検索
 HOME > バドミントン部

敗戦に肩を落とす高野(右)・宮嶋組

バドミントン部  高野・宮嶋組悔しい3位 東日本制覇ならず/東日本選手権

◆8・30〜9・5 東日本選手権(山形県体育館他)
▼9・5 男子ダブルス
高野・宮嶋組――3位
東日本選手権最終日、東日本制覇には届かなかった。ここまでの全試合でストレート勝ちしてきた高野将斗(商3=埼玉栄)・宮嶋航太郎(商3=埼玉栄)組。準決勝、松居・三浦組(日体大)に1セット目を落とす。それでも2セット目で挽回し、五分五分に戻したが最終的には1―2で力負け。団体戦で敗れた相手にまたしても土を付けられた。

 リベンジを果たせなかった。準決勝の相手は団体戦でストレート負けを喫した松居・三浦組。「落ち着いて相手を見ていこう」(高野)と試合に臨んだが、序盤から苦戦を強いられた。1セット目は12―15の場面から5連続ポイントを奪われるなどで、終盤に突き放された。続く2セット目は「思い切ってやった」(宮嶋)と切り替えると、出だしで付けられた4点差をひっくり返し21―18でこのセットを獲得。しかしファイナルセットでは一度もリードを奪うことなく敗北を喫した。目標としていた優勝はかなわなかった。この試合では得意のラリーに持ち込んだ場面も「押し切られる部分が多かった」(宮嶋)と相手のパワーに苦戦。相手ペアから次々と打ち込まれる強い打球に屈した。東日本3位という確かな足跡は残したが「まったく満足していない」(高野)と渋い表情。「連覇は狙う。目指すのみ」(宮嶋)。東日本の悔しさをインカレ連覇への原動力にする。

 今大会個人戦では男女ともに多数の選手が上位へ進出。シングルスでは小笠裕貴(政経2=名経大市邨)、澁谷勇希(政経1=埼玉栄)といった下級生が台頭した。また男子団体戦では創部初となる優勝を果たした。相手校の早大、中大はエース不在の中での対戦であったが、強豪ぞろいの東日本制覇は大きな収穫だ。夏の取り組みが団体戦の勝利を呼び込んだ。夏合宿では1日14qを走るなどして体力強化に努めた。走った距離は1週間で77qにも及ぶ。「今までにないくらいきつかった」(森朝香・文4=埼玉栄)という取り組みの成果が結果として出た。リーグ戦でも男子は悲願の優勝、女子は1部昇格へ期待が懸かる。

[原大輔]

試合後のコメント
高野

「落ち着いて相手を見ていこうとは思っていた。相手には全体的に先に前を取られていたのでレシーブに回りすぎていた。次は先に前とって攻められるようにしていきたい。相手を気持ちよく打たせてしまった。それで調子づかせてしまった。全ゲームで出だしで結構持っていかれたので、出だしからいければもう少し違う展開になったと思う。全体的にパワーで押されたので改善したい。(3位という結果は)まったく満足していない。東日本だからまだよかった。これがインカレだったら泣いていた。インカレできちんと優勝できるようにしたい」

宮嶋
「リベンジしようと臨んだ。相手は球が強いので中途半端に甘い球とかをなるべく打たないように心がけた。パワーとサーブまわりで相手が上回っていた。2ゲーム目からは思い切ってやろうとした。今日はハーフ球を狙われていたのでなるべく上でさわって沈めていこうとした。それができたときは結構ラリー取れてたが、相手のパワーで押し切られる部分が多かったのでそれがだめだった。インカレは優勝したい。(連覇は)狙う。目指すのみ」


ニュース
 
 この記事へのご意見はこちらからお寄せください。
 今後の明大スポーツ運営への参考にさせていただくほか、ご意見としてご紹介させていただく場合もございます。
 ※必ずEmailアドレスをご入力ください。
 ※htmlタグなど、一部本文中にご利用できない記号がございます。
Email: