検索
 HOME > バドミントン部

勝利を決め喜ぶ小林主将(左)・櫻井組

バドミントン部  男子が日体大下す! 女子は苦しみながらも3連勝/関東大学春季リーグ戦

◆4・25〜5・4 平成27年度関東大学バドミントン春季リーグ戦(日体大米本記念体育館)
▼男子(1部リーグ)
 ○明大3―2日体大
  水間●0―2
  澁谷○2―0
  高野・宮嶋組○2―0
  小林・櫻井組○2―0
  小笠●2―1

▼女子(2部リーグ)
 ○明大3―2東女体大
  十河●0―2
  森●1―2
  高崎・村上組○2―0
  鈴木萌・瀬川組○2―1
  後藤○2―0
 男女共に勝利を手にした。男子は昨季リーグ戦優勝校である日体大と対戦。第2シングルスから流れに乗ると3連続ストレート勝ちで勝利を決めた。女子は、シングルスがヤマと読んでいた東女体大戦。第1、第2シングルスを落とし後がない状況となったが、高崎真美(政経3=日本橋女学館)・村上晃(商2=青森山田)組が勝利を挙げ、徐々に流れを取り戻す。最後は後藤にこ(文2=聖ウルスラ学院英智)が接戦の末ストレート勝ちを収め、チームカウント3―2で白星を挙げた。

[男子]
 昨季リーグ戦優勝を収めている強豪、日体大から勝利をもぎ取った! 第1シングルスを落とし迎えた第2シングルスに登場したのは澁谷勇希(政経1=埼玉栄)。くしくも高校の同期だった玉手(日体大)とのルーキー対決となった。互いに点を取り合うシーソーゲームを21―18で制し第1セットを先取。同じく点の取り合いとなった第2セットではインターバル明けにリズムよく2点を取ると後半に突き放し、21―13で勝利をつかんだ。続く高野将斗(商3=埼玉栄)・宮嶋航太郎(商3=埼玉栄)組も中盤に大量リードを奪うと21―12、21―15と大差で勝ち星を挙げた。
 最後は4年生が勝負を決めた。小林俊也主将(政経4=埼玉栄)・櫻井恵介(政経4=埼玉栄)組がリーグ戦初日以来の復帰。「キャプテンが同じことをしてはいけないと自分が緊張した」(小林)と1日目、法大戦での敗戦を糧に臨んだ試合となった。第1セットは序盤にリードを奪ったものの、マッチポイントを握ってから5連続失点で20―19まで追い上げられた。それでも冷静に相手のアウト球を見極めて勝利を挙げる。第2セットはシーソーゲームとなり、同点で突入した終盤は応援も盛り上がりを増した。「チームは一つにまとまっていた」(小林)とチーム力で接戦を制し、日体大からの白星をつかんだ。

[女子]
 チームの団結力で逆転勝利を決めた。前半2試合を取られるが粘り強いプレーを見せ後半3試合で巻き返した。第1、第2シングルスは敗れたが、第1ダブルスに出場した高崎・村上組がいつも通りの力を発揮し勝利。第2ダブルスには鈴木萌(商4=とわの森三愛)・瀬川桃子(商2=埼玉栄)組が出場し、1セット目は取られたものの、2セット目後半では10―6の場面から一挙9連続ポイントを挙げるなど驚異的な勢いを見せファイナルセットに持ち込んだ。ファイナルセットも流れに乗って21―13で勝ち切り、第3シングルスに希望をつないだ。「後半は自分たちから攻めていけるように意識した」(鈴木萌)と1セット目からの気持ちの切り替えと、ミスを減らし攻撃の形にもっていくという戦略が重要なカギになった。初めて第3シングルスというポジションにつく後藤は、チームの勝敗が懸かる緊張の中、1セット目を僅差で獲得。その後の2セット目では8点差を巻き返し、最後にはベストなコースでスマッシュを決め、チームを勝利へと導いた。「誰かが負けたらその穴を埋める感じで今日は頑張れた」(後藤)とチームの団結力が勝利を呼び込んだ。

 男女共に3日目を終え優勝を狙える位置につけた。男子は2勝1敗で目標とする優勝への可能性が残されている。女子は3連勝と入替戦出場の絶対条件となる優勝へ向け好調を維持している。春季リーグ戦も残り2日。「あと2勝すればまだ優勝できる可能性があるので2勝したい」(小林)。男女とも優勝に向け負けられない戦いが続く。

[谷澤優佳・長縄里奈]

試合後のコメント
小林主将

「初戦負けちゃってチームに迷惑かけた。今日もほぼ同じ内容で回ってきて、キャプテンが同じことをしてはいけないと思って相手どうこうじゃなくて自分が緊張した。(今後また同じ展開があっても)これで勝ちも負けも経験したのでリラックスしてやれると思う。負けた時勝った時の反省から良いところを取ってつなげていきたい。チームは一つにまとまっていた。日体は地力があるのでそこに勝てたのは良かった。応援もそうだし、出る者は集中していたし出ない者はサポートをしっかりしていた。今日は3連戦の初戦で3連戦は精神的にハードだけど初戦乗っていけば勝てるというのがあった。あと2勝すればまだ優勝できる可能性があるのであと2勝したい」

澁谷
「2セット目11点で折り返した時リズム良く2点取れたのでチャンスだと思っていけた。一セット目はずっと競ってて勝負所で抜け出せたので良かった。(応援は)助かりました。一敗で回ってきたっていうのはあったんですけど自分は自分で勝ちに行こうと。相手が高校の同期で球とか手の内はわかっていたのでやりやすかった。大会では2勝1敗で練習では五分五分だった。でもとくに変に考えたりはしなかった。明日は日大なので確実に勝って明後日につなげたい」

鈴木萌
「チームが2―0で回ってきて1ダブ取ってくれて、その流れで自分たちも取れてチームも勝てたのでそれが一番よかった。やるしかなくて自分たちから攻めていくことを意識した。1ゲーム目はただ止めるだけとか引いたプレーになってしまったので、後半は強気で攻めの形に持っていけるように意識してやった。後半はとにかく自分たちから攻めていけるように。ミスが多くなると自分たちのプレーができなくなるので、まずは入れて攻撃の形に持っていけるようにした。とにかく自分たちが取って次につなごうという気持ちが今日はプレーにも出てたと思うので、それが強気なプレーにつながったと思う。誰かが負けてもカバーを今日もできてたので、チームで勝てるようにあと2戦も入替戦に向けて頑張りたい」

後藤
「2ー2で回ってきて、今まで1シンしかしたことがなくて最後の3シンが初めてで緊張した。勝ててよかった。2―2で回ってこないと思っていた。しっかり準備してたのでよかった。(一気に取られたあと取り返したが)風も若干吹いてたと思うけど、相手も今までの試合を見ている限りではメンタルが強くていつも3シンで勝ってる人なので、ここまできたら実力差はあまり関係ないなと思って気持ち勝負だと思って試合に臨んだ。1ゲームも落とすことなく勝てたのが一番よかったこと。あそこで2ゲーム目そのまま取られてたらファイナルも流れで勢いで持ってかれてしまう可能性があったので、あそこでしっかり勝ち切れたのがよかった。あと応援が大きかった。3シンってこんな感じなんだなと思った。今まで1シンしかやったことなかったのでまだ下に4つあるなとか思ったり気が楽じゃないですけど、でも3シンは本当に自分に懸かってるので。みんなのおかげで勝てた。勝ち切れてよかった。(最後のショットは)終盤は相手ものってたというか勢いもあったので、ここで引いて後手後手に回ったらもうジュースというか20オールで持ってかれるなと思ったので思い切り攻めた。(3連勝でチームとしてはどうか)いい雰囲気だと思う。今日はみんな頑張ってくれたけど特に同期の2年生で3ポイント取れたというのが自分としてはうれしい。女子は2年生強い。(残り2試合だが)このまま無敗で、そんなに意識してるわけではないけど誰かが負けたらその穴を埋めるという感じで頑張って今日はやってた。明日以降は第1か第2か第3か分からないけど、どこにいてもその責任を果たせるようにポイントを取っていきたい」



ニュース
 
 この記事へのご意見はこちらからお寄せください。
 今後の明大スポーツ運営への参考にさせていただくほか、ご意見としてご紹介させていただく場合もございます。
 ※必ずEmailアドレスをご入力ください。
 ※htmlタグなど、一部本文中にご利用できない記号がございます。
Email: