検索
 HOME > 硬式野球部

菅野の一振りですかさず逆転した

硬式野球部  6回の集中打で逆転 対戦成績をタイとする/東京六大学春季リーグ戦

◆4・12〜6・1 平成26年度東京六大学春季リーグ戦(神宮球場)
▼5・18 対早大2回戦
 ○明大8−1早大
2回戦
明大
早大

(明)上原、星、○月田(1勝)、今岡、柳―坂本
(早)竹内、●吉永、田中、高梨、吉野和―土屋、道端
【三】(明)石井(6回)
【二】(明)菅野(6回)、植田(9回)、坂本(9回)(早)武藤(2回)
(明)◇犠打5 宮内(1回)、植田(4回)、海部(7、9回)、坂本(8回) ◇併殺0 ◇残塁10 ◇盗塁2 福田(9回)、高山(9回) ◇失策0
 8−1で早大を下し、対戦成績を5分に戻した。5回に先制を許すも直後の6回に5番菅野剛士外野手(法3=東海大相模)の適時二塁打、石井元内野手(営3=履正社)の適時三塁打で4点を奪い逆転に成功。9回にも長短打を絡め4点を追加し、早大を突き放した。投げては3番手で登板した月田雄介投手(商4=熊本工)がリーグ戦初勝利を収めた。

石井は適時打後にガッツポーズを見せた<
石井は適時打後にガッツポーズを見せた



 集中打で相手投手陣を打ち崩した。先制を許した直後の6回に早大2番手・吉永から連打で1死一、二塁の好機をつくる。打席には5番菅野を迎え、初球の外角直球に反応した。上からうまくかぶせた打球は左翼手の頭を越え、逆転の適時二塁打に。「打った瞬間、(左翼手の頭を)越えるだろうなと思いました」。塁上で菅野はガッツポーズし、喜びを爆発させた。その後なおも2死一、三塁の好機では代打・石井の適時三塁打で2点を追加した。「うれしすぎて打った球もわからなかった」と笑顔を見せた。
 5回までは先発の竹内(早大)から好機をつくるも得点できず、もどかしい場面が続いていた。点が取れない中で先制を許した後の逆転劇だった。9回にも打線がつながり4点を追加。完封負けを喫した第一戦から一転、終盤になっても攻撃の手をゆるめなかった。

リーグ戦初勝利を挙げた月田<
リーグ戦初勝利を挙げた月田

 3番手で登板した月田雄介投手(商4=熊本工)がリーグ戦初白星を挙げた。先制された直後の2死一塁の場面から登板。ここで打たれると流れが一気に傾いてしまうところだったが、重信(早大)を3球で左飛に打ち取った。打者1人だけとの対戦だったが、6回に打線が逆転したことで初めての勝利投手に。「とりあえず1勝できてよかった」とほっとした表情を見せた。
 アクシデントにも崩れなかった。先発の上原健太投手(商3=広陵)は3回の打席で左手に死球を受け心配されたが、4回2死一、三塁では小野田(早大)を139qのフォークで空振り三振に切って取った。善波監督、坂本誠志郎捕手(文3=履正社)の声掛けもあり4回に降板するも、試合後は笑顔でバスに乗り込みファンを安心させた。

 優勝の可能性は消滅したが、集中して試合に臨むのは変わらない。「がっぷり四つで、やれるだけやっていきたい」(坂本)と選手たちは意気込む。第三戦は再び有原(早大)、山崎福也投手(政経4=日大三)の両エースの先発が予想される。第一戦で4安打完封された雪辱を果たし、有原を打って勝ち点を奪う。

[箭内桃子]





◆明大打撃成績◆
打順守備名 前
(遊)福田(広陵).387中安  三ゴ  一ゴ  四球  四球
(二)宮内(習志野).308投ギ  二併    中飛      
 海部(履正社).154            投ギ  投ギ
 加勢(札幌一)---                  
(中)高山(日大三).385三振    四球  右安右安  三ゴ
(一)三植田(関西).469遊ゴ    投ギ  右安遊飛  左二
 走二竹村(浦和学院).250                  
(左)菅野(東海大相模).171  左飛  右飛  左二投飛  右飛
 小倉(関西).000                  
(三)二三糸原(開星).200  四球  一ゴ  三飛  四球死球
(捕)坂本(履正社).323  遊併    中飛左安  投ギ右二
(右)長嶺(宮崎工).231    右安  中飛        
 眞榮平(興南).296                  
 打一石井(履正社).400          右三  遊ゴ右安
(投)上原(広陵).200    死球            
 青野(広島国泰寺)1.000        中安        
 星(宇都宮工)---                  
 月田(熊本工)---                  
 高橋隼(日本文理).000          三振      
 今岡(横浜隼人)---                  
 柳(横浜).167              三振三振
   3312.288                
◆明大投手成績◆
名 前球数
上原(広陵)592.59
星(宇都宮工)2/3161.93
○月田(熊本工)1/30.00
今岡(横浜隼人)12/3250.00
柳(横浜)21/3382.45


◆ベンチ入りメンバー◆
10高橋隼(法4=日本文理)糸原(営4=開星)福田(商4=広陵)
11山崎(政経4=日大三)12坂本(文3=履正社)長嶺(文4=宮崎工)
18今岡(文4=横浜隼人)眞榮平(政経4=興南)菅野(法3=東海大相模)
29月田(商4=熊本工)14大塚(商3=花咲徳栄)38高山(文3=日大三)
上原(商3=広陵)15石井(営3=履正社)24海部(商3=履正社)
17柳(政経2=横浜)16宮内(政経3=習志野)37小倉(文3=関西)
23星(政経2=宇都宮工)植田(文4=関西)39加勢(理工2=札幌一)
佐野恵(商2=広陵)26吉田(国際2=佼成学園)
35青野(商3=広島国泰寺)34竹村(政経1=浦和学院)



  
勝敗表 第6週 5/18現在
試合勝利敗戦引分勝ち点勝率
慶大---  ○△○●○○○○○97113.875
早大  ---○●○●○○○○○97203.778
明大●△●●○---  ●○○○○105412.556
立大○●●○●  ---●●○○94501.444
法大●●●●○●●○○---  93601.333
東大●●●●●●●●---80800.000



試合後のコメント
リーグ戦初勝利を挙げた月田

「今シーズンは調子がだんだん上向きになっていて、いい感じでした。今日投げたのは全部まっすぐです。ランナーはいても別に気になりませんでした。自分の役目は左バッターを抑えることだと思っています(初勝利は)運がよかったです。とりあえず1勝できてよかったです。(自分はなかなか勝てなかったので)勝てるときは結構あっさりと、簡単に勝ちがつくものなんだなと思いました。応援してくれる人たちがたくさんいるので明日の早稲田、次の立教と必ず勝って来シーズンにつなげていきたいと思います。」

先制の適時二塁打を放った菅野
「(6回の2点適時二塁打は)真っすぐを打ちました。打った瞬間、(左翼手の頭を)越えるだろうなと思いました。優勝は昨日の試合でなくなりましたが、自分がチームに求められているのは厳しい場面で勝ち越し打、ダメ押し打を打つことだと思っているので、言い方は悪いですが今日のような消化試合でも打てたのは良かったです。(チームの雰囲気は)昨日帰った後、確かに優勝はなくなったがチームはまだ終わりではないということで、秋につながる話をしました。(次戦以降も)秋につながるように自分らしい打撃をしていきたいです」

2安打2打点の坂本
「上原にアクシデントがありましたが、あいつは気持ちが強いので投げられるとは思っていました。星も調子はいいですし、みんながんばって最小失点に抑えられました。(死球のあと)上原のことは、監督にも注意して見ておけと言われました。受けていてもうきついなと思って監督を見たら合図をしていましたし、それで今日は早め早めの継投になっていきました。(2安打2打点の活躍に)打つ方はいい感じで打てていますし、今までやってきたことがあるので、それが自信にもなっています。明日はがっぷり四つで、やれるだけやっていきたいです」

代打で出場し6回に適時三塁打を放った石井
「前回慶應2回戦のときに代打で出たときに見逃し三振をしてしまって悔しい思いをしたので、次出るときは絶対打つぞと思っていました。昨日有原投手を打てなくて負けてしまって今日は絶対何が何でも打つという気持ちで打席に向かいました。(適時三塁打を打った後は)本当にうれしすぎて打った球もわからないくらいでした。迷わず振り抜きました。たぶん甘めに入ってきた球だと思います。今の調子は悪くはないので出番が来たらどんどん打っていこうと思っていました。明日も早稲田に勝って立教からも勝ち点を挙げられるようにがんばります。(個人としては)出られる試合は少ないのでワンチャンスを確実にものにしてチームに貢献していきたいです」


ニュース
 
 この記事へのご意見はこちらからお寄せください。
 今後の明大スポーツ運営への参考にさせていただくほか、ご意見としてご紹介させていただく場合もございます。
 ※必ずEmailアドレスをご入力ください。
 ※htmlタグなど、一部本文中にご利用できない記号がございます。
Email: