検索
 HOME > バドミントン部

バドミントン部  男子は法大に敗れ3連敗、女子は慶大を下し2連勝/関東大学秋季リーグ戦

◆9・12〜21 平成27年度関東大学バドミントン秋季リーグ戦(日体大米本記念体育館)
▼男子(1部リーグ)
 明大2―3法大○
  澁谷○2―1関口
  岡野●0―2佐野
  高野・宮嶋組○2―0日光・西組
  小林・櫻井組●0―2河崎・藤野組
  水間●1―2西川
▼女子(2部リーグ)
 ○明大4―1慶大
  森●0―2高瀬
  十河○2―0川原
  高崎・村上組○2―0高瀬・小松組
  鈴木・瀬川組○2―0高野・川原組
  高原○2―0小松
 男子は3日目に法大と対決。第1シングルスでは絶好調のルーキー澁谷勇希(政経1=埼玉栄)が勝利し流れを作るも、第2シングルスと第2ダブルスを落とし2―2に。勝敗は水間陽介(政経3=札幌第一)に委ねられ、ファイナルまで及ぶ接戦となったが最終セットを取られ敗北。これにより3連敗が決まり最悪の展開となった。一方で女子は慶大と戦い、第1シングルスで森朝香(文4=埼玉栄)が惜敗したが、その後第3シングルスまで全てストレート勝ち。2連勝を果たし、2部リーグ優勝へ弾みをつけた。

[男子]
 法大を追い詰めながらも勝利には結び付かなかった。2―1で迎えた第2ダブルスは小林俊也主将(政経4=埼玉栄)・櫻井恵介(政経4=埼玉栄)組が出場。1セット目を落とした後の2セット目、序盤から接戦に繰り広げるが「変化をつけられなかった」(小林)と単調なプレーにつけこまれ13―12から9連続でポイントを失い敗北した。勝負は続く第3シングルスの水間陽介(政経3=札幌第一)に託されたが、積極的な攻めに持ち込めず1―2で敗戦。3セット目は終盤こそポイントを重ねたが、出だしの大量失点が最後まで響いた。連敗ストップの懸かった一戦を落とし、開幕3連敗を喫した。
 「これが実力」(小林)。東日本選手権団体を制し、上位進出も視野に入れた今季だったが、3戦を終えて未だ勝ち星ゼロ。東日本制覇の歓喜から一転、リーグ最下位と苦しんでいる。しかし第1シングルスでは今日も澁谷勇希(政経1=埼玉栄)がファイナルセットまでもつれる試合を制し、3連勝。また第1ダブルスでは高野将斗(商3=埼玉栄)・宮嶋航太郎(商3=埼玉栄)組はストレートで相手を下し今季初勝利を挙げた。第2シングルスの岡野伸哉(政経2=青森山田)もストレート負けこそしたものの2セット目では最後まで食らいつき、マッチポイントまで持ち込んだ。下級生の奮起に加え上級生の意地が組み合わされば、光は見えてくるはずだ。

[女子]
 格の違いを見せつけた。1―2と勝利まであと1歩の状態で回ってきた鈴木萌(商4=とわの森三愛)・瀬川桃子(商2=埼玉栄)の第2ダブルスは1セット目を21―7、2セット目を21―3で高野・川原組(慶大)を圧倒し、明大の勝利を決めた。「リラックスしてできた」(鈴木萌)と相手との力量の差から落ち着きが生まれ、理想的な試合展開を実現。瀬川が積極的に前に出て得点を狙うなど攻めの姿勢に相手は対応できず。1、2セット共に相手が2人のコートに球を返せず得点することが多かった。「同じくらいの力量の相手でも焦らずできるようにしたい」(鈴木萌)。2部の選手に勝ったことに甘んじず、2人はさらなる上を見据えていた。
 1部昇格の夢はみじんも諦めていない。リーグ戦の初戦に敗戦し、勝ちの流れをつかむチャンスを逃した明大。しかし2日目の帝京大戦と3日目の慶大戦に4―1で快勝したことで勝ちのリズムを得た。この勢いのままいきたいが、「後がない状態」(鈴木萌)であることは変わらない。入替戦に出るには2部リーグ優勝が不可欠。負けは許されず、連勝あるのみだ。

 リーグ戦3日目、男女で対照的な試合になった。女子は安定の試合運びで快勝。男子は惜敗。残る2試合は男子は入替戦回避のために、女子は1部昇格のために一つも落とせない状況だ。リーグ戦も佳境に入る明日は何としても負けられない。

[原大輔・渡邊弘基]

試合後のコメント
小林主将
「勝てた試合を取りこぼした。その原因は主将の自分にあるので申し訳ない気持ち。個人的にムキになりすぎた。同じこと繰り返して相手にやられた。変化をつけれなかったというのが一番の敗因。目の前のことばかり意識してしまって周り見て冷静にできていたら変わったのではないか。自分のことだけにしか集中できなかったのがよくなかった。二人で同じことし続けてしまって、先にミスしてしまった展開だった。(チームについて)東日本では創部初めて優勝したがまぐれでこれが実力だったんじゃないかと思う。調子に乗ってても同じ失敗を繰り返さないという、それが強いやつだと思うので、2日目と今日それができなかったというのはそれが実力だからなんじゃないかなと思う。残りは死に物狂いで1ポイントに執着して勝ちにいきたい」

水間
「自分から攻めていくということができなかった。みんなに言われたが、力が出し切れず終わったという感じ。1ゲーム目と3ゲーム目の出だしで点数をばばっと連続して取られた。昔からずっとそうなので改善しないといけないのにできていない。改善しないと絶対勝てないかなと。相手に先に仕掛けられて自分が後手後手に回ってしまって攻め切られて取られるというのが多い。自分から先にネットを切ればいいラリー展開になるのにワンパターンになってしまった。単調な形になって相手に読まれて早いタッチでやられたりするのでそういったところを改善したい。相手に好きなように打たれてしまった。もう負けられないので明日から絶対勝ちにいきたい」

鈴木萌
「(試合を振り返って)今日はリラックスしてできた。自分たちは硬くなるとあまりいいプレーができないから、今日ぐらいリラックスして明日もやれれば結果も追いてくる。チームとしては後がない状態だから、今日も明日も明後日も5ー0で勝つ勢いでやりたい。(リラックスできた要因)相手が相手というのもあるが、今日は結構自分たちが好きに攻撃できたから。力の差があると落ち着いて自分たちから攻めていけるから、同じくらいの力量の相手でも焦らずできるようにしたい。(そういった意味では明日の日本女子体育大は)向こうもガッツのあるタイプだから、自分たちのプレーができるようにしたい。(今年がラストイヤーとのこともあり、この大会に懸ける思いも)現役もあと一ヶ月しかないが、最後という実感はない。でもどうせやるなら勝って終わりたいので、しっかり入替戦までいき、勝てるようにまずは一歩ずつ明日から勝ちたい。

十河
(試合を振り返って)試合の中盤になってから自分のミスが増えてしまい、点を離していても追いつかれてしまうことがあった。中盤からスイッチを入れられるようにしたいと思う。(中盤のミス多発からどのようにして勝ち切ったか)相手がミスしてくれたから。(0ー1で周ってきて)自分が勝って次につなげたいと思った。(インターバルの間はどういった指示を)相手の背が高いから低いのを打っちゃうと届いて打たれてしまうから気をつけていたし、低いのを打った後も気をつけていた。(2連勝について)明日明後日にもつなげて勝てるようにしたい)

ニュース
 
 この記事へのご意見はこちらからお寄せください。
 今後の明大スポーツ運営への参考にさせていただくほか、ご意見としてご紹介させていただく場合もございます。
 ※必ずEmailアドレスをご入力ください。
 ※htmlタグなど、一部本文中にご利用できない記号がございます。
Email: