検索
 HOME > 競走部

1万mで4位入賞を果たした木村

競走部  関カレ開幕 木村が1万m4位入賞/関東学生対校選手権1日目

◆5・14〜17 第94回関東学生対校選手権(日産スタジアム)
▼男子400m予選
 1組 8着 浅川 50秒14(予選敗退)
 2組 5着 西村 48秒07(予選敗退)
 3組 7着 中西 48秒43(予選敗退) 
▼男子110mH予選
 1組 1着 高山 14秒13(準決勝進出)
▼男子1500m予選
 1組 2着 牟田 3分49秒16(決勝進出)
 2組 12着 保坂 4分02秒69(予選敗退)
▼男子100m予選
 2組 7着 M出 10秒97(予選敗退)
3組 8着 米井 10秒96(予選敗退)
▼男子4×100mR予選
 1組 7着 明大(木歩士、里村、M出、米井) DQ
▼男子1万m決勝
 4位 木村 29分09秒50
 13位 吉田 29分55秒95
 18位 江頭賢30分12秒87
▼男子やり投
 8位 真田 67m91
 大学陸上競技の春シーズンのメーンイベントの一つである関東学生対校選手権が開幕した。初日の14日は1万mに出場した木村慎(商4=浜松日体)が4位入賞を果たした。また110mHでは高山峻野(法3=広島工大附)が1着で予選を突破。各種目でチームの1部残留に向け弾みをつけた。

 終始好位置でレースを展開した。木村は序盤から4位につける。表彰台も狙える位置を保ったまま、キトニー(日大)ら留学生が引っ張る先頭集団に付いていく。8000mにはトップ3人が抜け出して、縦長に7人で構成されていた先頭集団は2つに分かれる。木村は先頭からは置いていかれたものの、後ろの集団で先頭争い。そのままラスト1周にかかると、スパートをかけた町澤(中大)に抜かれるも、後続を振り切って5着に滑り込んだ。1着のニャイロ(山梨学大)が走路を外れていた失格により繰り上げられて、結果は4位。チームにとっても大きいポイント獲得となった。同じレースを走った吉田楓(営3=東海大山形)、江頭賢太郎(商3=浜松日体)は中盤の位置から抜け出すことができず、13位、18位でレースを終えた。

 1部残留に向け、好発進だ。フィールド種目でも、真田がやり投で8位入賞しポイントを獲得。予選が行われた110mHでも、高山が1着で予選通過を決めた。1500mでは牟田祐樹(農4=西武文理)が2着で予選を突破。この2種目を含め、15日に行われる決勝でも上位入賞が期待される。

[渡辺由理佳]

ニュース
 
 この記事へのご意見はこちらからお寄せください。
 今後の明大スポーツ運営への参考にさせていただくほか、ご意見としてご紹介させていただく場合もございます。
 ※必ずEmailアドレスをご入力ください。
 ※htmlタグなど、一部本文中にご利用できない記号がございます。
Email: