検索
 HOME > 硬式野球部

打撃でチームを引っ張りたい


東京六大学野球 2014〜秋〜  (3)開幕前選手インタビュー 植田弘樹、眞榮平大輝   

 逆襲の秋が始まる。昨季、戦後初の3連覇を逃し3位に終わった。その悔しさを糧に夏場は個々にレベルアップを図った。目指すは天皇杯の奪還、そしてその先の悲願の日本一。雪辱を果たす時は来た。
 昨季は法大3回戦から4番を任され、打率4割台で首位打者争いをするなど結果を残してきた植田弘樹内野手(文4=関西)。今季も打線の軸としての活躍に期待が懸かる。秋季リーグ戦に向け、ひたむきに練習を重ねてきた植田に今季の意気込みを語ってもらった。(この取材は9月3日に行ったものです)

――現在の調子はいかがですか。
植田:
そうですね、オープン戦が始まってからは結構バッティングの調子が良くて。良い感じです。

――キャンプなど、この夏はどういった取り組みをしてきましたか。
植田:
春のリーグ戦で出た課題、具体的には長打力が少なかったので、長打が打てるようにしっかりバットを振り込みました。ウエイトトレーニングとかもして、体重を増やしたり、そういったことに取り組みました。

――実戦でその成果はでてきていますか?
植田:
実際に長打を打てるかどうかはわからないですけど、ボールをしっかり強く叩くっていうのができていると思います。最近ケガをしていたので、試合には出てないのですが、逆方向にも結構強い打球が打てて、広角に打球が飛んでいたので手応えはあります。

――春と比べて自身で成長を感じる点はありますか。
植田:
振り込んで、できるだけボールを捉えるようにということは考えてやっていたので、バッティングの精度は上がってきていると思います。

――今バッティングで気をつけていることは何でしょうか。
植田:
タイミングです。タイミングを取るのを一番大事にしています。自分の間で打てるようにというのは気を付けています。

――最後のシーズンですが、リーグ戦への気持ちや意識はどうですか。
植田:
最後のシーズンなので、リーグ戦優勝と日本一になるということを強く思っています。

――今季の個人の目標は何でしょうか。
植田:
春は打率三位だったので、首位打者を狙うことと、チームで日本一を取ることです。打率5割打てれば首位打者も取れると思うのでそこを目指します。

――最後に意気込みをお願いします。
植田:
リーグ戦優勝と日本一だけを目指して頑張りたいと思います。

――ありがとうございました。

◆植田弘樹 うえだひろき 文4 関西高出 182p・75kg 内野手 右投右打


植田 今春・通算成績
試合打数安打二塁打三塁打本塁打打点盗塁犠打四死球打率
今春
14
44
19
.432
通算
17
47
20
.426






チーム随一の長打力を誇る
チーム随一の長打力を誇る

 昨季開幕戦で大学初のスタメン出場を果たし、正一塁手となった眞榮平大輝内野手(政経4=興南)。規定打席未満ながら打率2割8分6厘を記録。秋は持ち味の長打力に期待が懸かる。

――現在の調子はいかがですか
眞榮平:
そこまでよくはないですけど、シーズン前の期間としては、ここから上げていけばどうにかなるかなというコンディションではあるので、悪いという感じではないです。

――現在打撃で気をつけていることはありますか
眞榮平:
自分の打撃ができるようにきちんと引き付けて打つであるとか、自分の思った打撃がしたいと思っています

――この夏の取り組みは
眞榮平:
技術的なことでいうと、打撃フォームで崩されないように、体幹を使う意識をして打撃をしてきました。その成果はいい感覚があるので、結果としてどうこうという感じではないですけど、自分の感覚としては、納得というか、これからよくなるのではないかという感じがします。

――課題はありますか
眞榮平:
今あまりスタメンで出ているわけではないので、リーグ戦前の準備段階として、もう少し色々なタイプの投手を見たいというのはあります。

――どのような打者になりたいですか
眞榮平:
他の選手より自分がより秀でている部分は長打を打てることだと思います。春はあまり長打を打てなかったので、秋はチームが盛り上がれるような一本を打ちたいと思います。
――4年生として見てチームの雰囲気は
眞榮平:
最後のシーズンだし、同級生、後輩といった仲間と野球できるのも最後なので、学生野球最後をいい形で終われるように、また、勝っても負けても納得のいく試合ができるようにしたいです。

――興南高校時代の仲間の活躍は刺激になっていますか
眞榮平:
先日行われた六大学の野球教室で法大の安慶名主将や立大の我如古主将らと一緒にするのはリフレッシュにもなったのですが、その中でもやはり秋は負けたくない、自分たちが優勝したいと思ったので、刺激にはなっています。やはり負けたくないという気持ちになります。

――秋の個人としての目標は
眞榮平:
打点を上げることのできる打者になりたいです。チャンスでも打てるようになりたいです。

――意気込みをお願いします
眞榮平:
リーグ戦優勝できるようにしたいと思います。そのためにも頑張ります

――ラストシーズンを迎える中で気持ちの変化は
眞榮平:
今まで何年とやってきた学生野球最後なので、それに対しては強い気持ちがあります。
――ありがとうございました。

◆眞榮平大輝 まえひらだいき 政経4 興南高出 181p・85kg 内野手 右投左打

眞榮平 今春・通算成績
試合打数安打二塁打三塁打本塁打打点盗塁犠打四死球打率
今春
13
28
.286
通算
24
36
.222





[川合茉実・原大輔]

●東京六大学野球 2014〜秋〜のバックナンバー

ニュース
 
 この記事へのご意見はこちらからお寄せください。
 今後の明大スポーツ運営への参考にさせていただくほか、ご意見としてご紹介させていただく場合もございます。
 ※必ずEmailアドレスをご入力ください。
 ※htmlタグなど、一部本文中にご利用できない記号がございます。
Email: