検索
 HOME > 硬式野球部

1戦目の先発を任される森田


東京六大学野球 2015〜春〜  (21)優勝へ負けられない一戦 投打で圧倒し法大撃破だ!/法大戦展望   

 頂点へ上りつめる。今年は下級生の時からチームに欠かせない存在となっていた4年生が軸。実力者が多くそろい大学球界屈指の戦力を誇る。チームが狙うのは「日本一」のみ。6月の全日本大学選手権を懸け、好敵手と争いを繰り広げる。まずは昨季に続くリーグ戦優勝を必ずつかみ取る。
 運命を分ける大事な1戦が幕を開ける。今カードの相手は勝ち点2で早大との勝率差で2位につける法大だ。明大は前カード、慶大に3季連続勝ち点を献上し、法大に次ぐ3位に順位をつけている。負ければ優勝は遠のく大一番、勝利へと突き進む。

 勝利を呼ぶ充実の投手陣だ。昨年度までチームを支えていた大黒柱・石田健太選手(現横浜DeNAベイスターズ)が抜けた不安を吹き飛ばし、今季の法大は守り勝つパターンが見られる。慶大との開幕戦零封から始まり、立大2回戦での3投手での完封リレーなど、スキの少ない投手陣が勝利に大きく貢献。その中で柱となっているのがルーキーながら開幕白星を収め、六大学史上3人目の1年春での開幕戦白星の快挙を達成した森田とリーグ4位の防御率1.69を誇る熊谷の左右二枚看板だ。森田は自己最速となる147kmを計測するなど堂々の投球でデビュー戦を飾ると、ここまで2カードの1戦目に先発しリーグ3位の13奪三振を記録。ルーキーとは思えぬ活躍を見せている左腕だ。一方の熊谷は140キロ前後の直球とスライダー、カットボールを操り、本塁を踏ませない粘りの投球でここまで2勝。さらに川名は慶大、立大との2試合で打者17人と対戦し許した安打はわずか1本。他にも玉熊など充実したリリーフがそろう。
 好調の4番を軸に打ち勝つ。現在チーム打率は2割台前半と奮わない打線だが、その中で頼もしい存在となっているのがチームで唯一打率を3割台に乗せている4番に座る菅野剛士外野手(営4=東海大相模)だ。長打率は7割を超え、5得点を記録し攻撃を支えている。慶大3回戦では15残塁と勝負弱さに泣いた打線。法大は投手陣の活躍が光るチームだが、一度崩すことができれば大量得点も狙える。主軸の前に走者を置き、菅野の流れを呼ぶ快音に期待だ。

勝負強さを見せる中村
勝負強さを見せる中村


 好機に強い打撃が魅力だ。法大は現在まで逆転勝利を2度決めるなど、どんな状況でも油断はできない。中でも好調をアピールしているのは蔵枡。開幕は6番を任されていたが、立大2回戦で適時打を放つ活躍を見せると、3回戦では5番へと打順を上げた。打率は現在チームトップの4割4分4厘をマークし、後続の攻撃へつないでいる。そしてその下位打線で奮闘するのはルーキーの中村だ。森田とバッテリーを組んだ開幕戦では4回に加藤拓から適時打を放つと、それが決勝打となり試合を決めた。中村が打点を記録した3試合で、逆転に成功したのが2試合。中村は反撃の火ぶたを切る怖い存在だ。主軸を担う主将・副将コンビの畔上と佐藤竜にも警戒したい。4番を打つ畔上はここまで2安打と苦しんでいる。しかし、畔上が昨年度記録した15打点の半分近くの6打点を明大戦で記録しているなど、良い印象はない。佐藤竜も「自分の中では一番気合が入る」と今カードに対する意気込みは強く、明大撃ちに燃える一人だ。
 容易に得点は許さない。チームの勝利のため期待が懸かるのは上原健太投手(商4=広陵)だ。前回登板の慶大戦では5回を投げ無失点。「まだまだいけた」と手応えをつかんだ。法大戦では長いイニングを投げ抜く好投が待たれる。そして星知弥投手(政経3=宇都宮工)、水野匡貴投手(農2=静岡)の好救援にも注目したい。慶大戦では2人合わせて10三振を奪うなど圧巻の投球でここまでともに自責は0。チーム防御率も1.67を記録し、安定した守りを見せている。法大打線に付け入るスキは与えない。

 優勝のために勝ち点奪取は絶対の今カード。法大は創部100周年の節目を迎え「必ず優勝しなくてはいけないという運命だと思っている」(若林)と4季ぶりの優勝を目指し勢いは止まらない。後がない状況で苦しい明大だが「可能性はまだまだある」(坂本誠志郎主将・文4=履正社)と目前の試合に闘志を燃やす。負けられない血の明法戦を制すのは紫紺ナインだ。

[川合茉実]


応援へ行こう!
対法大戦 
5月2日 10時半試合開始予定(三塁側)
5月3日 13時半試合開始予定(一塁側)

神宮球場アクセス
・東京メトロ銀座線 外苑前駅より徒歩3分
・都営大江戸線 国立競技場駅より徒歩7分
・JR総武線 信濃町駅より徒歩10分 千駄ヶ谷駅より徒歩15分

過去の法大戦スコア
シーズンスコア成績
14年秋○5−1優勝
●1−6
○3−2
14年春●1−23位
○5−3
○4−3
13年秋○5−2優勝
○5−3
13年春●5−9優勝
△5−5
○6−3
○3−2
12年秋●1−64位
●2−3
12年春○4−24位
△4−4
●4−5
○5−3
11年秋◯9−8優勝
●1−3
◯3−2
11年春◯5−24位
●1−3
●0−2
10年秋◯4−14位
●5−8
●1−0
10年春◯6−53位
◯4−2
09年秋◯5−1優勝
●1−3
○3−2
09年春●3−53位
●4−5
08年秋◯3−03位
◯7−0
08年春◯7−2優勝
△2−2
○6−0



勝敗表 第3週 5/1現在
試合勝利敗戦引分勝ち点勝率
早大---      ○△○○○540121.000
法大  ---  ○○●○○  54102.800
明大    ---●○●  ○○53201.600
慶大  ●●○●○---    52301.400
立大●△●○●●     ---  61410.200
東大●●  ●●    ---40400.000



●東京六大学野球 2015〜春〜のバックナンバー

ニュース
 
 この記事へのご意見はこちらからお寄せください。
 今後の明大スポーツ運営への参考にさせていただくほか、ご意見としてご紹介させていただく場合もございます。
 ※必ずEmailアドレスをご入力ください。
 ※htmlタグなど、一部本文中にご利用できない記号がございます。
Email: