検索
 HOME > 硬式野球部


東京六大学野球 2015〜春〜  (24)東京六大学野球春季リーグ戦 早大戦瓦版配布のお知らせ  

 これ以上の負けは許されない。2カード続けて勝ち点を落とし自力優勝が消滅した。今カードの対戦相手は強力打線を擁する早大。坂本誠志郎主将(文4=履正社)、上原健太投手(商4=広陵)のバッテリーを中心に封じ込めたい。優勝の可能性は限りなく0に近づいたが、わずかな可能性を信じ、最後まで戦い抜く。

守備からリズム
 守り負けている。2012年秋法大戦以来のカード連敗を喫し、自力優勝が早々に消滅した。法大2回戦では同点の9回にミスをきっかけに決勝点を献上。ここまで4敗中の3敗を失策絡みの自滅で落としている。リーグ戦を約半分終えたが、総失策数8は既に昨季の6を超えてしまった。
 まずは原点回帰。基本に立ち戻り、守備からリズムをつくりたい。これまでの失策の多くは勝負どころで飛び出している。求められるのは窮地にも動じない精神力、そしてミスを引きずらない切り替えの早さ。チーム防御率はリーグ2位の1・95、エース・上原もリーグ2位の防御率1・20と投手力は申し分ない。その投手陣をリードする捕手の坂本を中心に、守備整備を進めていく。

vs.335打線
 早大は猛打を武器に無敗で1位を独走している。打率20傑にレギュラー8人全員が名を連ね、チーム打率は3割3分5厘を誇る。警戒すべきは3、4番の2人。昨季驚異の打率5割1分4厘で首位打者に輝いた茂木は4割3本塁打と今季も絶好調。187a、97`の恵まれた体格を持つ4番丸子はリーグトップの打率5割をマークしている。
 強力打線をいかに封じ込めるか。守備を立て直し、インサイドワークで差をつけ勝機を見いだしたい。

【萬屋直・川合茉実】





応援へ行こう!
対早大戦 
5月16日 11時試合開始予定(三塁側)
5月17日 13時試合開始予定(一塁側)

神宮球場アクセス
・東京メトロ銀座線 外苑前駅より徒歩3分
・都営大江戸線 国立競技場駅より徒歩7分
・JR総武線 信濃町駅より徒歩10分 千駄ヶ谷駅より徒歩15分

こちらの瓦版は以下の日程で配布します。ぜひ手に取ってご覧ください!部数に限りがありますのでお早めに!
5月15日 10時〜10時半 神宮球場正門前
5月16日 13時〜13時半 神宮球場正門前



●東京六大学野球 2015〜春〜のバックナンバー

ニュース
 
 この記事へのご意見はこちらからお寄せください。
 今後の明大スポーツ運営への参考にさせていただくほか、ご意見としてご紹介させていただく場合もございます。
 ※必ずEmailアドレスをご入力ください。
 ※htmlタグなど、一部本文中にご利用できない記号がございます。
Email: