検索
 HOME > バドミントン部

第1シングルスを制し喜ぶ森

バドミントン部  男子は日大に惜敗でいまだ勝ちなし 女子は東女体大に完勝/関東大学秋季リーグ戦

◆9・12〜21 平成27年度関東大学バドミントン秋季リーグ戦(日体大米本記念体育館)
▼男子(1部リーグ)
明大2―3日大○
  澁谷●1―2原口
  水間●0―2間瀬
  高野・宮嶋組○2―1岡村・山村組
  小林・櫻井組●1―2間瀬・原口組
  高野○2―0猪熊
▼女子(2部リーグ)
 ○明大5―0東女体大
  森○2―0三島
  十河○2―1千々波
  高崎・村上組○2―1吉澤・関町組
  鈴木・瀬川組○2―0細川・柿本組
  高原○2―0飯村
またしても男女で対照的な結果となった。秋季リーグ戦4日目、男子は明大と同じ3連敗中の日大との試合だった。第1、2シングルスを落としチームカウント0―2と後がなくなってしまう。迎えた小林俊也主将(政経4=埼玉栄)・櫻井恵介(政経4=埼玉栄)組の第2ダブルスは健闘するも、ファイナルセットを取られて日大に敗れた。いまだ勝ち無しと1部リーグ最下位に落ち込んだ。女子の日女体大戦は森朝香(文4=埼玉栄)がストレート勝ちしたことで勢いがつき、5―0で見事圧勝。2部リーグ優勝に向け大きな前進を果たした。

[男子]
 流れをつくれなかった。今季リーグ戦で初めてシングルス2つを落とし、完全に日大に勢いを持っていかれた状態で高野将斗(商3=埼玉栄)・宮嶋航太郎(商3=埼玉栄)組が登場。第1セットは主導権をにぎり21―17で取ったが、第2セットでは先行を許し追いかける展開に。16―15と逆転するも2球連続でサーブレシーブをネットに引っ掛けるなど4連続失点で再度ビハインドを背負う。18―19と追いすがったものの2ポイントを取られ「弱気になってしまうところがあった」(高野)セットを奪われた。第3セットは高いスマッシュの決定率を見せ21―14で獲得。セットカウント2―1で白星を挙げ、チームに望みをつないだが「勢いを変えたかったのでしっかり2―0で勝てればよかった」(高野)と流れを完全に引き寄せるような勝利にはならなかった。
 追い上げも一歩及ばなかった。続く第2ダブルスで出場したのは小林俊也主将(政経4=埼玉栄)・櫻井恵介(政経4=埼玉栄)組。「2人が全然かみ合わなかった」(小林主将)と第1セットを12―21の大差で奪われた。しかし背水の陣となり開き直ると一転、第2セットは10―15の場面から一気に7連続ポイントで逆転。一時は点をひっくり返されたものの21―19でこのセットを取り返し、勝負の行方はファイナルセットに委ねられた。「勝負が懸かってくるので意識してまた前半縮こまってしまった」(小林主将)とインターバルを5―11で取られ、またも苦しい状況に追い込まれた。11―18から4連取で逆転勝利に向け粘り強さを見せるが、激しい高速ラリーの末に相手に19点目を取られ万事休す。16―21でファイナルセットを落とし、チームの敗戦が決まった。
 最後の一戦こそは勝利をつかむ。3連敗同士だった日大との試合に敗れ、入替戦回避まで後がない状況だ。リーグ戦最終日の相手は日体大。明大は春季リーグ戦、東日本学生選手権のどちらでも勝利を収めた。昨年度秋季リーグ戦優勝校でもある強豪だけに簡単に勝てる相手ではないが「今年の明治は日体には負けないというのが欲しい」(小林主将)。チーム全ての力で最後の試合に臨む。

[女子]
 キャプテンが仕事をした。森が第1シングルスを制しチームに流れを呼び寄せた。森は第1セットからコースの効いたスマッシュを幾度となく打ち、三島(東女体大)にネットを越えさせず。森のペースで21―12と難なく1セットを獲得。しかし第2セットは打って変わって接戦となってしまう。「2セット目で勝ち切れないのが私の弱いところ」(森)と1―0と優勢な状況で勝ち急ぎやすい森は3日目の慶大戦で第2セットを落とし相手に勢いを与え、そのまま第3セットも取られ黒星となっていた。この試合でも2セット目が始まってから次第に森のミスが増えていき、点差が思うように開かない。それでも「昨日の時点で修正できた」(森)と冷静なプレーを心掛け、はやる気持ちを我慢した。終盤はしっかり調子を取り戻し、点数を重ねストレート勝ち。続く第2シングルスの十河茉由(商1=高松商)、第1ダブルスの高崎真美(政経3=日本橋女学館)・村上晃(商2=青森山田)組はともにファイナルセットまでもつれるも白星を挙げた。後続が勝ち切れたのは森が生み出したチームの流れがあってこそ。春季リーグ戦では惜しくも勝ちがなかった森だが、今季は真の女子キャプテンとしてチームを引っ張っている。

 泣いても笑っても秋季リーグ戦最終日だ。男子は痛恨の4連敗となっているが最後の日体大戦では勝利を挙げたい。女子は2部リーグ優勝へ日大戦での勝利は逃す訳にはいかない。「今日の調子でいったら勝てる」(森)とこの流れを最後まで切らさないことが求められる。男女共に勝ち笑顔でリーグを終えたい。

[谷澤優佳・渡邊弘基]

試合後のコメント
小林主将
「上2つ先に取られてしまって後ろにプレッシャーがかかって、シングルス2つの内どっちかは取りたかった。水間(陽介・政経3=札幌一)のシングルスはチームに流れを持ってくるというよりも、向こうに流れが傾いていたところを完全に持っていかれたような感じだった。それの尻拭いをするのがキャプテンや最上級生の使命だったと思うので、まだチームの勝敗がつかずにつなげられる場面で回ってきたのに負けてしまったというのはすごく悔しい。シングルス2つ負けた時に昨年のを思い出してまたこういう展開かと思って、むしろ開き直ってできたというか、経験していた数が多かった分そこであまり気負うことはなかった。(第2セットで巻き返したが)開き直れたのがよかったけれど、1セット目はがちがちになったわけではないけど2人が全然かみ合わなくて駄目だった。2セット目は開き直ってかみ合って1ゲーム逆転して取れた、というので勢いに乗れればよかったけれど、ファイナルはそれはそれで勝負が懸かってくるのでまた意識して結局また前半縮こまってしまって、後半最後の方相手が余裕を持ってやれるようになったあたりから開き直ってプレーしたという感じだった。もっとさっさと開き直っていれば勝てたと思う。(明日は日体大との一戦となるが)春、東、ともに勝っているので、もう1勝する。今年の明治は日体には負けないぞ、というそういうのが欲しい。チーム全員がかみ合えば勝てると思うので、明日しっかり勝つ」

高野
「0―2という状況で来たので勢いを変えたかったのでしっかり2―0で勝てればよかった。2ゲーム目は試合の中で余裕はあるけれど、ふとした時に気が抜けるというか弱気になってしまうというか、そういうところがあったので明日はしっかり出だしから気を引き締めて最後まで出し切って勝てればいいと思う。最初の1、2戦とかで自分たちが負けてチームの足を引っ張ってしまったので、0―2とかはあまり気にせず来たら勝とうという意識だけで取り組んだ。トップの澁谷(勇希・政経1=埼玉栄)が負けてしまったけれど、全体としても今まで澁谷が3勝していた状態だったのでどこかまかせっきりではないけれど、こいつは取るんじゃないかという雰囲気になっていたところで最後勝ち切れなったというところがもしかしたらあるのかもしれない。多分そういうところもあったと思うので、明日最後全員でしっかり出た人が絶対取るくらいの勢いで。毎回それで臨んでいるとは思うけれど、そこの思いを強く持ってもっと臨みたいなと思う。(明日は日体大との一戦になるが)前に勝っていることは一回忘れて、あまり意識をすることなくしっかり自分の力を出し切って、悔いだけは残さないように戦いたい」


「(第1シングルスを振り返って)今日の勝敗は振替戦に行けるかどうか関わっていて大事な初戦だと思い、全力を出せるようにした。(実際に流れを作れて)自分の中で勢いよくできたから、後ろで見ているベンチの人たちにもいい流れを作れたんだと思う。(1セット目に比べ2セット目の方が苦戦されていたが)昨日もそうだったが、1セット目は取れるのだが2セット目で勝ち切れないのが私の弱いところだが、そこを昨日の時点で修正できた。2セット目にちゃんと我慢し切ることを特に意識したら勝てたから良かった。(チームポイント5―0で勝てたことは)結構強い相手だったから、4―1か5―0で勝たなければいけないというのがあったのだが、正直5―0なのはあまりないと思っていた。でもみんなしっかり勝ってくれて良かったです。(明日の日大戦は)今日の調子でいったら勝てると思うが、集中が少しでも切れてしまったら向こうものってくるから、このまま集中を切らさずに私が流れを作り、キャプテンとして頑張りたい」

高崎
「5―0で勝たないとって気持ちでみんなやっていたから、1人1人がちゃんと自分の仕事を果たせて良かったと思う。(第1ダブルスは)本当は2―0で勝てなくない相手だったけど、結構相手がラリーしてくるタイプで自分たちもラリー負けしていなかったが、相手に点数をあげてしまい、結構ギリギリな試合になってしまった。しかしちゃんと勝ち切れたのは良かったと思う。(3セット目の切り替えは)2人で1ゲーム目の始めだと思いリセットしてやろうって話し合ったのがすごくよく後に引きずらずできた。(2セット目取られてしまったことについて)ラリーが結構長くていつもの自分たちじゃない相手に合わせたプレーをしてしまった。(3セット目の切り替えを経ても1セット目よりも苦労したいたが)切り替え切れていないのが、後半とかに響いたと思う。(あとは日大との試合だけだが)日大も決して弱くない相手だから、絶対にみんなで一つになって勝ちたい」


ニュース
 
 この記事へのご意見はこちらからお寄せください。
 今後の明大スポーツ運営への参考にさせていただくほか、ご意見としてご紹介させていただく場合もございます。
 ※必ずEmailアドレスをご入力ください。
 ※htmlタグなど、一部本文中にご利用できない記号がございます。
Email: