検索
 HOME > バドミントン部

勝利を決め、チームメイトに迎えられる高原

バドミントン部  青学大を下し1部残留を決める/関東大学春季リーグ戦1部2部入替戦

◆5・11 平成26年度関東大学バドミントン春季リーグ戦1部2部入替戦(神大横浜キャンパス体育館)
▼女子
 ○明大3―2青学大
  伊藤●0―2
  森○2―1
  高崎・村上組●0―2
  伊藤・久保組○2―0
  高原○2―1
 勝てば1部残留、負ければ2部降格が決まる青学大との入替戦。序盤は青学大ペースで進む。しかし上級生の活躍で2勝2敗とし、迎えた第3シングルスで高原美由樹(文2=埼玉栄)がファイナルセットまでもつれた試合に勝利して1部残留を果たした。

 苦しい試合をものにした。第1シングルスをストレートで落とし、第2シングルスは森朝香(文3=埼玉栄)が出場。ファイナルセットで一時は9ポイント差とされ苦戦する。しかしそこで諦めることなく10連続得点。一気に逆転し試合を制した。第1ダブルスは波に乗れず終始相手のペースとなりストレートで落とす。これで1―2とされ苦しい展開となる。第2ダブルスの伊藤美紗(政経4=聖ウルスラ学園英知)・久保沙織(農3=高松商)組も第1セットではなかなかリードを広げきれない。しかし「追い込まれた状況になり、逆にそれが集中につながった」(伊藤)と終盤に3連続でポイントを奪い、このセットを勝ち取る。第2セットも2度の4連続得点などして攻め立て、ストレートで勝利。勝負を第3シングルスの高原に託した。高原は第1セットをチームの勢いもあり、6点差で勝ち取った。第2セットは序盤で離された6点差をひっくり返し、良い流れに乗るかと思われた。しかし終盤にポイントを4連取されるなどして逆転され、20―22で惜しくもこのセットを落とす。「守りに入らないように」(高原)と気持ちを切り替えたファイナルセット。序盤は相手に押され、苦しい展開になる。しかし徐々に点差を詰めていき、一進一退の攻防を見せマッチポイントまで持ち込んだ。最後は気迫の込もった一打でラリーを制して勝利。1部残留を手繰り寄せた。「秋は1勝と言わず、何勝でもしててっぺんまで行くという気持ちでやっていく」(高原)と、秋季リーグでも高原の活躍に期待だ。
 
 終始緊迫した試合を僅差で勝ち取った。石田純コーチは「ここまでもつれたのは全員がまだまだ気持ちが甘い」と厳しい評価をした。選手は、「秋は1部でしっかり勝ち抜きたい。目標は優勝」(伊藤)とすでに秋季リーグを見据えている。

[原大輔]

試合後のコメント
石田コーチ

「今日の試合は紙一重の差だった。ホッとした。よく言われる気持ちで勝つってあるけど、気持ちだけで勝てるなら練習はいらないと思う。練習内容の密度の低さがこの接戦につながっているし、もっと1部の選手として自覚を持って練習していれば圧勝できたはず。ここまでもつれたのは全員がまだまだ気持ちが甘い。本当に1部のビリで崖っぷちの状態で2部を突き離す力もない。そのことを自覚して1部トップの人以上のスピードや体力で試合ができるようにやっていかなければならない。自分たちでやっていかなければならない実現可能な練習をしてほしい。今日の試合で追い込まれたのは、自分たちが弱いからで相手がすごく強かったわけではない。ほぼ実力は同じだった。でも、当然これからに期待しているので、みんながどう感じるかの後押しをしていきたい。現状で満足しているならこれ以上コーチはしないし、向上心があるなら押し上げる。だから選手たちの気持ち次第」

伊藤
「チームとしては勝てたのでホッとしています。個人的には自分もシングルスで不甲斐ない試合をしてしまったので、あれでチームに悪い雰囲気を作ってしまいました。でも後輩たちが頑張ってくれて、ほんとに今日は助けられた感じがあります。1部で戦いたいって気持ちで緊張してしまって、それで動きが硬くなりました。やっぱり気持ちの面で引いてしまったことからプレーに出てしまいました。まだまだ動きが遅いしこれからやることがいっぱい見つかりました。主将としてのプレッシャーが大きかったです。シングルスおわった後は確かに落ち込みましたが、チームが1ー2になってしまって追い込まれた状況になったんですけど、逆にそれが集中につながりました。私は入替戦に来るのが5回目なんですけど、もう入替戦には来たくないなって思います。やっぱり1部の中で最低2勝はしないと入替戦になってしまうので、秋は1部でしっかり勝ち抜きたいです。目標は優勝です」

久保
「石田コーチからは、球に向かっていく感じで、気持ちもプレーも引かないようにしろということを言われました。残留が決まった瞬間はただうれしかったです。今は1部に残れてほっとしているのと、2部の青学大とそんなに大差が無かったので、危機感というか秋までに成長しないといけないなという気持ちがあります。秋季リーグは最下位には絶対になりたくないので、入れ替え戦に来ない事が第一です。上位を目指せるようにしたいです」


「入替戦勝ったのはすごくうれしいんですけど、入替戦来ること自体がやっぱり嫌で恐怖があるので、もう来たくないなと思いました。リードされてる中で追い付けたのは良かったかもしれませんが、もうちょっと簡単に勝てたと思います。競っても勝てるというのは自信になりました。1部で勝つのはかなりきついので、自分らは1部と2部の間でプレーしている感じでもっとコートでのスピードを上げていかないと1部で戦っていけないと思いました。伊藤先輩が負けちゃったんですけど、自分が勝たないとどうしようもないので、半ば諦めてしまいそうでしたが逆に開き直ってやり方を変えて勝てました。秋リーグはとりあえず早稲田には絶対勝って、日体にも勝てるようにしたいです。早稲田に勝ったのは大きな進歩だったんですけど、他ので0ー5とかで負けてしまったのが痛かったです。それで入替戦来ることになってしまって毎回毎回入替戦は悔しいです。秋はもうちょっと1勝でも多く勝てるように頑張りたいです」

高原
「石田純コーチには、緊張してプレッシャーもかかっているのは分かっているけど自分と闘っちゃダメだということと、自分から攻める球を多くして守りに入らないようにしろということを言われました。技術面では相手の武器はスマッシュしかないので、それを封じれば相手はカットやクリアを使ってくるだろうけどアウトが多くミスもしていたから、スマッシュを封じれば大丈夫だということを言われました。自分自身本当に緊張がすごかったです。早稲田のときも同じ状況だったのですが、怖さの付いた緊張といった感じでした。すごい試合になってしまいましたが、最後は勝てたので今はほっとしています。自分は常に気持ちで追い込まれていてメンタルが弱い所が一番の欠点なので、それが試合にも出てたのではないかと思います。秋季リーグに向けて、レギュラー争いが一から始まるので、チームの中でも勝って外でも勝ってという風にやっていかなきゃいけないと思います。どこでも自分が一番になるんだという気持ちを忘れないで一部では、1勝と言わず、何勝でもてっぺんまで行くという気持ちでやっていきたいです」

ニュース
 
 この記事へのご意見はこちらからお寄せください。
 今後の明大スポーツ運営への参考にさせていただくほか、ご意見としてご紹介させていただく場合もございます。
 ※必ずEmailアドレスをご入力ください。
 ※htmlタグなど、一部本文中にご利用できない記号がございます。
Email: