検索
 HOME > バドミントン部

悔しい敗戦を喫した

バドミントン部  女子の2部残留確定、宿敵青学大に敗れる/関東大学春季リーグ戦1部2部入替戦

◆5・16 平成27年度関東大学バドミントン春季リーグ戦1部2部入替戦(千葉商科大体育館)
▼女子
 明大1−3青学大○
 森●0−2
 十河○2−0
 鈴木萌・瀬川組●0−2 
 高崎・村上組●0−2
 惜しくも女子は2部残留となった。入替戦で対峙することが多い青学大との対決は1−3と青学大が勝利した。ルーキーである十河茉由(商1=高松商)は勝利できたものの、高崎真美(政経3=日本橋女学館)・村上晃(商2=青森山田)組が接戦の末、負けてしまった。かねてからの目標であった1部リーグ昇格は次季リーグに持ち越しとなった。明大は辛酸をなめることになり、今季リーグ戦が幕を閉じた。


 結果は明暗で分かれた。勝つことができなかった。1−2という絶体絶命の状況で回ってきた第2ダブルス。明大は女子2部最優秀選手賞を受賞した高崎・村上組を、対する青学大は同じ3年である大堀・寺田組(青学大)を送り出した。第1セットから第3セットまで高崎・村田は闘争心に満ちていた。その気持ちからいつも以上に攻めの姿勢でプレーをしており、それに気圧されてか青学大はネットによる失点が多かった。しかし勝てない。「大事なところでの戦術面とか技術面とかにミスがあった」(石田純コーチ)とあるように攻撃が積極的になった反面粗さが目立ってしまう。悔しくも気持ちとプレーが比例していない中で勝利できるほど1部リーグの壁は薄くはなかった。


 大きな収穫もあった。十河茉由(商1=高松商)が最優秀新人選手賞受賞者としての矜持を見せた。十河は今リーグで5戦中4勝1敗と華々しい成績を収めており、その全てがストレート勝ちだ。今試合ではサーブの返しが強い久保(青学大)と第2シングルスで対峙し見事ストレート勝ちをした。第1セットの序盤こそ相手に流れを取られたもののそれ以降は十河がゲームの主導権をにぎる展開となる。十河の持ち味である制球力とキレが随所で輝いていた。繰り出されるスマッシュに久保はついていけず観客席が一部どよめく場面もあった。「十河の方が技術とか色々な面で相手より勝っていた」(石田純コーチ)と実力は折り紙つき。伊藤美紗(平27政経卒)が卒業し現在シングルスにおける絶対的存在が不在だ。しかし今回の試合内容はルーキーである十河にその役割を果たしてもらう日も近いと思わせる出来であった。


 運命の入替戦が終わった。結果は2部残留と手厳しい。石田純コーチも「コーチの責任」と無念さをにじませる。しかし敗れはしたが試合を通して順応性、冷静さなどの改善点も見つけることができた。ルーキーでありながら確かな実力を持つ十河、高崎・村上組を始めとする滾(たぎ)る闘争心など武器もある。悲願の1部リーグ昇格という目標を胸に森朝香(文4=埼玉栄)を中心とする女子チームは歩き出す。

[渡邊弘基]




男子も応援に駆け付けた


試合後のコメント
石田コーチ

「上がる気まんまんで臨んだのですが跳ね返されてしまったかなと思います。うちは5シーズン連続で入替戦やっているんですけど、うち4シーズンは青学とやっていて、破って上がることもできたし、うちが上がってから跳ね返すこともできたけれど今回は跳ね返されてしまったと。2部で5戦全勝してすごくいいムードはあったと思うんですけど、勝つべき人が勝たなかったという意味で全員のレベルがまだ1部昇格ラインに届いていなかったというのが正直な感想ですね。青学との実力差はなかったと思います。全然うちが勝ってもおかしくなかったです。戦う気持ちは今回はしっかり出ていたと思うので、大事なところでの戦術面とか技術面とかにミスがあったのは僕の目から見て負けた原因としてはっきりあるので、より普段の練習の中で厳しい、クオリティを上げる練習が足りなかったんじゃないかなと。それが負けにつながってしまったんじゃないかなと思います。(十河について)相手の久保選手は1発目の球が強いんです。サーブのときとか、大きなロブを上げたときとか。1発目に強い球が来るのでそこをしのごうという話をしていて、ラリーになれば必ず久保選手がミスってくれるのと、十河の鋭い球が生きてくるので、最初から受け身になるより、そういう選手なんだという割り切りがあって、だったら1本我慢して次にラリーをしっかりして甘い球が来たら打っていこうと十河は多分変わったんだと思います。(結果十河はストレート勝ち)十河の方が技術とか色々な面で相手より勝っていたのだと思います。(高崎・村上選手について)そこはまあその時の勝負の流れなんですけど、ただ1ゲーム目取って2ゲーム目取り切れなかった部分はまだまだ足りない技術とかそういう部分なので、多分彼女たちが修正ポイントは分かっていると思うし、向こうは固いディフェンスとしっかり前に詰める、プレッシャーかけるという部分はできていたので、うちがそれに対しての対応が悪かった。それが最後まで響いてしまいました。ただひたすら悔しいです。やっぱり勝たせたくて、みんなの笑顔が見たくてコーチやっているので、やっぱり勝ってベンチに囲まれてハイタッチして喜ぶ姿って見ていて一番楽しいし、それを味わせてあげられなかったのはもうコーチの責任なんで、もちろん僕自身も責任とか反省は感じています。最後は一生懸命頑張っても結果は勝ちか負けかって出てしまうから、まあ練習内容とか色々な足りないものを話して負けてしょうがないというだけでなくて次のシーズンに上がる気持ちがあるかということとかその方法をみんなに確認しました。何が足りなかったのかという話をしました。次は関東学生選手権なんで、そこで個々の力をつけて、それがチーム力につながるんで。全員出場できますからみんな一つでも多く勝てるように練習取り組んでほしいなと思います。そのあとは8月末から山形で東日本選手権があって、それはインカレの予選になっているので、しっかりそこで権利を取れるように、インカレ出場は当然最低目標にしてほしいと思います」



ニュース
 
 この記事へのご意見はこちらからお寄せください。
 今後の明大スポーツ運営への参考にさせていただくほか、ご意見としてご紹介させていただく場合もございます。
 ※必ずEmailアドレスをご入力ください。
 ※htmlタグなど、一部本文中にご利用できない記号がございます。
Email: