分こっちが先にミスしたら絶対勝てないというのが櫻井も自分も強くあった。それがしっかりできたからこそ勝てたのではないか。2ゲーム目は出だしが駄目で、そこでいつも集中力が途切れてしまうが、そこでも踏ん張れて追い付けて終盤勝負に持ち込めた。終盤はサーブから有利にできて7連続で得点できた。自分たちの流れでラリーするためにはサーブが大事。櫻井がきれいに入れてくれてたので助かった。2ゲーム目の最後は東日本で優勝を経験したときに最後はいつも通り、勝ちを意識せずやれて勝てたので、それを持っていつも通りと声を掛け合ってやれたのが得点になった。いつもチームの負けを決めていたので勝ちを決めれたというのはうれしい。でも入替戦なんで、そこはもう一回頭の中整理してしっかり準備して臨みたい。相手はチャレンジャーですけど、だからといっておごりがあったら足元すくわれて負けてしまう。かといってそこで縮こまってもなにも生まれないと思うので思い切りやる。やってきたこと出し切れば絶対勝てると思う。入替戦へこの1勝は自信になると思う。今日は小笠が粘ってくれたことが完全に勝因。粘り続けて、相手が嫌になるまで自分のプレーをやり抜いたというのが良かった。明大が負けるときは自分のプレーがやり切れなくて負けている。それが今日の小笠は自分のプレーをやり切って勝ててよかった」

小笠
「今季はずっと1年生が勝ってて自分もあまり出れていない状況だったので、自分がここで勝たないといけないと臨んだ。1ゲーム目はプレッシャーが緊張に変わって足を止めてしまった。澁谷は1ゲーム目楽勝してそのあと2ゲーム、3ゲーム取られたので、逆に僕はできるんじゃないかと前向きに考えた。2ゲーム目からは自分から攻めれるようにした。点数の取り方もうまくいったので余裕はできた。ファイナルは自分が負けるとは思わなかったので思い切って攻めることができたのでよかった。メンバーチェンジとかでなく普通に勝ったのは初めてだった。1ー0で負けていたのを振り出しに戻せたのですごくうれしかった。入替戦は気負わず、普通に自分たちのプレーができればわけない相手だと思うので、1部というプライドを持って戦いたい。今日きつくなったときに夏合宿で毎日14Km走ったこととかを考えていて、こっちは走ったんだから粘りでは負けないという自信があったので粘れた。これが最下位でもう上がるしかないので、これを良かったと捉えてやるしかない」


「私がトップシングルスであまり納得できない試合をしてしまったので反省だけれど、次の十河茉由ちゃんからしっかり流れをまた戻してくれた。ずるずる引きずって次も悪い雰囲気とかにならずに勝ち切ってくれたところがチームとしていいところだったと思う。(自身の戦いは)春も負けた相手だったので考えてビデオとかも見て研究していたけれど、向こうの方がレシーブ力もあってタッチの速さとかも全然私よりも上だった。そういうところでしっかり我慢してつなぐということができなかったので、そこが今日の反省点だったかなと思う。(入替戦に向けて)まだ誰が出るか分からないけれど、私も最後という意地で絶対に勝ちたいと思うし周りも最後1部に上がってから終わりたいので、この1週間でもっともっと調整して、またベストで試合ができるようにしたい。ケガをしないように明日は疲労回復をして、残りはとにかく自信とか付けられるように。試合中とかにそれぞれ反省点とかあると思うので、それを今日中に見つけて一つでも不安な部分とかないように、ゲームする時にも考えてやるのが大事だと思う」

鈴木萌
「優勝争いだったので、とりあえず勝つしかなかったので向かっていく気持ちでみんなできていたと思う。昨日もそんなに緊張せずにリラックスしてできたので、今日も同じように落ち着いてやっていこうと思った。最初に2本取ってくれていたのでその分気楽にできてよかったと思う。ミスしないで落ち着いてやるというのを意識して、向こうもあまり組んでないペアだったのでそこの穴、真ん中とかを使ったりした。(入替戦に向けて)もう何回も入替戦経験して、入替戦で勝つのは大変だとは思うけれどせっかく2部優勝していけるので、次はまた1部に復帰して後輩はまた1部で戦えるようにしっかり4年生最後なので勝って終わりたいかなと思う。(今リーグ戦を振り返って)初戦がちょっとふがいない試合をしてしまって、でも初戦で駄目だったところをしっかり反省して後半3戦は落ち着いてできた。そこは自分たちとして成長したところかなと思う。入替戦で勝たないとこの優勝が無駄になってしまうので、しっかり入替戦で継続して勝てるようにしていきたい」

高原美由樹(文3=埼玉栄)
「春はケガでケガから復帰しての秋リーグだったから、前みたいにキレだったり体が戻ったかというと分からないけど、持っているものは全部出せたと思うから良かった。(入替戦は)チャレンジ精神でみんなで力を合わせて向かっていけばいけると思うので全員で勝ちにいきたいと思う」


ニュース
 
 この記事へのご意見はこちらからお寄せください。
 今後の明大スポーツ運営への参考にさせていただくほか、ご意見としてご紹介させていただく場合もございます。
 ※必ずEmailアドレスをご入力ください。
 ※htmlタグなど、一部本文中にご利用できない記号がございます。
Email: