検索
 HOME > 競走部

男子1万m決勝に出場した木村

競走部  健闘するも入賞者なし/日本学生対校選手権

◆9・5〜7 第83回日本学生陸上競技対校選手権大会(熊谷スポーツ文化公園)
▼男子400m予選
 4組 5位 西村 48秒25(予選敗退)
▼男子1500m予選
 1組 11位 保坂 3分56秒58(予選敗退)
▼男子5000m決勝
 17位 牟田 14分41秒85
▼男子1万m決勝
 11位 木村 29分35秒70
▼男子110mH予選
 3組 2位 高山 14秒19
▼男子110mH準決勝
 2組 5位 高山 14秒32(準決勝敗退)
▼男子400mH予選
 3組 5位 宮寺 53秒29(予選敗退)
▼男子4×400mR予選
 3組 5位 明大 3分10秒55(予選敗退)
▼男子10000mW決勝
 15位 塩島 42分15秒84
▼女子200m予選
 6組 8位 奥野 25秒24(予選敗退)

 トラックシーズン最後の大舞台であるインカレが3日間にわたって行われた。明大からは11人が出場したがハイレベルな戦いにおされ入賞者なしという厳しい結果に沈んだ。


 苦しいレースとなった。1日目の男子1万m決勝に出場したのは今期同種目で自己ベストを更新した木村慎(商3=浜松日体)。序盤は先頭集団の後方につけ好機をうかがった。しかし5000mを越えたあたりで「中盤のハイペースにビビってしまった」と先頭集団から離脱。その後も苦しい展開が続き11位でレースを終え自らの実力不足を嘆いた。夏は距離の耐性を意識して走り込んでいただけに「なかなか結果に結びつかなくて苦しい」と駅伝シーズンに向けて不安を残した。

 2日目に予定されていた男子5000m決勝は雷雨の影響で3日目に延期となった。明大からは牟田祐樹(農3=西武文理)が出場したが、オムワンバ(山梨学大)やキトニー(日大)ら留学生がレースをけん引するレベルの高い展開についていくことができず17位と悔しい結果になった。3日目の男子110mH準決勝までコマを進めた高山峻野(法2=広島工大)も4着まで決勝進出を決めるレースで惜しくも5着。決勝進出を逃した。

 インカレを終え駅伝シーズンがやってくる。今大会は厳しい結果に終わったがあくまで目指すは三大駅伝制覇。これから菅平での合宿も控えており調整の時間はまだある。まずは出雲での頂点を狙う。

[田中莉佳]

試合後のコメント
木村

「中盤のハイペースにびびってしまって、集団から離れてしまって苦しい展開になってしまって合宿の成果を出すことが出来なかったレースになってしまった。後半の粘りと距離の耐性を意識して走り込んできたのだが、なかなか結果に結びつかなくて苦しい状況。なんとか秋シーズン、駅伝には間に合わせたい。どの距離でも対応できる強さ、根本的な実力を上げないと今回のレースのようになってしまう。実力不足で中盤のハイペースに対応できないので、やはり基礎的な足作りをしていかないといけないと思った。明治は総合力で勝負みたいなところがあるのでやはり自分が任された区間で区間賞を取れるだけの仕事をしないといけない。」

ニュース
 
 この記事へのご意見はこちらからお寄せください。
 今後の明大スポーツ運営への参考にさせていただくほか、ご意見としてご紹介させていただく場合もございます。
 ※必ずEmailアドレスをご入力ください。
 ※htmlタグなど、一部本文中にご利用できない記号がございます。
Email: