検索
 HOME > 競走部

競走部  最強世代出陣 集大成Vへ【瓦版】/出雲駅伝

 大学3大駅伝が開幕し、初戦となる出雲駅伝が13日に号砲を迎える。大六野秀畝(政経4=鹿児島城西)を中心とした4年生世代が引っ張り狙うは「優勝」。悲願の大学駅伝制覇へ、古豪明大が神在月の出雲路を駆ける。
ラストイヤー
 最強世代が最後の年を迎えた。現在の4年生が入部した時から「4年後は優勝を狙おう」と話してきた西弘美駅伝監督は今年の明大を「集大成の年」と位置付ける。関東インカレでは長距離トラック部門で1部最高得点をたたき出し、一躍3大駅伝の優勝候補として名乗りを上げた。主力にも故障が目立ったが、松井智靖(営4=世羅)は今年初めて故障の無い夏を過ごした。「自分が引っ張っていかなければいけない」と頼もしい。
出雲初制覇へ 
 出雲駅伝はその距離の短さからスピード駅伝と呼ばれ、出遅れは致命傷となる。過去5年1区での出遅れが目立つ明大にとって「1区2区が全て」(山本豪コーチ)と重要視する。大エースと呼ばれる存在はいないが、4年生を中心とした総合力が持ち味だ。「一人一人が結果を残せば優勝できる」と横手健(政経3=作新学院)。3大駅伝制覇に向けまずは出雲路制覇を狙う。
【田中莉佳】









ニュース
 
 この記事へのご意見はこちらからお寄せください。
 今後の明大スポーツ運営への参考にさせていただくほか、ご意見としてご紹介させていただく場合もございます。
 ※必ずEmailアドレスをご入力ください。
 ※htmlタグなど、一部本文中にご利用できない記号がございます。
Email: