検索
 HOME > バドミントン部

ベスト8に入賞した小林(左)と櫻井

バドミントン部  小林・櫻井組ベスト8も、インカレ出場権獲得ならず/関東学生選手権

◆6・2〜23 関東学生バドミントン選手権大会(平塚総合体育館他)

▼男子シングルス
 高野――5回戦敗退
▼男子ダブルス
 小林・櫻井組―― ベスト8
 高野・宮嶋組――4回戦敗退
▼女子シングルス
 伊藤――5回戦敗退
 高原――5回戦敗退
▼女子ダブルス
 深田・後藤組――4回戦敗退


 今年度初の個人戦となる関東学生選手権が行われた。ベスト4以上に入賞すれば、インカレへの切符を手にできる。この日はシングルス3名、ダブルス3組が出場するも、最高成績は小林俊也(政経3=埼玉栄)・櫻井恵介(政経3=埼玉栄)組のベスト8。昨年2位となった高野将斗(商2=埼玉栄)・宮嶋航太郎(商2=埼玉栄)組もインカレ2連覇中の相手に力尽きた。誰もインカレ出場権を獲得することはできず、明大にとって悔しい大会となった。

 1点の重みがのしかかった。インカレ出場権を懸けた準々決勝。小林・櫻井組は持ち味の連携と素早い攻撃で試合を優位に進めた。1ゲーム目は20―16とあと一歩のところまで相手を追い詰める。しかし「まだ1ゲーム目を取っていなかったのに、取った気になってしまっていた」(小林)とここで気の緩みが出てしまう。最後の一点を取り切ることができず逆転を許し、1セット目を落とした。第2セットも相手の勢いは止まらない。後半は自分たちのミスも重なり、無念のストレート負け。1ゲーム目を取れていれば「2ゲーム目は全然違ったと思う」(櫻井)と思うだけに、悔やんでも悔やみ切れない敗戦となった。

 最強ペアに雪辱を果たされてしまった。第一シードとして試合に臨んだ高野・宮嶋組は4回戦でインカレ2連覇中の古賀・齋藤組(早大)と対戦。春季リーグ戦では勝利したものの、今回は地力で勝る相手に力負けした。相手の攻撃を防ぐことができず、自分たちのプレーを出し切ることができなかった。「自分たちのミスを減らしていく」(宮嶋)など細かい部分で課題の見つかる試合となった。

 新たな可能性を感じさせた。女子ダブルスで4回戦まで勝ち進んだのは深田万里(商2=茗渓学園)・後藤にこ(文1=聖ウルスラ学園英智)組。団体戦ではシングルスとして戦う二人だが、今大会はダブルスで好成績を残した。組合せに恵まれた部分もあるが「どの相手にも向かっていっていたことが二人の勝ちにつながったと思う」(伊藤美紗・政経4=聖ウルスラ学園英智)と女子キャプテンからも賛辞が送られた。決してレギュラーが確立されている選手ではないが「リーグ戦は一回でも出られたらうれしい」と試合に対する思いは強い。今後の活躍に期待が懸かる。

 インカレ出場への機会が絶たれたわけではない。8、9月に行われる東日本学生選手権でベスト32以上に進出すれば、全国大会に進むことはできる。次につなげるためにも、今大会で見つけた課題を修正し、チーム一丸となって練習を重ねていく。

[四ッ谷健太]

試合後のコメント
小林

「良くなかったですね。一番ラッキーゾーンだったので。そこであと一回勝ってればインカレの出場権も取れた。もったいないです。1ゲーム目勝ってれば、そのままいけたと思う。20―16から逆転されました。逆転で相手に勢いを与えてしまった。大会を通じて一番難しかった試合は最後の試合ですかね。1ゲーム目で最後の一点が取れなくて、負けてしまったので。その前の試合まではジュースばっかでも勝っていた。最後の一点を取っていればまた違う展開になっていたと思う。冷静さが必要だったのかもしれない。冷静であれば切り替えて2ゲーム目にいけたかもしれない。まだ1ゲーム目を取っていなかったのに、取った気になってしまっていた。それが良くなかったですね。個人戦でいつものプレーができなかったので、それが秋リーグへの不安要素になると感じた。今回の試合を通して、秋は自信を持ってコートに立てるようにしなくてはと思った。自分の実力を出し切れるように練習していきたいなと思いました。今回、インカレの出場権は取りたかった。インカレに出ることは自信につながる。東日本で個人戦、結果出して秋リーグ戦全勝できればいいなと思います。このためにこれからの練習をしっかりやっていきたい」

櫻井
「悔しいですね。相手1部に上がってきたし、勝てるところで勝っておかないと自信つけちゃうし、そういう意味でも勝ちたかった。1ゲーム目で逆転されたところに、改善すべきところがあると思う。取れてれば2ゲーム目全然違ったと思う。取られてしまったことで、相手を勢いづかせちゃったなと思いますね。もっと自分たちの決め球というか、これは絶対に決められるんだぞというパターンをつくっていかないとだめだなと感じた。2ゲーム目の最後のころは集中を維持するのが難しかった。けど、そういうところは大学なんで切り替えていかないと。そこでくよくよしていても、試合は続いていくわけですし。それがもったいないなというか。もっと割り切ってファイナルまでつなげていかないとだめかなと感じました。(大会を通じては)全然だめでしたね。相手が弱かっただけで、自分たちにはまだまだ全然力はないかなと。組み合わせは良かった。自分たちはミスが多いなということを感じました。一点がすごい重いなと。(どのようにパターンを増やしていきたいか)自分たちは上げられたらきついので、低い展開で押し切って、最後は2人してきちんと決める。それをやってかないとだめかなと思う。後ろからだとなかなか決まらないので。明治の目標は1部で勝つことなので、そこを本気で頑張っていきたいと思います」

高野
「あんぱいに行き過ぎました。勝ちを意識しすぎた。自分たちから攻めていければ良かったんですけど。置きにいって相手にやられたパターンですね。ミスが前半多かったので、そこは注意しようと思っていました。(リーグ戦の時は勝った相手にだったが、その時との違いは)やっぱりリーグの時の方が思いっきりいけた。その差が大きいです。勝てない相手ではないと思うので、これから頑張りたいです。力が足りないです。押し切られるし、いざ攻めた時に押し切れないので。(斎藤・古賀組は)結構なんでもできる感じなんで、攻め切るしかないと思います。シングルスは結構体力がなかった。まわされる展開になるときついので。体力を付けたいです」

宮嶋
「ダメでした。相手が上手くて、ミスが少なかった。あと前衛で相手が打ってきた球を捕まえられなかった。自信を持ってできていなかったので、もったいないミスばかりしてしまった。相手のプレーに付き合ってミスしてしまった感じ。1ゲーム目、ゲームポイントを取ったところで、あと1点取れなかったのが痛かった。そこが甘かった。最後は気持ち。もったいなかった。(リーグ戦の時は勝った相手だったが、その時との違いは)やっぱりリーグ戦の時の方が試合に対する準備ができていた。気持ちが引き締まっていた。もう2連敗してたので、勝たないといけないなと思って勝てた部分もあるんですけど。インカレ2連覇してる相手。実質、大学でナンバーワンですね。いつも当たるんですよね。今まで3回です。いま一勝二敗です。勝てない相手ではない。後は自分たちのミスを減らしていくとか細かいところですね。そういうところの差が一点につながるので。(次に向けての意気込み)とりあえず東日本で結果残して、インカレにつながるようにしたい」

伊藤
「リーグ戦が終わってからずっと調子が上がらなくて、気持ち的に落ちたままだった。不安しかないまま、この大会に臨んでしまった。十分に練習もできていなかったので、リーグ戦の時に比べると体力なども落ちていた。負けたのは悔しいが、自分のせいかなと思う。練習もきちんとできていなかったし、気持ちも落ちていたので。まあこれが今の実力かなと思う。入替戦で1部に残ったのは良かったが、もっと簡単に勝てたのにああいう試合をしてしまって、この1年間の練習の取り組み方を自分の中で反省した。逆に落ち込みすぎてしまった。それがダメだった。この大会は普段リーグ戦に出てない子たちも出れるので、そういう子たちの実力が分かる大会でもある。強い気持ちを持てば誰が勝ってもおかしくない大会。ダブルスも部内ではそこまで強くない二人(深田・後藤組)も今日まで残ってくれた。どの相手にも向かっていっていたことが二人の勝ちにつながったと思う。この春リーグまでの一年間はキャプテンとしても甘い部分もあったので、東日本や秋リーグ戦ではもっと厳しく、みんなで上を目指してやっていきたい」

深田
「1セット取って、2ゲーム目も負けてたところから追い上げていけたので、このままミスしないでいくという考えだった。だけど、相手のスマッシュを綺麗に返せなかった。そこをもっとはっきりできれば良かったかなと思う。普段シングルスばかりやっているので、最後ダブルスで前に詰めて決めなきゃいけないところをうまく決められなかった。この大会は組み合わせも良くて、ここまで来れた。もうなにも考えず思いっきりできたのが一番良かったです。今日まで残るのが目標だった。シングルスも残りたかったので、そこは残念。(後藤は)上手なので、ここぞという時に攻めてくれる。助かっている。お互いシングルスを主にやっているので、とりあえずラリーを続けるというスタイル。入学した時よりは少しは上手になったかなと思う。体力面と粘りが昔よりも出れるようになったかなと思う。リーグ戦は一回でも出れたらうれしい。東日本は自分のベストが尽くせるように頑張りたい」

後藤
「自分は元々シングルスなので、こんなに上がれると思っていなかったのでいい経験ができたと思います。でも、紙一重だったので悔しいです。(試合の内容は)いつもスロースターターだったので、1ゲーム目を取れたのは良かった。あと、すごいポイントを離された後に追いつけたのは良かった。シングルスも東日本で頑張らないといけないなと思いました。組み合わせが本当に良かった。今だったら先輩のペアの方が全然強い。けど、練習より力が出せたことと組み合わせが良かった。負けて元々という感じだったので、緊張とかはしなかったです。けど、ここでチャンスをつかめたら大きいなというのはありましたけど、あまり考えないようにしていました。サーブも浮きますし、レシーブもできないですけど、本当にシングルスの動きだけでも粘って粘って勝ったという感じです。シングルス同士ということで、前で好き勝手にやらせてもらえたので、深田先輩には感謝してます。大学1年目なので難しいと思うんですけど、狙えるものなら狙っていきたいと思います」

ニュース
 
 この記事へのご意見はこちらからお寄せください。
 今後の明大スポーツ運営への参考にさせていただくほか、ご意見としてご紹介させていただく場合もございます。
 ※必ずEmailアドレスをご入力ください。
 ※htmlタグなど、一部本文中にご利用できない記号がございます。
Email: