検索
 HOME > 競走部

競走部  区間エントリー発表、1区大六野で勝負/出雲駅伝

◆10・13 第26回出雲全日本大学選抜駅伝競走(出雲大社正面鳥居前(勢溜)〜出雲ドーム前)
 
 明日13日に号砲を迎える出雲駅伝に先立ち、出雲市内で記者会見が行われ区間エントリーが発表された。

1区 大六野秀畝(政経4=鹿児島城西)
2区 有村優樹(商4=鹿児島実)
3区 横手健(政経3=作新学院)
4区 松井智靖(営4=世羅)
5区 籔下響大(営2=須磨学園)
6区 木村慎(商3=浜松日体)
補欠 文元慧(政経4=洛南)
   皆浦巧(情コミ1=豊川)


 昨年7位の明大は、1区にエースの大六野をエントリーした。大六野は今季5000mでベストタイムを更新し、5月の関東インカレでは日本人トップになるなどトラックシーズンで活躍を見せてきた。出雲駅伝でのスターターは自身初となるが、2012年の箱根駅伝では1年生ながら1区を任され区間6位と好走している。全6区間で45、1キロと距離の短いスピード駅伝で1区の重要度は高い。昨年12位と出遅れた鬼門区間を攻略し、上位でレースを進めるつもりだ。

 注目は大学駅伝で初めてエントリーされた籔下。須磨学園高から入学し今夏までBチームでも目立たない存在だったが、夏合宿で急成長しAチーム入りし、好調を維持したままメンバー入りを決めた。西弘美駅伝監督は「スタミナがあり押していける」と成長株を評価する。これまで、トラックレースを含め「紫紺」のレギュラーユニフォームを着たことがないというが「調子はいい。しっかり走らないといけないという責任もある」と意気込んだ。

 決戦の号砲は明日13日の午後1時5分、出雲大社前からスタート。6大会連続6度目の出場で初優勝を目指す。


監督選手コメント
西駅伝監督
「過去5年、1区で出遅れているので今年こそはと一番元気な大六野を持ってきて2区の有村、3区の横手と今元気な3名を前半に持ってきて3区が終わった時点でトップ集団に入っておきたい。今年は安定した中で優勝を狙って1年間やってきたので今回は初戦のこの駅伝で勝ちにいきたいと思っています」

1区・大六野
「1区でしっかりと流れを作りたい。出雲は昨年失敗しているからイメージは最悪だが、気にせず自分の力を出し切れればと思う。今年は勝ちたいし、次の伊勢に繋がるレースにしたい」

2区・有村
「4年が強いのがチームの売りなので、これが明治だと言えるような走りをしたい。チームとしては優勝。個人では区間賞を目指していきたいと思います」

3区・横手
「過去2年に比べると調子はいいし、手応えも感じている。任された区間で今年こそ結果を残したい。一人一人結果を残せれば優勝できる」

4区・松井
「出雲はスピード駅伝なので速いペースで押していけたらと思います。練習も積めているので、これまでの駅伝に比べて距離が短いことに不安はない。メンバーが欠けているが、それなりに勝負できるのではないかと思っています」

5区・籔下
「エントリーされただけでもうれしかった。出雲は三大駅伝の一発目になるので、全日本や箱根につながる大事なレースになる。紫紺を着るのは初めてなのでしっかり走らないとなという感じです」

6区・木村
「飛び抜けて強い人がいないのも問題なので、みんなで区間賞に近い結果を出さないと優勝はない。個人で区間賞を目標にして、全員で優勝したい。今年は先輩たちが強く、良い環境が整っているので狙える年だと思う」


【競走部担当一同】

ニュース
 
 この記事へのご意見はこちらからお寄せください。
 今後の明大スポーツ運営への参考にさせていただくほか、ご意見としてご紹介させていただく場合もございます。
 ※必ずEmailアドレスをご入力ください。
 ※htmlタグなど、一部本文中にご利用できない記号がございます。
Email: