検索
 HOME > バドミントン部

勝利を決めた鈴木萌(右)・瀬川組

バドミントン部  女子が開幕4連勝! 男子は日大に敗戦/関東大学春季リーグ戦

◆4・25〜5・4 平成27年度関東大学バドミントン春季リーグ戦(日体大米本記念体育館)
▼男子(1部リーグ)
 明大2―3日大○
  高野●1―2
  澁谷●1―2
  小林・櫻井組●0―2
  高野・宮嶋組○2―1
水間○2―0

▼女子(2部リーグ)
 ○明大4―1慶大
  森●0―2
  十河○2―0
高崎・村上組○2―0
  鈴木萌・瀬川組○2―0
  後藤○2―0
 リーグ戦4日目、女子は慶大を圧倒し、開幕4連勝を決めた。第1シングルスを落とすも以降はひとつもゲームを落とさず地力の差を見せつけた。男子は序盤に3連続で敗戦。日大に悔しい敗戦を喫し、2勝2敗の五分となった。最終戦は男子が中大、女子が東海大との対戦となる。

[男子]
 シングルスを二つ落とし、後がない状況で迎えた第1ダブルスは小林俊也主将(政経4=埼玉栄)・櫻井恵介(政経4=埼玉栄)組が出場した。1ゲーム目は序盤にリードを広げられるも逆転。11―9で試合を折り返したが徐々に差を詰められると、このゲームはマッチポイントにまでもつれる白熱した展開となった。しかし勝ち切れず、最後は23―25で1ゲーム目を落としてしまった。続く2ゲーム目も一進一退の攻防となったが17―21で敗戦。悔しさよりも「脱力感の方が大きかった」(小林)。チームの敗北が決定し、今季のチームの目標であった優勝の可能性も消滅。大きな敗戦となった。

[女子]
 慶大から危なげなく勝利を勝ち取った。第2シングルス、第1ダブルスでストレート勝ちを決め2勝1敗とした後の第2ダブルス、鈴木萌(商4=とわの森三愛)・瀬川桃子(商2=埼玉栄)組は安定した試合を展開。持ち味の攻撃的なスタイルを前面に出し序盤から主導権を握った。この試合もストレートで決め、チームの勝利を決定付けた。開幕戦では緊張から「全然自分たちの形になっていなかった」(鈴木萌)と1―2で敗戦を喫するも、その反省から「自分たちのプレーをする」という意識を強化。2戦目以降は全勝と結果を残している。「今日みたいに1本1本大事にして自分たちのプレーができるように落ち着いていきたい」(瀬川)と最終戦に意気込んだ。

 男子は1部優勝の可能性はなくなったが上位進出を狙い、女子は4戦4勝と好成績を維持し最終戦に臨む。「最後まで勝ち切って入替戦に臨みたい」(鈴木萌)。待望の1部復帰へ、まずは2部の舞台を制覇する。

[原大輔]

試合後のコメント
小林主将

「昨日勝った時点で最下位で入替戦ということはほぼなくなって上目指すだけだったんで、上目指してやっていましたが、逆にその気持ちがもしかしたらだめだったかもしれないです。気持ちのどこかで最下位ないや、というのがあったのかもしれないです。(優勝の可能性がなくなったが)次回、次に向かって明日は良い試合したいなと。(自らは第1ダブルスでの出場)緊張はしなかったですが、少し油断はしてしまいました。勝てると思ったらもう一回逆転されてしまって、やっぱり2ゲーム目はそれをずっと引きずってしまってリードできなかったです。いつもよりは足動いていたんじゃないかなと思います。(敗戦が決まった瞬間は)ああ終わっちゃったと。脱力感の方が大きかったです。今日の試合終わっちゃったと思って、監督の方見たらもう優勝はないんだなと。明日はチームが勝って喜んでいるところを見せられるように頑張ります」

鈴木萌
「(開幕4連勝について)誰かが負けてもチームでカバーできているので良いと思います。個人個人で反省とかあると思うんですけど、チームとしては勝てているので、このまま入替戦までしっかり勝っていきたいです。(瀬川とペアを組んだのは)今年の3月くらいからです。最初は左利きと組んだことがなかったので、最近になって少しずつそれをどう生かすかというのがわかってきたかなと思います。(今日の自身の試合は)一つずつ自分たちのプレーをしようと思っていました。勝ち負けというより自分たちのプレーをしようと意識してやりました。いつも置いてしまうところを今日は突っ込んだり、攻めの形ができていたので、開幕戦に比べてよくなっているかなと思います。初日は緊張とかもあって全然自分たちの形になっていなかったです。それを反省して1週間意識してやったのが、先週よりは今週よくなっているので、このままいけるようにしたいです。(今日はストレート勝ち)1本1本ミスしないで攻めの形に持っていくようにしたのがよかったのかなと思います。入替戦に行って勝つことが目標なので、順調に来ているなと思います。(2部に)落ちたときは自分も敗因になってしまったので、今回はしっかりチームに貢献できるように目の前の試合を勝ちたいです。最終戦で気を抜いてしまうと足元をすくわれると思うので、しっかりと最後まで勝ち切って入替戦に臨みたいと思います」

瀬川
「昨年度は1年間ケガして手術したりしてプレーができなかったので今回のリーグが初めての試合で復帰戦兼デビュー戦だったので初日から昨日まですごい緊張してしまって自分の思うプレーができなかった。今日は吹っ切れて自分の良いところが少しは出せてきた。まだ反省点はたくさんあるんですけどだんだん良いプレーができてきたかなという感じがしている。3日目なので慣れてきたというのもあるんですけど、応援してくださっている方とかが自分のプレーをすればいいんだよと声を掛けて下さったので色々考えたんですけど最終的に自分のプレーをしようという気持ちに持って行くことができたのが吹っ切れた原因。(2勝1敗で回ってきて)自分たちで決めたいという気持ちはあった。でもそれは緊張とかにはつながらなくて、自分たちのプレーができれば大丈夫だと思ったので落ち着いてできた。昨日までは緊張していた分、力みすぎちゃって球が浮いて沈められなくて攻められてしまっていたけど今日は気持ちの部分で余裕もあって自分たちの持ち味のスマッシュでいくスタイルが角度をつけてしっかり出せたと思う。(チームとしては)5―0で勝ち切りたいというのはあったんですけど、1個取られてしまっていたので絶対4―1で勝ちたいと思ってやりました。(1部への想いは)私は去年ケガしていた分1部という舞台を経験していないのですごく楽しみ、挑戦したい気持ちでわくわくしている部分もあり、でも1部は簡単なことじゃなく厳しいことだと思っているので挑戦者の気持ちでいけたらなと思う。(明日は)今日みたいに1本1本大事にして自分たちのプレーができるように落ち着いていきたいと思う」


ニュース
 
 この記事へのご意見はこちらからお寄せください。
 今後の明大スポーツ運営への参考にさせていただくほか、ご意見としてご紹介させていただく場合もございます。
 ※必ずEmailアドレスをご入力ください。
 ※htmlタグなど、一部本文中にご利用できない記号がございます。
Email: