検索
 HOME > 硬式野球部

チームを引っ張った高橋隼


東京六大学野球 2014〜秋〜  (39)神宮大会前インタビュー 高橋隼之介主将  

 春に3連覇を逃し、覇権奪回を懸けて挑んだ秋。勝ち点を落とせば優勝を逃す最終カードの立大戦で初戦を落とし、一度は崖っぷちに立たされた。だが、そこから底力を見せ、勝ち点を挙げて優勝へと望みをつなぐ。そして、次週の早慶戦が1勝1敗となって勝率で明大を上回るチームがなくなり、2季ぶり37度目のリーグ優勝を果たした。次の戦いは11月14日から始まる明治神宮大会。昨年は決勝で亜大に敗れ、あと一歩のところで優勝を逃した。今年こそ日本一の栄冠をつかみとる。
 集大成を優勝で飾った。1年間チームをけん引し続けてきた高橋隼之介主将(法4=日本文理)。正捕手の座こそ坂本誠志郎捕手(文3=履正社)に譲るが、強力なリーダーシップで選手たちをまとめてきた。そんな高橋隼に今季の振り返りと明治神宮大会の意気込みを伺った。(この取材は11月1日に行ったものです)

――今季を振り返っていかがですか
高橋隼:
春は連敗してそのままガタガタっと崩れてしまいましたが、今季は開幕から連勝してそのまま良いペースでいけたので、春と比べて良かったシーズンだと思います。

――今季、流れを左右した試合は
高橋隼:
勢いが付いたのは早稲田戦です。序盤のヤマ場と位置づけていた試合で、連勝できたのは大きいです。最終カードの立教戦で粘って、勝ち点を取れたことのきっかけにもなったと思います。齊藤(大将投手・政経1=桐蔭学園)、柳(裕也投手・政経2=横浜)といった新戦力が台頭したことも大きいです。

――逆に流れが悪くなった試合は
高橋隼:
法政の2回戦です。あそこでさあいくぞ、というときに僕らのミスが多発して負けてしまったことでチームの勢いをなくしてしまいました。

――チームとして今季取り組んだことは何ですか
高橋隼:
守備ではとにかくミスをなくすということを善波(達也)監督から言われていて、守備練習には時間を掛けました。打撃では、逆方向に打球を飛ばすことを意識しました。その結果、今季は良い打球が飛ぶようになったと思います。また、立教の1回戦で澤田(立大)相手にチャンスで打てなかったので、チャンスで打つために練習通りの力を発揮しようと気持ちの面で強く臨むことを意識しました。

――4年生の存在はチームにとって大きいものでしたか
高橋隼:
非常に大きかったと思います。最後にベンチ内、ベンチ外の4年生が一つになって下級生を引っ張ることができたことは、チームにとって大きかったです。ほとんどの4年生が練習の手伝いをやってくれて、レギュラーを支えてくれました。4年生がスタンドで応援している姿をベンチ内の選手が見て、少しでも長く野球をさせたいという気持ちになったと思います。

――慶大戦で勝ち点を落とした後、立大戦で粘って勝ち点を取れたことは昨春の法大戦の経験が大きいですか
高橋隼:
立教の1回戦を落としてもその後ガタガタッと崩れることはなく、逆に明治のペースとしてその後に勝ち点を取れたことは、監督や僕ら選手たちが昨年を経験したことは大きいです。

――試合中にチームをまとめるために工夫していることは
高橋隼:
グラウンドにいる9人が気付いていないことをベンチの僕が気付かせることを意識しています。それと、スタメン外のベンチの選手のモチベーションにも注意を配って、気遣いをしています。

――イニング間に投手とキャッチボールをよくされていますが
高橋隼:
キャッチボールをして投手の状態を見て(投手の)今の気持ちを判断していますし、僕も4年生なので投手をマウンドに送り出せる心理状態にすることを考えています。

――チームをまとめる難しさを感じたことはありますか
高橋隼:
勝っているときは何も問題はないですが、負けが込んでいるときにどうチームを立て直すかが重要です。春はそれがうまくいかなくて、チームがガタガタッとなってしまいました。それでも、この秋はその反省を生かして粘りの野球で勝ち点を取れたことは良かったですし、僕も後輩に対して何かを残せたと思います。

――明大で野球人生を終えられますが、今までの野球人生を振り返っていかがですか
高橋隼:
人として大きく成長できたのは野球のおかげですし、特にこの4年間は人としての軸ができた4年間だと思います。高校時代に甲子園に出て、ある程度の自信を持って明治に入った中で、高校時代よりもっとレベルの高い先輩、同期、後輩と野球ができたことはとても勉強になりました。僕は小学生から東京六大学野球を夢見てきたので、野球人生を明治で終えられることはとても幸せなことだと思います。

――後輩に向けて何か言葉はありますか
高橋隼:
明治は「粘り」というチームカラーがあり、そのことを意識して他大学から嫌がられるチームになってほしいと思います。

――最後に、明治神宮大会に向けて意気込みをお願いします
高橋隼:
3年前の竹田(育央選手・平24文卒・現富士重工業)さん、野村(祐輔選手・平24商卒・現広島東洋カープ)さんの代から明治は日本一になっていないですし、立教戦で粘れたことを生かして一戦必勝で頂点を目指したいと思います。

――ありがとうございました。

◆高橋隼之介 たかはしじゅんのすけ 法4 日本文理高出 176cm・74kg  捕手 右投右打

高橋隼 今季・通算成績
試合打数安打二塁打三塁打本塁打打点盗塁犠打四死球打率
今季
.000
通算
25
26
.077




[森大輔]

●東京六大学野球 2014〜秋〜のバックナンバー

ニュース
 
 この記事へのご意見はこちらからお寄せください。
 今後の明大スポーツ運営への参考にさせていただくほか、ご意見としてご紹介させていただく場合もございます。
 ※必ずEmailアドレスをご入力ください。
 ※htmlタグなど、一部本文中にご利用できない記号がございます。
Email: