検索
 HOME > 硬式野球部

唯一複数安打を放った菅野


ボールパーク便り  投打ともに力及ばず 富士重工業に完敗/社会人対抗戦  

◆4・4 社会人対抗戦(神宮球場)
▼対富士重工業戦
明大1―5富士重工業○

社会人対抗戦
富士重工業
明大

 昨年の都市対抗野球準優勝の富士重工業に完敗した。

 打線は初回に敵失で先制するものの、その後は三塁さえ踏むことができず無得点。菅野剛士外野手(法4=東海大相模)が2安打を放ったが、チームとしては散発4安打に抑えられた。
 投手陣は6投手が今季初めて神宮のマウンドに立った。しかし、6回に上原健太投手(商4=広陵)が本塁打を含む3長打を浴びて2失点し逆転された。9回には星知弥投手(政経3=宇都宮工)が3失点でダメ押し点を献上。被安打12、5失点と力負けた。

[森光史]


●ボールパーク便りのバックナンバー

ニュース
 
 この記事へのご意見はこちらからお寄せください。
 今後の明大スポーツ運営への参考にさせていただくほか、ご意見としてご紹介させていただく場合もございます。
 ※必ずEmailアドレスをご入力ください。
 ※htmlタグなど、一部本文中にご利用できない記号がございます。
Email: