検索
 HOME > バドミントン部

ポイントを取りガッツポーズを見せる後藤

バドミントン部  男子は完敗 女子は連勝で前半戦を終える/関東大学春季リーグ戦

◆4・25〜5・4 平成27年度関東大学バドミントン春季リーグ戦(日体大米本記念体育館)
▼男子(1部リーグ)
  明大1―4早大○
  澁谷●0―2
  水間●0―2
  高野・宮嶋組●0―2
  山角・武石組●0―2
  小笠○2―1

▼女子(2部リーグ)
 ○明大4―1東京情報大
  後藤○2―0
  十河○2―0
  高崎・村上組○2―0
  鈴木萌・瀬川組○2―0
  深田●0―2
 男女で明暗が分かれた。男子は4戦で1セットも取ることができずにストレート負け。第3シングルスで登場した小笠裕貴(政経2=名経大市邨)が第1セットを落とすも第2セットを取り返して勝利を挙げ全敗を回避した。女子は1日目と同様に後藤にこ(文2=聖ウルスラ学院英智)がストレート勝ちで流れをつくると4連勝。第3シングルスを落としたが4―1で2連勝とした。

[男子]
 完敗だった。古賀・斎藤組ら強豪を擁する早大相手に4戦連続ストレート負け。第1シングルスではルーキーの澁谷勇希(政経1=埼玉栄)が、シングルスでもインカレ準優勝の経験を持つ古賀(早大)にジュースまでもつれる互角の戦いを見せるが20―22、16―21で惜しくも敗れた。続く第2シングルスも落とし、ダブルスエースの高野将斗(商3=埼玉栄)・宮嶋航太郎(商3=埼玉栄)組も古賀・斎藤組に第1、2セットともに19―21と競り負け敗戦が決定。惜しい試合は見せるが勝ちきることができなかった。
 一矢報いた。敗戦が決まった中、最後に出場したのは試合前にオーダー変更となった小笠。第1セットは終始相手ペースとなり10―21の大差で落とした。第2セットに入るとリードを奪い、16―14の場面から一挙5得点。今試合初のファイナルセットへ持ち込んだ。迎えたファイナルセットでは5―10と先行される中6連続ポイントでインターバルを取ると、勢い止まらず14―10とリードを広げる。徐々に追い上げられジュースまでもつれたが、バックライン際にショットを入れ試合を決めると両手を高く突き上げ喜びを表した。
 悔しさをバネに努力した結果が実を結んだ。小笠は昨年度も春季リーグ戦2日目第3シングルスにオーダー変更で出場。しかし「全然できなくて1年間自分の中ではっきりとした答えが見つけられなかった」と0―2で敗れるとそれ以降の出場はなかった。伸び悩んだ1年間があったからこそのリーグ戦での初勝利の味。試合後は「正直すごいうれしかった」と笑顔を見せた。

[女子]
 安定感を見せ2連勝となった。前日同様トップシングルスで出場したのは後藤。「昨日と比べたらいい試合ではなかった」(後藤)と悔いを見せたがストレート勝ちで流れを引き寄せた。続く十河茉由(商1=高松商)もルーキーとは思えない圧倒的強さで21―7、21―11で勝利。「自分たちが勝っていい流れで運んでいけたらと思っていた」(村上晃・商2=青森山田)と試合を決める場面で高崎真美(政経3=日本橋女学館)・村上組が登場。危なげない試合運びを見せ21―15で第1セットを獲得した。「ラリーになっても落ち着いてミスをしないで入れていく」(村上)という意識の下、長いラリーを制してポイントを上げるなど21―13で第2セットも取りストレート勝ちを決めた。

 リーグ前半戦は上々の出だしとなった。男子は待望の前半戦での勝利を挙げ、女子は2連勝で優勝へ向け好調なスタートを切った。ルーキーや2年生といった下級生の活躍もありチーム全体が勢いづいている。残る3連戦も勝利を挙げそれぞれの目標へ向け突き進む。

[谷澤優佳]

試合後のコメント
小笠

「最初メンバー呼ばれてて外されてからだったのでめっちゃ悔しかったけど、そこで悔しさをバネにできたのがよかった。こっち来て練習終わって試合に入る時に声をかけられた。時間があったので割と気持ちを落ち着けることができた。負けたって思うよりは勝敗が決まってたので気楽にやろうと思っていた。自分のプレーが1ゲーム目できなかった中で、2ゲーム目とかは引きずるんじゃなくて開き直って深く考えずにできたのが点数につながったと思う。相手を動かすことを意識していた。自分の決め球というのがないので相手を崩してチャンスボールだけを確実に決める。去年もメンバーチェンジで始まったんですけど全然できなくて1年間棒に振ったというか伸び悩んだ。自分の中ではっきりとした答えが見つけられなかった1年間だったので、勝てたのは正直すごいうれしかった。今日キャプテンにもチーム全体が昨日勝って安心したと言われたので、そこは1週間あるので0に戻してリセットした状態から、来週の初戦を法政戦と同じように最高の形で入れたらいい」

後藤
「昨日同様トップシングルスで今日は危なかった試合をしてしまったのでチームのためにはもっと圧勝して流れをつくりたかった。でも負けてた状態から1、2ゲームともまくれたのは大きな収穫だと思う。昨日と比べたらいい試合ではなかったけれど、ちゃんと勝ってポイントは取れたので結果的によかったと思う。ファイナルになっていたらこれが後々得失点差ととかの勝負になった時に自分があの時ストレート勝ちしとけばとか思いたくなかったので、今日2―0で勝ててよかった。勝ててることが団体戦においては大事だと思うので、内容がどうであれ勝てたということには変わりがないので大きな自信になると思う。トップシングルスなのでそのチームのエース級の選手がくることが多いので、緊張というよりも不安の方が大きい。今年から2部なのにちゃんと勝てるかな、とか。自分の後ろに4つもあるので緊張はしない。初戦が結構ヤマ場で今日はまあ大丈夫かなという相手だったけれど、3連戦の初戦の東女体大戦が結構シングルス陣がポイントになってくる相手なので、そこで自分が勝てればチームが一気に楽になる。これからの3連戦全部シングルス陣がカギになってくるので勝っていけるように頑張りたい」

村上
「昨日の試合よりは2人ともうまくいってたのかなと思うけど、もっと点数を抑えて勝てたかなという反省点が出た。2部で危ない試合をしていたら1部で勝てないと思うし、危ない試合をしてもそこで勝ち切る力をつけたい。2―0で回ってきて目標は5―0で勝つことだったから自分たちで流れを崩してしまったらチームに影響すると思うし、自分たちが勝って後の試合もいい流れで運んでいけたらと思っていた。勝つという意識で試合に入っていった。速く動いてつなぎ球をしっかり入れるとかシャトルがあまり飛ばないから攻めても返されるのが分かっていたのでラリーになっても落ち着いてミスをしないで入れていこうという意識があった。初めて2部でプレーをしたけど2部の人たちも強いし油断したら負けちゃうなという感じがあって、2試合やって向かってこられる立場だからそこをしっかりはね返す気持ちを持ってやっていかないと試合は何が起こるか分からない。ワンプレーずつ気を引き締めてやっていかないといけないというのが分かったし、来週3試合あるけどそこも自分たちが勝ってチームも勝って全員で試合をしていけたらいい。来週は自分たちが全部勝って入替戦に持っていく!!!」


ニュース
 
 この記事へのご意見はこちらからお寄せください。
 今後の明大スポーツ運営への参考にさせていただくほか、ご意見としてご紹介させていただく場合もございます。
 ※必ずEmailアドレスをご入力ください。
 ※htmlタグなど、一部本文中にご利用できない記号がございます。
Email: