検索
 HOME > バドミントン部

2試合連続となる白星の澁谷

バドミントン部  男子は早大に敗戦も光明 女子は帝京大に貫録勝ち/関東大学秋季リーグ戦

◆9・12〜21 平成27年度関東大学バドミントン秋季リーグ戦(日体大米本記念体育館)
▼男子(1部リーグ)
 明大1―4早大○
  小笠●1―2松本
  澁谷○2―0古賀穂
  高野・宮嶋組●0―2古賀輝・齋藤組
  小林・櫻井組●1―2中里・富岡組
  岡野●1―2古賀輝
▼女子(2部リーグ)
○明大4―1帝京大
  森○2―0武末
  十河○2―0大幡
  高崎・村上組○2―1関根・武末組
  久保・渡辺組●0―2遠山・小沢組
  瀬川○2―0武田
 リーグ戦2日目、男子は昨季2位の早大と対戦した。第1シングルスを落として迎えた第2シングルスで澁谷勇希(政経1=埼玉栄)が2日連続となる勝利を挙げ五分五分に戻したが、以降はセットを奪えず、敗北を喫した。女子は帝京大と対戦。序盤から安定した試合運びで危なげなく勝利した。これで前半2試合を消化、リーグ戦も残るは来週に行われる3試合となった。

[男子]
 悔しい連敗スタートを喫した。早大相手にチームは1―4と1勝を挙げるのみに終わった。第1ダブルスで出場した高野将斗(商3=埼玉栄)・宮嶋航太郎(商3=埼玉栄)組が古賀・齋藤組を相手に両セットとも接戦に持ち込むも歴戦の相手ペアには一歩及ばず。続く小林俊也主将(政経4=埼玉栄)・櫻井恵介(政経4=埼玉栄)組も1―2で敗戦し、明大の敗北が決まった。
二人の下級生が光明を見せた。第2シングルスで登場した澁谷は東日本シングルスを制覇した黄金ルーキー・古賀穂(早大)との対戦。「自分が我慢しているときにだんだん相手が嫌がっているのがわかった」(澁谷)と我慢のバドミントンで相手を崩し21―13で1セット目を勝ち取る。続く2セット目も澁谷持ち前の我慢のプレーに相手は我慢しきれずミスを多発。14―4とその点差は一時10点まで離れた。しかし「自分から仕掛けていこうかなというのがミスになってしまった」(澁谷)と、今度は澁谷がリズムを崩した。東日本選手権個人戦でも4強決めで対戦しそのときは苦杯をなめた相手。一気に詰め寄られ1点差まで縮められた。しかしここで澁谷はラリーで我慢する元のスタイルで立て直した。すると18―17から3連続でポイントを奪取。最後は高く上がった甘い球を強烈にスマッシュ。渾身の打球に古賀穂は一歩も動くことができず。東日本覇者をストレートで下した。大差を追い付かれ、追い込まれながらも手にした勝利に「内心ほっとした」(澁谷)と笑顔を見せた。これで澁谷は2連勝。この日もチーム唯一の白星を飾った。

一方第3シングルスでは、勝利には及ばずもリーグ戦初出場の伏兵が強敵を最後まで追い詰めた。岡野伸哉(政経2=青森山田)の相手は早大の絶対的エース・古賀輝。チームの敗戦が決まっている中での試合だったが「次の波に乗れるように」(岡野)と緊張の一戦に臨んだ。1セット目は序盤につけた8点の差も次第に詰め寄られ1点を争う苦しい展開。しかし「追い付かれることは重々承知していた。ここまで来たら勝ってやろう」(岡野)。最後まで食らい付き21―19でこのセットを制した。続く2セット目も19―15と勝利まであと一歩と迫ったがそこから5連取され先に20点を取られた。「19―15のところで勝ち切れなかったのが痛かった」とマッチポイントまでもつれた激戦を21―23で落としてしまう。1―1の同点でファイナルセットを迎えたが、慣れないリーグ戦特有の雰囲気、そして学生トップレベルの実力者が相手と、岡野の体力は限界だった。最後まで古賀輝の放つ球に食らい付くも16―21で敗戦。思い切りのいいプレーに大番狂わせも予感させたが、惜しくも金星とはならなかった。高い壁には阻まれたが、得たものは大きい。「楽しい部分もあった」(岡野)。大きな声援に後押しされながら初のリーグ戦を経験した岡野。何よりその頼もしい姿はいまだ勝ち星なしのチームに活力を与えた。「この試合を生かしながらもっと練習して勝ち切れるようにしたい」(岡野)。初出場の下級生が踏み出した大きな一歩が連敗に沈むチームに活気をもたらす。

[女子]
 順当に4―1で帝京大を退け、秋季リーグ戦初勝利を収めた。1日目にまさかの敗北を喫し、1部昇格に向け後がなくなった明大。何としても勝たなくてはいけない中、トップシングルスで登場した森朝香(文4=埼玉栄)がプレッシャーをはねのけストレート勝ちで流れをつくった。「緊張していて向こうのやりたいようにやられた」(森)と立ち上がりこそ相手にリードを許したが、7連続ポイントで逆転するとそのまま逃げ切り1セット目を21―13で獲得した。2セット目は終始相手を寄せ付けずに21−13で完勝。続く十河茉由(商1=高松商)も「次につなげられるように」(十河)とストレートで試合を決めて流れをつなぐ。序盤をリードされる苦しい展開となったが14―16の場面から一挙6得点でセットポイントを握ると、最後は21―19で1セット目を取った。2セット目も強い気持ちを見せて21―15で獲得。高崎真美(政経3=日本橋女学館)・村上晃(商2=青森山田)組が1セット目を落としたものの2セット目を21―13、第3セットを21−11と大差で勝利を挙げ、チームの勝利を決定付けた。
 勝利にも満足はしていない。「5―0で勝たなくてはいけなかった」(森)と2部優勝のため、一つでも多い勝ち星が必要となる。次週の3連戦も全て勝利を挙げ、何としても入替戦への切符を手にしたいところだ。「強気な気持ちを出したい」(森)と向かってくる相手をいかにはねのけられるか。チームとして、個人として、今強さが試される。

 男女共に苦しい2連戦となった。男子は5戦中2試合を終えていまだ未勝利。悲願の優勝は遠のき、同じく2敗の日大が2―3と1―4での敗戦のため現時点では最下位に沈んでいる。あと一歩届かず惜敗を続けた前半戦。接戦を物にすることができるかが勝利への分かれ目となる。女子も1勝1敗と2季ぶりの1部復帰のため、入替戦出場に向けてもう負けは許されない。前半戦での不振を拭い去り、次週に待つ後半3連戦で男女とも一つでも多くの勝利を手にしたい。

[原大輔・谷澤優佳]

試合後のコメント
高野

「相手はあまり意識せずしっかり勝ちにいこうと思って臨んだ。澁谷も勝って勢い付けてくれているのに2回とも勢いを消してしまっているので駄目。今日は力がない分相手に前で前で押されたりうまく回されたりした。やはりそこの力はすぐつくものではないので動きでしっかり補っていけるようにしていかないといけない。点数的には競っていたが最終的には両方ともあと1点のところで持っていかれているのでそこには大きな差があるのではないかと思う。最後は相手にうまく回されたというか、こっちが点数取っているのに焦ってガシャガシャしてしまったのでもっと冷静に周りを見渡せたらよかったと思う。最後も落として上げさせてから攻めればよかったが無理にドライブとかで押そうとしてガシャっちゃったのでそこはもう勝負勘が甘いというか、駄目だと思う。古賀・斎藤組は冷静だった。こっちがリードしているものもやっぱり冷静にプレーしてきているしレシーブとかの立ち位置もそうだが向こうの方が前に立ってプレーしていた。点数的には押していたが気持ちの面ではあまり押せず冷静にやられたという感じ。情けない。岡野はアップのときから相当緊張していたがのびのびやってくれた。本人としてはいい内容だとは思っていないだろうけどまあ悪くない内容だと思う。いい経験になったのではと思う。古賀さんは気持ちに余裕がある。競った場面、離されている場面、どういう場面でも動じない気持ちはおそらく持っているので、そういうところは見習っていきたい。あとは1週間で細かいところをしっかり修正して、きちんと出だしから、サーブ周りから点数取っていきたい」

岡野
「昨日の夜からずっと緊張した。本番になっていざ出るってときに大丈夫かなと思ったが、一応あれだけできたので、最初にしてはよかった。本当に古賀さんとやるんだと。初めてというのが大きかったので緊張とか色々あった。古賀さんは強いのでやっぱり怖かった。チームの負けは決まっていたが次まだ3戦あるのでそれに向けて自分が変な試合しないように、次の波に乗れるように一球一球追って、しっかりチャンスがあったら打っていてということをした。1セット目は自分はいつも通りのプレーをしようと心がけていたので、相手が気を抜いてくれていたのかなと思う。追い付かれることは重々承知していたので、あとはここまで来たら勝ってやろうという気持ちだった。最後の方は上から打てていて、後ろも結構打てていて動きもそこそこよかったが一番だと思う。2セット目は前半頑張って抜け出そうとしたがやっぱりなかなかそういうこともできず。リードしていたが最後もまた追い付かれて、結局先に20点取られて逆にプレッシャーかかってしまった部分もあったと思う。やっぱり19―15のところで勝ち切れなかったのが痛かった。そこで勝っていれば勝ちだったので。ファイナルは体力負け。1セット目みたいな動きができなかった。いつもみたいな練習だったら疲れることもなかったんだろうけど、やっぱり雰囲気もあるので、こういうところで初めて経験できたというのはすごくよかった。今日は緊張しすぎてよくわからなかった。転んでとったりとかが多かったのはまだまだです。たまたまできた感じ。古賀さんはスマッシュとかアタックがすごかった。触ってはいるが弾かれて、しっかり当たってないんでネットを越さないというか。あとはネット前のフェイントとか。自分も吸収していければと思う。できたことは嬉しいが全然まだまだ。もっと練習工夫してやれていれば勝てたのではというのがあるので今までの練習でああいう試合ができたので今度は練習の中でこの試合を生かしながらもっと練習して勝ち切れるようにやっていきたい。最初は競るとも思わなかった。本当に自分を出し切って負けるのはしょうがないという感じで臨んだ。たまたまが重なった。今度はそれを自分の実力で競って、勝てるようにしていければと思う。みんなの応援が結構力を押してくれて、団体戦は苦しい感じだけど、コートにいても結構応援は聞こえてきて、冷静になれる。すごく応援って頼もしいなと感じた。やってみたら楽しい部分もあるんだなと感じた。チームが一体となって試合をするというのはまた違った楽しさがある。自分は固定されてるメンバーではないので、いつ出れてもいいようにしっかり準備して、出たら結果を残してチームの勝利に貢献できるようにと思う」

澁谷
「相手の古賀穂は団体では勝って個人戦では負けて1勝1敗だったんですけど、相手は元インハイ1位なので挑戦できたのかなと思う。勝てたら自分はもっと上にいけるのではと挑戦する気持ちで頑張った。1セット目は自分が我慢しているときにだんだん相手が嫌がっているのがわかった。そこで相手のミスも出できたので自分が楽に気持ちを持ててできたのがよかった。2セット目は相手も嫌がっていてミスも多くなって焦ってる感じがあった。自分はいつも通りにできたのがよかった。点差が離れてそれまではずっと我慢、我慢でやっていたが、自分からしかけていこうかなというのが逆にミスになってしまった。中盤追いつかれましたがそこでもう一回立て直してもとのラリーのスタイルに戻せたのがよかった。結局焦らなかったのが一番良かった。もう一回立て直そうとできたのが勝ちにつながったと思う。今日はラリーの組み立ては良かったと思う。自分がチャンス球がくるまでにどう動かしていくかとか相手の動かし方。大学になってからだんだんそういうのが分かるようになってきて、今日はそれが結構当たった。(最後は)正直追い付かれて本当に自分も緊張して、それでもしっかり勝てたので内心ほっとした。自分が団体戦で勝てているというのは自身にもつながる。自身もってできれば緊張もそんなに感じなくなると思う。東日本でも勝って今回も2連勝できているのでそこは本当に自身持ってやりたい。1試合目も2試合目も相手の方がミスして、結局自分の方がミス少なかったのが一番の勝因だと思う。来週はもう一回切り替えて自分が1ポイント取って波に乗れれば絶対勝てる。自分が勝って後ろにつなげたい」


「昨日負けてしまって今日はまた一からのスタートという形で、出だしがととても大事だったのですごく緊張して手がずっと震えていたけれど、しっかり2―0で勝てたのでよかった。絶対勝たなくてはいけないという気持ちが一番強かったので、ここで負けるわけにはいかないというふうにずっと思っていたのが勝てた要因だと思う。(立ち上がりは相手にリードされたが)緊張していたのでサーブとかも全部浮いていて向こうのやりたいようにやられていたという感じだったけれど、途中からちゃんと自分のプレーができてしっかり自分から強気で攻めることができたので取り返せて良かった。(チームとしては)今日も5―0で勝たなくてはいけなかったけれどまだ甘い部分があるので、そこはこの一週間で調整しないといけないかなと思う。シングルスもまだちょっと不安定な部分があるので、シングルスもしっかり勝ち切れるメンタルとか、もうちょっと来週は強気な気持ちを出したい」

十河
「試合の出だしがいつも悪くて自分がリードできることが少ないので、もっと試合の入り方とかを考えて挑みたいと思う。試合の入り方と何でもないミスが多かったのでもっとラリーして勝てるようにしたい。絶対負けたくないという気持ちで頑張った。気持ちを強く持って臨んだ。先輩が勝ってくれた分ちょっと気持ちも楽だったので自分もストレートで勝って次につなげられるようにと思った。今回の2試合の反省を生かして次に備えたいと思う」


ニュース
 
 この記事へのご意見はこちらからお寄せください。
 今後の明大スポーツ運営への参考にさせていただくほか、ご意見としてご紹介させていただく場合もございます。
 ※必ずEmailアドレスをご入力ください。
 ※htmlタグなど、一部本文中にご利用できない記号がございます。
Email: