検索
 HOME > バドミントン部

激闘の末惜敗した高野(左)・宮嶋組

バドミントン部  秋季リーグ開幕 男女ともに敗れる/関東大学秋季リーグ戦

◆9・13〜9・21平成26年度関東大学バドミントン秋季リーグ戦(日体大米本記念体育館)

▼男子(1部リーグ)
 明大1−4早大○
 水間●0−2
 山口●0−2
 高野・宮嶋組●1−2
 小林・櫻井組●1−2
 佐藤○2−0

▼女子(1部リーグ)
 明大2−3筑波大○
 森 ●0−2
 伊藤●1−2
 久保・後藤組●1−2
 高崎・村上組○2−1
 鈴木○2−0
 秋季リーグが開幕した。初戦を勝利し、勢いに乗りたい明大だったが、男子は早大に1−4、女子は筑波大に2−3と苦い結果に終わった。しかし男子の高野将斗(商2=埼玉栄)・宮嶋航太郎(商2=埼玉栄)組とインカレ2連覇中のペアとの試合はフルセットまでもつれる熱戦となるなど、随所に良い部分が見られる試合となった。

[男子]
 因縁の対決を制することができなかった。第1シングルス、第2シングルスをそれぞれストレートで落として迎えた第1ダブルス。高野・宮嶋組の相手はこれまで何度も対戦している古賀・齊藤組。8月下旬から9月上旬にかけて行われた東日本選手権でも準決勝で戦い、敗れている強敵だ。チームカウント0−2と負けたら後がない状況に「絶対に勝つ」(高野)という気持ちで臨んだこの試合は終始緊迫した展開となった。第1セットは出だしで3連続ポイントを奪われるも、すぐに一進一退の攻防となる。毎回マッチポイントを取られるが「1ゲーム目が大事だったので頑張ってしのいだ」(宮嶋)と27−25でこのセットを奪取した。第2セットも取っては取られの緊迫した展開となるが、終盤に4連続ポイントを奪われこのセットを18−21で落としてしまう。ファイナルセットも高野・宮嶋組が果敢に攻め立てるが、最後は相手の地力が勝り18−21で敗戦。東日本選手権のリベンジを果たすことができなかった。「東日本の反省を生かしきれなかった」(宮嶋)とチームの負けが決定する悔しい敗北となった。
 続く第2ダブルスを落とし、迎えた第3シングルスでは最上級生の佐藤尚紀(農4=作新学院)が男子唯一の白星を挙げた。「ここで自分が負けてしまったらチームも沈んでしまう」(佐藤)と勝負の決着が着いた後でも気持ちを切らさず、ストレート勝ち。翌日の試合につながる勝利となった。
 「1−4というのは想定外」(藤井佑介主将・政経4=札幌第一)と苦しい開幕戦となったが「勝ちます。全勝です。口だけにならないようにしていきたいです」(高野)と勝利への執念はより強いものとなった。これからの戦いぶりに注目だ。

[女子]
 下級生ペアの活躍が光った。0−3で迎えた第2シングルスで東日本選手権ベスト8の高崎真美(政経2=日本橋女学館)・村上晃(商1=青森山田)組が実力を見せつけた。第1セットは安定した試合運びで相手を寄せ付けず21−16で先取。しかし2セット目は「相手が二人ともシングルスの選手で、自分たちのことを動かしてきてやりにくかった」(高崎)と苦しい展開になる。自分たちのミスも重なり、このセットを落としてしまう。「3ゲーム目は自分たちから攻めて足を動かしてやっていこうと話していた」(高崎)と雰囲気を変え21−16で勝利。「楽しんで勝っていきたい」(村上)とこれからのリーグ戦に意気込んだ。

 男子は優勝、女子は1部残留を目標に掲げリーグ戦に臨む。男子は混戦が予想されるため、優勝するためにはもう負けは許されない。女子も1勝することが最低条件となってくる。厳しい戦いが続くリーグ戦だが、目標達成のためにこれからもチーム一丸となって戦っていく。

[原大輔]

試合後のコメント
藤井

「もう少し自信を持ってコートに入ってもらいたかった。どこか自信なさげで、覇気がなかったと思います。オーダーを決めたのは僕なんで、負けたのは僕のせいです。第1シングルスの相手は東日本のチャンピオンだし、当たって砕けろぐらいの試合をして、チームに勢いを与えて欲しかった。今日は流れがよくなかった。1ー4というのは想定外です。オーダー的には第1ダブルスまでに1つは取ってきてくれると思っていた。絶対はないですけど。最初の3つのところで、2つは取りたかったです。リーグ戦前にミーティングを重ねて、チームの士気をあげることに徹した。僕がキャプテンとしてできていなかった部分が多かったので。けど結果としてこうなっているので、何か足りなかったのかなと。結果は受け止めて明日から気持ちを切り替えたい。チームに必要なものは絶対負けないという強い気持ちだと思う。日体大には勝ちたい。春の時にフィジカルで負けてしまった。そこに向けてフィジカルなどもトレーニングもしてきたので、結果を出したい。これからは混戦になると思うので、明日から全部取る気持ちでやります」

佐藤
「こっちも相手も(第3シングルスは)メンバーチェンジをした。相手が推薦ではなく一般生だったので、けっこう実力差はあった。しっかり自分のやれることをやろうと思っていた。第1、2シングルスを取られてけっこう沈んでた部分はあった。ここで自分が負けてしまったら、チームも沈んでしまうと思っていたのでどうにか勝とうと思った。(チームとしては)最初の3つの内の1つは取って、第2ダブルスと第3シングルスで取るというプランだった。みんな気持ちを切り替えて、明日からやってくれると思うので大丈夫だと思います。去年も今の2年生が活躍して、勝ち星を重ねてくれたので2年生がキーマンであるとは思う。自分はまだ出るかは分からないが、出た時は絶対に勝ちたい。最後のリーグ戦なんで気持ち良く終われるように全部勝っていきたい」

高野
「絶対に勝つという気持ちで臨みました。今まで(シングルス2連敗で迎えるという)そういうパターンも、あったので思い切り行こうとだけ思っていました。古賀・齋藤組の対策は、東日本のときも最後競った場面で向こうに先に沈められて負けたのでそこをしっかり沈めていこうと思っていました。だけど、そこを意識しすぎて逆に自分たちのミスが増えてしまったので、もう少しそういうところを沈める精度だったりを改善していきたいです。(古賀・齋藤組とは)毎回1ゲームとって2ゲーム目取られる形でファイナルでどうなるかという試合です。(今後の意気込みは)勝ちます。全勝です。本当に。もう負けられません。口だけにならないようにしていきたいです」

宮嶋
「初戦は大事だったが負けてしまいました。勝つ気ではみんないたと思うのですが実力を出し切れた人もいましたし、そうでない人もいました。古賀・齋藤組には東日本選手権でも大逆転されて今日も逆転されてしまった。勝つ気持ちとか集中とかはしっかりできてたのは良かったのですが、まったく東日本選手権と同じ展開だった。そこがやはり反省を生かし切れなかったです。油断したわけではないが、まだ相手のが勝ち方を知ってるというかそういうのがあります。自分たちが取らないと次につながらなかったので、1ゲーム目が大事だった。毎回マッチポイントは取られていたが、頑張ってしのいで絶対勝つぞという気持ちでやっていました。これからのリーグ戦は4年生が最後なのでこっから全部勝つという気持ちでやります」

伊藤美紗(政経4=聖ウルスラ学院英智)
「1ゲーム目を取って、2ゲーム目の後半も自分がリードしていたのに、勝ち切れなかった。ファイナルもリードしていて、逆転負けという形だったのでやはり勝ちたいという気持ちが相手の方が上回っていた。もっと自分から攻めたりとか、勝ちに対する気持ちが足りなかったなと思う。ケガのせいであまり練習もしていなかったので、1ゲーム目は絶対に取りたいと思っていた。リードして逆転されるというのが、自分はけっこう多い。気持ちだったり、どういう形でプレーするのかとかがまだまだ考えられていない。そこでもっと冷静に一本一本取りにいかないと変わらないなと思います。強い相手ではあったが、春は2ー0で勝っていたので負けてしまって悔しいです。(チームとしては)ダブルス組がすごくいい感じできている。調子はすごい良いと思うので、シングルス組が踏ん張らなければならない。第1、2シングルスはすごい流れをつくると思うので、自分や森が勝ちのムードをつくらないといけないなと思います。筑波大との対戦はどちらかというと挑戦の気持ちの方が大きかったが、メンバーを見た時に強い2人がいなかったので、勝ちにいかないといけないと思った。(ケガの影響は)痛みはケガした時より全部減っている。後は4戦きっちりと戦えるかどうかが自分の中では問題かなと思っています。ケガしてから一週間は何もやっていなかった。リーグ前に3日ぐらい練習を始めただけなので、体力的に心配はある。今日は心配してたほどではなく、足が軽かった。早稲田と日体大には絶対に勝ちたい。明日は法政大です。(これからの意気込みは)1部残留を目標にしているので、入替戦にいかないこと目指します」

高崎
「3−0で回ってきて雰囲気があまりよくなかったので、自分たちで盛り上げてポイントを取ろうと決めていきました。相手が2人ともシングルスプレーヤーで、すごい回して自分たちのことを動かしてきた。やりにくく、だんだん足が止まってきて2ゲーム目を取られてしまいました。3ゲーム目は自分たちから攻めて足を動かしてやっていこうと話していました。2人で声を掛けてやったところも良かったです。3ゲーム目は特にそれを意識しました。ダメなときほど声を掛けないで悪くなってしまうので、ダメでも2人で声を掛けてやっていけたら、いい展開になると考えています。出だしからチームのベンチを盛り上げて、いい雰囲気にしないといけない。明日は春リーグで優勝してるところなので、雰囲気に飲まれないで、ベンチを盛り上げられるようにしたいです。春は一勝しかしていない。相手も強いところばかりなので、向かっていく気持ちを忘れず1ポイントでも多く取れるようにやっていきたいです」

村上
「春のときに自分たちは最下位になって入替戦にいったので、今回は1つでも多く勝って入替戦に行かないように勝ちにいっていました。勝ったことはうれしいですが、1ゲーム目を雰囲気よく勝って、2ゲーム目のときに少し自分たちからミスを多くしてしまった。そこから一気に点数を取られたりして、雰囲気も悪くなったので次はしっかり20で抑えれる相手はしっかり勝てるようにしたいです。自分たちからミスをしてしまう。もったいないミスをすると自分たちが苦しくなるから、落ち着いてもう1回一からプレーした方が良かったかなとおもいます。みんなの応援を力にしても、2ゲーム目落としてしまったけど、3ゲーム目からやり直して2人でやってきました。チェンジコートした時点では自分たちが負けていたけど、そこから一本一本大事にしていったら相手の点数に追い付いたのでそこから雰囲気も良くなったし、そこから二人で攻めて行こうとなりました。今まで少し焦っていた部分もあったので、自分の中で落ち着いて打つときとかに相手を見てコースに打ったりとかしていました。あと4戦自分たちが明大の1ポイントを取って、後の人につなげて勝っていければ良いなと思っていますし、明大を背負っているので楽しんで勝っていきたいなと思っています」

ニュース
 
 この記事へのご意見はこちらからお寄せください。
 今後の明大スポーツ運営への参考にさせていただくほか、ご意見としてご紹介させていただく場合もございます。
 ※必ずEmailアドレスをご入力ください。
 ※htmlタグなど、一部本文中にご利用できない記号がございます。
Email: