検索
 HOME > バドミントン部

チームに勢いをもたらした高野

バドミントン部  男女ともに開幕戦勝利! 好スタートを決める/関東大学春季リーグ戦

◆4・25〜5・4 平成27年度関東大学バドミントン春季リーグ戦(日体大米本記念体育館)
▼男子(1部リーグ)
 ○明大4―1法大
  高野○2―1
  水間○2―0
  小林・櫻井組●0―2
  高野・宮嶋組○2―0
  澁谷○2―0
▼女子(2部リーグ)
 ○明大3―2日大
  後藤○2―0
  森●0―2
  高崎・村上組○2―0
  鈴木萌・瀬川組●1―2
  十河○2―0
 男女そろって開幕戦に勝利した。男子はシングルス勢が活躍。理想的な試合運びで法大に4―1で勝利した。女子は第1シングルスの後藤にこ(文2=聖ウルスラ学院英智)がストレート勝ち。チームに勢いを付け、最後はルーキーの十河茉由(商1=高松商)が勝利。日大を3―2で下した。

[男子]
 チームに勢いを引き寄せた。この日第1シングルスに入ったのは高野。昨年までは第3シングルスを任せられることが多かったが、今年は開幕戦、トップシングルスでの出場となった。1ゲーム目は相手のミスもあり21―11で難なく取ったが「緊張のせいで硬くなった」と2ゲーム目は相手に12連続得点を許すなどまさかの展開に。9―21でこのゲームを落としてしまう。しかしここで吹っ切れた。「ファイナルなんて勝つか負けるかだけ」。すると序盤からリードを広げ、最終的には21―16で勝利した。この勝利でチーム全体が勢い付いた。第2シングルスの水間陽介(政経3=札幌第一)も積極果敢に攻め続け、2―0のストレート勝ちで後続につなぐ。続く第1ダブルスを落とすも、第2ダブルスでは高野・宮嶋航太郎(商3=埼玉栄)組がこちらもストレート勝ち。チームの勝利をつかみ取った。法大から手にした開幕勝利に「やっていたことが間違っていなかった」(小林俊也主将・政経4=埼玉栄)と主将もこれまでに積んだ練習の成果を実感した。昨年は春秋ともにリーグ戦前半での白星はなかったが、今年は開幕戦をうれしい勝利で飾った。

[女子]
 最後はルーキーが試合を決めた。2―2で迎えた第3シングルスを任されたのは十河。リーグ戦初出場の新人にチームの勝敗が託された。「緊張はだいぶした」と大一番の空気に戸惑いながらも、2―0で相手をストレートで下した。途中勝ち急ぎ、ミスをする場面も何度か見られたが、この日第1シングルスの役割を務めた後藤に「えぐい」と言わしめるコースを突くショットを披露。自らの持ち味を存分に発揮する堂々のデビュー戦だった。
 
 2部で迎えた開幕戦を勝利で飾った。第1シングルスの後藤はリーグ戦初のシングルス出場ながら自らの役割を全うし、勝利に貢献した。十河、後藤といった下級生がチームに流れをもたらしている。

 男子は1部優勝、女子は1部昇格というそれぞれの大きな目標に向け好スタートを切った。小林が「今は勢いがある」と言うように、チームの状態は良好だ。リーグ開幕前に状態が不安視されていた水間、後藤といった実力選手がリーグ戦の舞台で復活。また男女それぞれで第3シングルスにおいてストレート勝利を挙げたルーキー、澁谷勇希(政経1=埼玉栄)や十河といった新戦力も台頭し、戦力は充実している。「あとは全部勝つ」(小林)。新しい明大の戦いぶりに注目だ。

[原大輔]

試合後のコメント
[男子]
小林主将

「シングルスの二人を選んだ理由は、開幕トップシングルスで高野に勝ってもらって明治に勢いを引き込んでもらおうと思いました。高野が勝つと信じていたので、つくってくれた流れを途切らせないということが重要になってくると思ったので、昨年も出ていたということで水間を選びました。最後の澁谷は経験ですね。ダブルスの練習を割いてまでシングルスの相手をしていた時期もあったので、そういう部分が結果に現れてうれしいです。安心しました。やっていたことが間違っていなかったんだなと。法政は一番食えるなと思っていました。そこで自分たちが食われたら落ちていく一方ですし、自分たちは優勝を目標にしているので、一番食えるところと一番最初に当たったというのはラッキーだなと思います。今は勢いあるので、明日も勝てると思います。この勢いのままつなげたいです。今日はきついときに応援も少ないながらしっかりできていたと思うし、チーム力というのが今日の勝利にはあるんじゃないかなと思います。(勢いは)いつも勝たないと思っていたシングルスが勝ったのと、4勝を挙げたことが大きいです。正直言ってしまえば残留も有利になるのでリラックスして次もいけます。いつも勝たないと思っていたシングルスが勝てたので、びっくりとともにそれが勢いにつながったと思います。水間の第2シングルスは不安でしたけど、蓋を開けてみたら水間がよくて、自分がダメだったという感じですね。自分の調子は悪いわけではなかったですけど、勝ちに貪欲になり切れなったということを今すごく後悔しています。キャプテンなので正直あの場面で決めないといけなかったですが、負けてしまったのはチームに本当に申し訳ないです。(今後のチームの目標)あとは全部勝ちます」

高野
「第1シングルスは緊張しました。1年の時に2部だったですけど、第1シングルスの経験はあります。勝てはしたんですけど、ぱっとした試合ができていなくて今日もそんな感じになっちゃうかなと思いました。今日は出だしがよかったんですけど、そこでやっぱり自分の甘さというか、油断ではないですけど、緊張のせいで硬くなりました。1ゲーム目は単純に相手が崩れてくれました。そこで簡単に取れすぎて2ゲーム目しっかり抑えようと思ったんですけど相手が結構ペース上げてきたのでやられてしまいました。3ゲーム目はあとはやるだけだと吹っ切れました。出だしが見やすいコート側だったのでそこでもっていけたのは良かったかなと思います。ファイナルなんて勝つか負けるかだけなんで、そこまで行ったら思いっきりできました。自分が取って水間がつなぐという形で行くという感じだったので、しっかり水間もやってくれてよかったです。第2ダブルスはある程度緊張はしましたが、試合決めれたので楽しかったです。今日はとりあえず2勝できたので、結果の世界なので評価したいと思います。勝利を決めた瞬間はうれしかったです。去年5位からの優勝を狙っているので。去年1年間としても最後に2勝しているという形だったので、今年は初戦から勝ててうれしいです。(これからのリーグ戦は)全勝します」

水間
「最近ずっとだめだめだったんですけど試合に出してくれたので、その期待に応えたい一心でした。普段の練習に比べて応援もいて盛り上がってくれたので、自分的に気持ちが楽になって、どんどん前にのっていけたかなと思いますね。(高野が第1シングルスで勝った)勝ってくれたので次もつなげるしかないなと。(今日の勝利は)嬉しかったです。次につなげることができたんじゃないかなと思います。(最近はどこがだめだったのか)自分のなかでも答えは出てないんですけど、体どうこうじゃなくて気持ち的にのってるかのってないかという、メンタル的なものですね。今日はどんどん前面に出していって、相手もびびってくれたので良かったです。(これからのリーグ戦は)全員で勝ちます」

[女子]
後藤

「自分の中では第1シングルスでどういう勝ち方をするかというのが団体戦では特に流れが決まってくると思うので、変な試合を一番してはいけないポジションなのでそれをすごく意識していました。きちんと2ー0で勝てたというところは責務を果たせたかなと思います。結果的に自分の1ポイントが勝ちにつながったので、そこはすごくよかったです。私はケガ明けで3月の合宿とか遠征とかでも全然練習できていなかったです。今日までも部内で負けっぱなしで自信とかもなくしていたんですけど、気を強く持って、団体戦ということもあってみんなの応援で勝てたかなと思います。応援が大きかったです。昨日とかも全然だめな試合をしていました。自分の考えでは第1シングルスは情けない試合をしてはいけないと思います。負けたとしても競って、次につなげるということも重要な役目だと思います。今日も試合前は情けない試合をしないかというのが不安だったので、勝ててよかったです。私は去年のリーグは全部第2ダブルスで出ていました。今まではそういうのもあって流れが作られていたので、今回は第1シングルスという自分が流れをつくる側になって勝てたのはよかったと思います。やっぱり緊張はしなかったですけど不安でした。今まで全然満足のいく試合をできてなくて、若干開き直ってやったというのもあると思います。(第3シングルスの十河について)本当に大型ルーキーという感じだと思います。部内でも勝っているので、ちゃんと勝ってくれるなという信頼はありました。(ルーキーを第3シングルスに出すのは)全然第3シングルスで妥当だなと思いました。彼女は左利きですし、身長、手足の長さを兼ね備えています。あとショットがえぐいですね。コースに決まる感じです。コースを突く技術とかそういうショットを持っているので、攻撃型という感じです。私と違って高校時代に実績をあげてはいってきているので頼もしいですね。団体戦は流れとか勢いが大事だと思うので、自分が勢いづけられるような試合を明日からもしていきたいです」

十河
「緊張はだいぶしました。勝たなきゃという気持ちがあって攻め急いだりして自分からのミスが増えました。もっと落ち着いてミスを少なくしていきたいです。(第3シングルスを)任せられたので、やっぱり自分が勝って勝利に貢献したいなと思いました。チームが勝ったのはすごいよかったんですけど、自分の試合にはまだまだ反省点とかいっぱいあるので次に生かしたいです。2ゲーム目に相手がリードしていたんですけど、そこから追い上げられたことは良かったなと思います。一試合一試合目の前の試合をきちんとこなして勝っていきたいです」


ニュース
 
 この記事へのご意見はこちらからお寄せください。
 今後の明大スポーツ運営への参考にさせていただくほか、ご意見としてご紹介させていただく場合もございます。
 ※必ずEmailアドレスをご入力ください。
 ※htmlタグなど、一部本文中にご利用できない記号がございます。
Email: