検索
 HOME > バドミントン部

高原の健闘も実らず敗戦

バドミントン部  専大に敗れ女子団体はベスト8/関東学生新人選手権

◆11・4〜12・7 平成27年度関東学生新人選手権大会(所沢市民体育館他)
▼女子
 明大1−2専大○
 高崎・村上組●0−2
 高原・後藤組○2−0
 高原●1−2
 1、2年生で行われる新人戦で女子団体は専大に敗れベスト8。昨年は準優勝を果たしていただけに、悔しい結果となった。

 第1シングルスには高原美由樹(文2=埼玉栄)が出場。前日に始まった試合であったが体育館の使用時間が過ぎてしまい、日をまたいでの第1シングルスとなった。前日にお互いがダブルスで一つずつ勝っていたため勝てば準決勝進出、負ければ敗退という大一番。「調子は悪くなかった」と1ゲーム目から果敢に相手に挑んだ。1ゲーム目を落としてしまうが2ゲーム目には「1ゲーム目にはなかったバックからのクロスを打てた」と要所で力を発揮。終盤に攻め立てこのゲームを勝ち取った。しかし3ゲーム目は終盤に6連続得点を許すなど苦しい展開となる。このゲームを15−21で落とし、チームの敗退が決定した。個人戦でストレート負けを喫していた相手に善戦はしたが、最後は体力の差を見せつけられた。試合後高原は「自分の試合だけをやって(今日が)終わってしまった」と悔しさをにじませた。団体戦としては今季これが最後の試合となった。今季リーグ戦にも出場し活躍した高崎真美(政経2=日本橋女学館)は「来年は春で絶対1部に戻りたい」と今年2部降格した悔しさを糧に、来春の1部昇格を誓った。

[原大輔]

試合後のコメント
高崎

「2年連続ベスト4に入れてたのに、自分たちの代で入れなかったのは悔しい。前回が準優勝だったので、目標は優勝だった。まだまだ自分たちの足りないところが多かった。(新人戦は)やっぱり3、4年生がいないから、勝つチャンスはあったと思う。その中で勝っていけなかったのは悔しい。(今シーズンを振り返って)今年は個人戦は今までで一番いい結果を出せた。だけど、団体戦はリーグで2部に落ちたり、新人戦もこの結果に終わってしまった。来年は春で絶対1部に戻りたいと思う。練習中から引っ張っていけるように、上級生として頑張っていきたい」

高原
「今日は団体戦なのに自分の試合だけだったので個人戦みたいでプレッシャーがすごかった。調子は悪くなく、(自分の力を)出し切りました。ラリーが長いと思ったので、疲れてしまった。1ゲーム目は最初から内に入れていこうとした。2ゲーム目では1ゲーム目にはなかったバックからのクロスだったりを要所で打てた。個人戦でも負けた相手で、実力、体力ともに差があった。試合後は自分の試合だけやって終わってしまったので、みんなに謝りました。新人戦ではどの試合でも自分の実力を出せた。今まではできていなかったこと。自分の力を出し切れて、色々な相手と対戦できて収穫になった。(7日の個人戦では)相手は埼玉栄高校の後輩なので負けたくないという気持ちはある。せっかくここまで来れたので優勝目指して頑張りたい」


ニュース
 
 この記事へのご意見はこちらからお寄せください。
 今後の明大スポーツ運営への参考にさせていただくほか、ご意見としてご紹介させていただく場合もございます。
 ※必ずEmailアドレスをご入力ください。
 ※htmlタグなど、一部本文中にご利用できない記号がございます。
Email: