検索
 HOME > 硬式野球部


東京六大学野球 2014〜秋〜  (21)東京六大学秋季リーグ戦 法大戦瓦版配布のお知らせ  

 連勝で首位独走だ! 開幕から好調を維持する明大。 前カードでは柳裕也投手(政経2=横浜)のリーグ戦 初完封や福田周平内野手(商4=広陵)、石井元内野手(営3=履正社)のリーグ戦初本塁打などで宿敵・早大を圧倒し、勢いに乗る。今カードの相手は6試合を終え未勝利と苦しむ法大。ここでも攻守の手を緩めることなく法大から勝ち点を奪う。

投打に死角なし
 4連勝で波に乗る攻撃の軸は石井。早大2回戦では 初回に試合を決める満塁本塁打を放つなどここまで リーグトップの9打点。「積極的に打ちにいけている」と自身も感じる好調ぶり。また持ち前の明るさでチー ムに勢いをつける。今季からレギュラーを勝ち取った石井の存在がチームに流れをもたらしている。
 投手陣では柳が好調だ。早大2回戦では「自分らしい投球ができた」とノビのある直球、絶妙なカーブを 組み合わせ、相手打線を翻弄(ほんろう)。9回を被安打1に抑え、自身初となるリーグ戦初完封を挙げた。 ここまでがっちりと投打かみ合い4連勝。ここでも勢いそのままに連勝で勝ち点を奪取する。法大討ちに死角はない。

怖いチームの柱
第1戦の先発が予想される法大の大黒柱・石田だ。だが、今シーズンは思うような投球ができずここまで 未勝利と苦しんでいる。それでも1年次から活躍する プロ注目の好左腕。油断は禁物だ。一方の打線もチー ム打率1割台と不振が続く。しかし日本代表にも選出された畔上を筆頭に昨季のベストナイン受賞の佐藤竜など好打者がそろう。怖い打線には変わりない。

活躍光るルーキー左腕
 変則左腕・齊藤大将投手(政経1= 桐蔭学園)にも注目だ。 「チームの勝ちにつながる投球をしたい」と話す齊藤は、東大1回戦でリーグ初勝利を挙げ、早大1回戦では強力打線相手に3回を無失点に抑える堂々たる投球を見せた。齊藤はここまで3試合に登板し、失点は0。強力投手陣にさらに厚みをもたらしている。また、昨季に比べ大幅に登板機会も増え、首脳陣の期待の高さがうかがえる。空振りを取れる秀逸なスライダーと強気な投球スタイルを武器に神宮のマウンドで1年生が躍動する。

[川合茉実・西村典大]




応援へ行こう!
対法大戦 
10月11日 11時試合開始予定(三塁側)
10月12日 14時試合開始予定(一塁側)

神宮球場アクセス
・東京メトロ銀座線 外苑前駅より徒歩3分
・都営大江戸線 国立競技場駅より徒歩7分
・JR総武線 信濃町駅より徒歩7分 千駄ヶ谷駅より徒歩10分

こちらの瓦版は以下の日程で配布します。ぜひ手に取ってご覧ください!部数に限りがありますのでお早めに!
10月11日 10時半〜11時 神宮球場正門前
10月12日 13時半〜14時 神宮球場正門前




●東京六大学野球 2014〜秋〜のバックナンバー

ニュース
 
 この記事へのご意見はこちらからお寄せください。
 今後の明大スポーツ運営への参考にさせていただくほか、ご意見としてご紹介させていただく場合もございます。
 ※必ずEmailアドレスをご入力ください。
 ※htmlタグなど、一部本文中にご利用できない記号がございます。
Email: