検索
 HOME > 硬式野球部

そのバットでチームを頂点へ導く


東京六大学野球 2015〜春〜  (3)開幕前選手インタビュー 高山俊外野手   

 頂点へ上りつめる。今年は下級生の時からチームに欠かせない存在となっていた4年生が軸。実力者が多くそろい大学球界屈指の戦力を誇る。チームが狙うのは「日本一」のみ。6月の全日本大学選手権を懸け、好敵手と争いを繰り広げる。まずは昨季に続くリーグ戦優勝を必ずつかみ取る。

 数字の壁を越えてみせる。昨季、リーグ通算100安打を達成した山俊外野手(文4=日大三)。オフシーズンを経てさらに一回り大きくなった体格や、打席に入る前の動作には風格すらただよわせている。安打記録、ドラフト1位候補と周囲からの注目が高まる今季も、自らのバットで安打を量産しチームを勝利に導く。(この取材は3月22日に行ったものです)

――最近の調子はいかがですか
調子は悪くないです。結果が出る日と出ない日がはっきりしています。どうしてそういう結果になったのかというのはわかっているので、いい感覚でやっています。実践の投手を相手に打つということで、オフにやってきたことや、固めてきたスイングでどれだけ打てるかということを考えて実践に入りました。

――最後の一年を迎える前のオフということで意気込みも違っていますか
そうですね。もうこの時期やったことが春や、秋に出ると思うので、大事な時期だと思ってやってきました。

――キャンプでの実践で試していきたいことは
今は打ちやすい球を投げてもらったり、ロングティーだったりをやっているんですけど、実戦ではピッチャーが打たせないように投げてくる球を打たないといけないので、このオフシーズンではやっていない対応力を磨いていきたいです。力だとか、振るスピードだとかはここからもあげていかないといけないですけど、まあオフシーズンでそこは入念にやってきたと思っているので、難しい球だったりをヒットにできるようにする技術をつけたいですね。

――今季からは副将に就任されました。意識の変化などはございましたか
今まで1年生から試合に出てきて、自分もチームを引っ張っていこうという意識はもとからありました。ですがいざ副将になってみて、チーム全体を見渡すことや、今までの毎年毎年のチームの良かったところを同期に伝えたりだとかを心がけています。割と自分から声は掛ける方です。

――理想とするチーム像はどんなチームですか
一言で言うなら、負けないチームです。でも野球だけではもちろんだめなので、普段の生活から4年生が見本になるようなチームにしていきたいです。そういう部分が去年のチームのいいところでもあったので、上級生が明るく引っ張っていくスタンスでやっていきたいです。

――2月5日に行われた冬季特別トレーニングで篠塚和典さんからいただいたアドバイスは
事前にアンケートがあったんですけど、それにバッティングについて教わりたいことを書く欄があって、自分は「低めの変化球のボール球を振ってしまう」というのを書いたんです。それを篠塚さんが覚えてくださっていて、その、低めのボール球を振らないように振らないようにと意識するとバッティングが小さくなってしまうというか、硬くなってしまうので、振らないよりは振ってヒットになるのが理想的だと考えた方がいいんじゃないかという風に言われました。10回に3回打てばいいバッターと言われる世界なので、拾ってなんとかヒットにしていけるようになればいいと。

――そのために変えてみたことはありますか
膝を柔らかく使うようにと言われました。前の膝、右の膝をうまく柔らかく使うということを言われて。今はトスとティーとかではやっているんですけど実際のピッチャーが相手となるとわからないです。でもバッティング練習では比較的ストライクもボールも全部打つようにしています。今までは打たなかった、絶対ボールだとわかっているような球も、手を出してしまった時のために、ヒットにできるように振るようにしました。手応えはまだ全然ですね。これからのキャンプが終わった時に、手応えがつかめてきてますと言えるようなキャンプにしたいです。

――17日〜19日と代表合宿に参加されましたが、振り返ってみていかがでしたか
今まで名前しか知らなかったような、地方のいい選手を実際に間近で見ることができて、とてもいい刺激になりました。誰が特に、というよりも皆本当に実力がある選手ばかりで。しっかり見て、近づきたいと思いました。すごいなと思った選手に共通していた部分は、強く振る中でしっかりミートしている、ということですね。思いっきり振りながらも、芯にしっかり当てていて、ただ当てているだけでも、思い切り振っているだけでもなくて、その両方を両立しているところがすごいと思いました。


強肩が光る守備にも注目だ
強肩が光る守備にも注目だ



――安打数への意識について聞かせてください
強いですね。最初は周りの記者の方や、応援してくれる方の方がそういう記録を自分に意識させてくるような感じだったんですけど、でもここまできたらもう自分がやるしかないなと。打率とかだと、周りが落ちれば1位になることとかもあると思うんですけど、ヒットは自分がやるしかないので、自分で意識しないと絶対に越えられない記録だと思います。無理やりにでも意識するようにしている、というとまあ雑ですけど。その記録を超すときはチームもいい結果になっていると思うので、その記録への意識は強く持っています。

――バットに刻んだ数字への思いはいかがですか
今までは名前を入れてもらっていたんですけど、3年生の春前にバットを削ってもらう時に、絶対に見えるところに128という数字を入れることによって練習から意識づけをしていこうという意味で入れました。自分ではいいと思っています。秋は数字という面では結構つらかったです。

――こだわりの道具について聞かせてください
自分、バットはめちゃめちゃ軽いのを使ってるんですよ。重いのだと振れないので。持った時に思いなって感じるのが嫌なんです。道具へのこだわりは強い方です。バットはミズノの人に驚かれるほど軽いのを使っています。グラムは詳しくはわからないんですけど「こんな軽いの使ってるの」と言われました。いろんな形を今まで使ってきてたんですけど、3年生の春に128って入れてからは同じ形をずっと使っていて、今年もそれを削ってもらいました。あとグローブは外野手用にしては小さめなのを使っています。簡単に言うと、そこまで大きいグローブを扱えるほど守備がうまくないのでというのが理由ですね。グローブは年間で変えています。

――最後に今季の目標を一言お願いします
チームとしてはもちろん優勝。個人としては、秋は20本という目標を持っていたんですけど、今季は何本打つ、とかは決めずにもう打てるなら打てるだけ打ちたいです。どんな形でもいいのでヒットをたくさん打つことですね。その中で記録もついてくればベストかなと思います。



――ありがとうございました

高山 昨季・通算成績
試合打数安打二塁打三塁打本塁打打点盗塁犠打四死球打率
昨季
14
53
19
12
.358
通算
81
315
100
20
38
11
32
.317









[箭内桃子]

●東京六大学野球 2015〜春〜のバックナンバー

ニュース
 
 この記事へのご意見はこちらからお寄せください。
 今後の明大スポーツ運営への参考にさせていただくほか、ご意見としてご紹介させていただく場合もございます。
 ※必ずEmailアドレスをご入力ください。
 ※htmlタグなど、一部本文中にご利用できない記号がございます。
Email: