検索
 HOME > 硬式野球部

1年春。東大1回戦で右前に初安打を放った


山俊『1』〜未知への挑戦〜  (2)安打の軌跡@ 衝撃デビューから2年次まで  

 東京六大学リーグ通算127安打。48年前に高田繁氏(昭43農卒)が打ち立て、幾多の名選手が超えることのできなかった記録を約半世紀の時を経た今年、山俊外野手(文4=日大三)が塗り替えようとしている。4年春までに積み重ねた安打数は117本で、新記録樹立まで残り11本。これまで1シーズン平均約17安打を放っており、通算127安打超えは射程圏内だ。「何でも1番になる」と志願した背番号『1』。そして見据える先はまさに、未知の領域。伝説を作る日は刻々と近づいている。
 下級生時の積み重ねが現在へとつながっている。山は1年次から外野のレギュラーに。春に20安打、秋に16安打を放ち、1年次のみで36安打をマーク。2年次には春秋とも13安打ずつで26安打。2年終了時で通算62本もの安打を残した。リーグ史上まれに見るハイペースで安打を放ち続けた山の1年次、2年次の活躍を振り返る。

<1年次(2012年)>
 日大三高3年次に5番打者として夏の甲子園優勝へ導いた山は、その実力を1年春からいかんなく発揮。大学でのデビュー戦は開幕の東大1回戦だった。「緊張はなかった」と8回に代打で初出場。中田から右前打を放ち、初打席初安打を記録した。さらにその試合の9回には窪田から左越え適時二塁打を放ち初打点も挙げた。2カード目の慶大2回戦では3番中堅で初スタメンも果たした。
2カード終了時点で3安打の山は、ここから驚異的なペースで安打を量産。他の外野手の不調、そして何より山の状態の良さから、3カード目の法大3回戦から3番打者としてスタメンに固定された。そこから7試合で複数安打をマーク。最終カードの立大1回戦で規定打席に到達し、最終的にリーグ2位の打率4割1分7厘、リーグトップの20安打でベストナインを獲得した。外野手の控え番号である背番号38を付けて挑んだ初のリーグ戦。自らの力でレギュラーをつかみ「ここまでやれるとは思っていなかった」と本人も驚きの衝撃デビューだった。

 不動のレギュラーとして主に2、3番を務めた秋は、厳しいマークにあった。「苦手なコースを何度も責められた」と打率は2割6分7厘に下がり、リーグワーストの16三振を喫した。それでもリーグ2位の16安打は、警戒される中でも甘い球を仕留めた堂々の結果である。3カード目の東大2回戦では、香取からリーグ戦初本塁打も記録。チームは春と同じく4位に終わったことについては「自分がしっかりしていれば勝てた試合が何試合かあったので、チームに迷惑を掛けてしまった」。中心選手としての自覚が芽生えたシーズンでもあった。春に比べれば低迷したが秋の16安打を合わせ、1年次で36安打の数字を残した。

2年秋。通算62安打目は春秋連覇を決<br>める適時打。塁上で大きくガッツポーズ<br>を放つ
2年秋。通算62安打目は春秋連覇を決
める適時打。塁上で大きくガッツポーズ

<2年次(2013年)>
 苦しいシーズンだった。背番号9を付け迎えた2年春は打率2割4分1厘、13安打と7季で最も低い数字に終わった。2カード終了時点で25打数2安打と不振に陥り、3カード目は自身初のベンチ外を経験。しかし4カード目の慶大戦から巻き返す。2回戦でスタメン復帰し3安打、3回戦で2安打した。勝ち点を挙げた方が優勝の最終カード法大戦では、リーグ戦自身初となる1番に座り全4試合で安打を放ち、3季ぶり35度目の優勝に貢献した。

 攻撃的2番打者として活躍した秋、快挙を決定付ける一打を放った。それはシーズン13安打目、通算62安打目。最終カードの法大2回戦で3―3の延長12回表、2死二塁で打席が回ると、本多(法大)が投じた6球目を捉えた打球は右中間を破る勝ち越しの適時三塁打に。明大史上4度目、38年ぶりとなる春秋連覇をぐっと手繰り寄せ、塁上で大きく何度もガッツポーズを見せた。主に2番を任されながらも打撃スタイルは崩さず打率2割9分5厘、13安打と攻撃の起点となった。さらに2度目のベストナインも獲得。12試合中9試合で安打を放ち「苦手なところを大分打てるようになってきた」と手応えをつかんだシーズンだった。

 2年終了時の通算62安打は高田氏の同時期の60安打を上回るペースだった。「偉大な先輩の記録が目標にある」。秋のシーズン後の山の言葉から、史上30人目の100安打、そしてリーグ新記録へのこだわりが少しずつ表れていた。

山 1、2年次成績
シーズン試合打数安打二塁打三塁打本塁打打点盗塁犠打四死球打率
1年春
13
48
20
.417
1年秋
14
60
16
.267
2年春
14
54
13
.241
2年秋
12
44
13
.295
通算
53
206
62
13
24
13
.301







 次回の特集は9月11日(金)「安打の軌跡A 100安打、そして記録への挑戦」です。

[森光史]

●山俊『1』〜未知への挑戦〜のバックナンバー

ニュース
 
 この記事へのご意見はこちらからお寄せください。
 今後の明大スポーツ運営への参考にさせていただくほか、ご意見としてご紹介させていただく場合もございます。
 ※必ずEmailアドレスをご入力ください。
 ※htmlタグなど、一部本文中にご利用できない記号がございます。
Email: