検索
 HOME > バドミントン部

チームの勝利を決定付けた高崎(左)・村上組

バドミントン部  男子は2連勝で5位 女子は6位で入れ替え戦へ/関東大学春季リーグ戦

◆4・26〜5・5 平成26年度関東大学バドミントン春季リーグ戦(日体大米本記念体育館)
▼男子(1部リーグ)
 ○明大4―1帝京大
  水間○2―0
  山口○2―1
  高野・宮嶋組○2―0
  藤井・櫻井組●1―2
  高野○2―1
▼女子(1部リーグ)
 ○明大3―2早大
  伊藤○2―1
  森○2―1
  高崎・村上組○2―0
  伊藤・久保組●1―2
  高原●1―2
 リーグ戦最終戦。男子はシングルスで3勝、ダブルスで1勝挙げ帝京大相手に快勝した。2勝3敗であったが、獲得セット数の差で惜しくも5位となった。女子は今季ダブルス未勝利の中、高崎真美(政経2=日本橋女学館)・村上晃(商1=青森山田)組がストレートで勝利。早大から白星は取るも、獲得セット数の差であと一歩及ばず6位で1部残留を懸け入れ替え戦へと回った。

[男子]
シングルス陣が力を見せた。第1シングルスで出場した水間陽介(政経2=札幌一)は序盤で流れをつかみ10―4と大きく相手を離した。終始水間のペースで試合を運び、第1セットを奪取。続く第2セットも一気に相手を畳み掛け、ストレートで勝負を決めた。水間は「尻上がりにいけたのが結果になって良かった」と語るようにリーグ戦中に徐々に調子を上げ、結果に結び付いた。水間がつくった流れをそのままに第2シングルスの山口凌司(商4=西陵)は第1セットを21―13と大差で奪う。しかし第2セットで流れは一変。序盤よりリードを奪われるとミスを連発しこのセットを落とす。ファイナルセットでも相手にリードを許すが、13―17から6ポイント連取で逆転しそのまま勝利をもぎ取った。次の第1ダブルスで早々にチームの勝利を確定。第2ダブルスはフルセットの末敗戦するも第3ダブルスの高野将斗(商2=埼玉栄)が実力を見せた。1セットずつ取り合い迎えたファイナルセット。始まるや否や相手のどの打球にも正確な返球で対応した。猛烈な勢いで15ポイント連取し、圧倒的なリードを広げる。相手に一歩も譲らないまま21―6でリーグ戦の幕を閉じた。
 「みんなそれぞれ実力が付いてきて、一試合一試合集中して気を抜かずに最後までやってくれた」(鰐川朗コーチ)とこのリーグ戦で選手たちそれぞれが感じ取り、得たものは多い。しかし「勝ちを目前にプレッシャーが掛かった時に、縮こまってしまうところがある」(藤井佑介主将・政経4=札幌一)と攻めの部分で課題はまだまだ残るのが現状だ。悲願のリーグ戦優勝を目指す選手たちの活躍に期待が懸かる。

[女子]
 待望のリーグ戦初勝利となった。シングルスで出場の森朝香(文3=埼玉栄)、伊藤美沙(政経4=聖ウルスラ学園英知)が共にフルセットの末勝利を収める。その流れに乗った高崎・村上組は高崎の強烈なスマッシュや村上の技ありのショットなどでポイントを連取し、第1セットを21−13の大差で獲得。第2セットは初めのうちは相手にリードされるものの、4点差以上は許さず早い段階で逆転するとその後は2人のペースに。5ポイント連取で逆転するとそのまま21−15で勝利をもぎ取った。今季リーグ戦ダブルスで初の勝利を挙げた。「ダブルスで最後までポイントを取ることが出来なかった」(高崎)と2人は最終戦前日までの雪辱を果たした。「2人で次どうやったら勝てるかとかを話し合っていた」(村上)と昨日までとは一変した姿を見せた。その後の第2ダブルス、第3シングルスはファイナルセットまでもつれるものの2連敗。3−2の勝利で春季リーグ戦の幕を閉じた。
 「流れに乗って勝つしかないと思って、気持ちを入れてやった」(高崎)。チームが一つとなってつかんだ勝利だった。しかしリーグ戦の結果としては5位の早大と獲得セット数の差で6位となり、11日の1部2部入れ替え戦に回ることになった。「選手が負けた理由を考えてこれから練習の意識をもっと上げてくれないと」(石田純コーチ)と課題はダブルスだけではない。1部で1勝という今季の目標は達成した。秋季リーグ戦ではさらなる結果を残したいところだ。まずは1部残留を懸け来週の青学大との入れ替え戦へと臨む。

[西尾健三郎・谷澤優佳]

試合後のコメント
鰐川コーチ

「今日は良かった。帝京に0ー5で負けていたら最下位の可能性もあった中で、4ー1で勝つことができて良かったなと思う。みんなそれぞれ実力が付いてきて、一試合一試合集中して気を抜かずに最後までやってくれた。2部でやってたときよりは遥かにみんな1部でやっていくぞという意気込みと練習をしてきたから、みんな意識が変わったと思う。キャプテンも今日は負けてしまったものの、意識がそれなりに変わってきたなと今日見てて感じた。出ていない選手も応援の仕方が夢中になってしてくれているからバックアップも含めてすごく良かった。秋までに優勝を目指してはいきたい。今よりもさらに意識を上げていってめり張りを付けていきたい。1からチームをつくり直してレギュラー争いが激しくなっていけば変わるかもしれない。ダブルスの勝率は良いから、上位に上がるためにシングルスも強化してやればいいと思う。このリーグではすごくいいステップが踏めたと思う。2勝挙げたこともみんなの自信になったと思うし、これからも結果を残せればそれがステップアップにつながると思う」

石田コーチ
「去年の春に1部に復帰して去年1年間最下位で1勝もできなかったけど、今シーズンの目標はまず1勝することから上を目指していった。ここまでの4戦勝てなくて最終日に1勝できたけどポイント差ではやはりそれだけでは足りない。それまでの戦いで善戦していれば5位にはなれたと思う。0ー5の試合が二つあったことが大きい。春のリーグ戦ていうのは秋からすごく長い時間があって、春から秋っていうのはいろんな試合もあってじっくりトレーニングする時間がないけど、秋から時間掛けてやった割にはまだ力及ばない部分が多かった。今回それぞれの選手が負けた理由とかを考えてこれから練習の意識をもっと上げてくれないと、来週の入替戦も勝てないし1部で戦っていくこともできないと思う。そこが課題として残った。最上級生でキャプテンの伊藤と3年生の森朝香が意識が高く危機感を感じて競った時にミスをしてしまう体力不足などを補ってきたから勝ちポイントを挙げられたのは良かった。ダブルスは基本的な技術からやり直して、ダブルスをやるという試合感をやってもらうのが先決だと思う。チームのことは本人たちがまず何が足りなかったか考えてどうしたいかを聞きたい。選手がそういうことを一番感じ取ってほしい。大きな部分だと1部で勝つために必要な技術や体力を付けてもらいたい」

藤井
「春は自信につながったところはチームとしてもある。けど、まだまだだなと。課題、反省の残るリーグ戦でした。結果どうこうでなく内容での。やっぱり1部に上がったばっかりで勝ち慣れていない。勝ちを目前にプレッシャーが掛かった時に、縮こまってしまうところがある。自分は今日反省しなくちゃいけないです。秋またチャンスがあればチームをまとめ、頑張らなきゃなと思います。2年生は後半は良かったんじゃないですかね。どちらかというと前半は上級生が調子良くてというところでかみ合わなかったのが団体戦の難しさですね。たぶん経験できたことが秋につながると思うので、今回の経験を絶対無駄にしちゃいけないと思います。秋は上3つには入りたいです。僕らはそんなに練習の面数もあるわけじゃないし、練習量では1部の他のチームのどこにも勝ててはいないと思う。でも練習の濃さ、頭を使って練習するってところで他の大学との差を埋めようとしている。頭を使わないと競った場面でも勝てないと思うので。最後は気持ちなのかもしれないですけど。一人一人がやらされる練習ではなくて、やる練習になれば今回自信になった部分も多いと思うし、次につながるかなと思います」

山口
「今日は相手がミスしてくれたこともあり勝てました。足動いてないのがあってミスしてしまったのもあるし、逆に相手のミスに助けられたって感じでした。チームはいつも応援が元気で全体的に良かったと思います。今回のリーグは何かしら勝つことができたので得たものは大きいです。毎回出るからには勝とうと思っていましたし、逆に気負いはしないでいつも自分らしくっていうのは心掛けていました。これからは動きが遅いとか体力が少ないということを考えて基礎的な部分を重点的に強化していきたいです。秋はもちろん優勝狙います」

高野
「最初の法政、日体で初めての1部ってこともあり正直硬くなり過ぎて出し切れませんでした。そこから1週間の調整でダブルスは立て直せたと思います。気持ちの調整で練習中にもしっかり周りを見てうまく対応できるようにしました。自分が前にでて宮嶋が後ろでやるのが一番合ってると思うので、そこで自分が前に出切れてなかったことがあり、意識して強気でいけるようにしました。今回は1部で通用した感触が持てたので、自信は付きました。課題は引いちゃってときの切り替えや、大きく展開して交わしたりするのができるようになったらいいと思います。全日本とか基本全部の大会で全勝して優勝します。今は伸び伸びプレーができる環境なので、先輩たちに付いていって思いっきり盛り上げられればと思います」

水間
「個人としては調子は悪かったが、尻上がりにいけたのが結果になって良かった。3日目の早稲田戦が1個下の相手だった。僕が勝っていれば勝ちの試合だったのに負けてしまった。そこで吹っ切れて開き直ってとにかく全力でやってみようかなと思えた。あの戦いをきっかけにどんどん良くなったかなと思います。(今日の試合)はトップなので、流れをこっちに持ってきたかったのでできるだけ守ったりしないで、自分から戦いにいく形にしました。(リーグ戦を終わって)まだやれたかなと思います。1部でもそこそこ自分の力が通用するのが分かったのでそれは収穫かなと思います。秋は優勝する気持ちです。チームとして1部にも通用しているので。負けてても2本取って後1本というのが多かったので、そう考えるとまだまだいけるのかなと思う」

宮嶋航太郎(商2=埼玉栄)
「チームとして最終戦もきっちり勝てたんで良かったです。個人的には全勝目指していましたが、最初に2連敗してしまいました。でも、あとの3戦は吹っ切って勝てたので勝ち越したことは良かったと思います。秋リーグは次こそ全勝できるように頑張ります。開幕戦は勢いで負けてしまって秋はこのような取りこぼしが無いようにしていきたいです。でもインカレ2連覇のペアに勝てたことは自信になりました。今年こそはインカレで取りこぼしが無いように今回の反省を生かして頑張ります」

伊藤
「1部で初めて1勝できたというのはチームとしてもプラスになったと思う。だけど今日だけではなくて、今までの試合で0ー5とかいう負け方をしてしまったので、ポイント数とかで入れ替え戦にいってしまったというのは明治はまだまだ弱いところだなと思います。1本でも多く取るっていう気持ちが全員まだまだ足りないので、1勝への執着心というのがもっと明治には必要だなと思います。今までどうやったら勝てるんだろうというぐらい勝てなかった。けど、今日すごいみんな波に乗っていたし勢いもあった。やっぱり入れ替え戦にいきたくないという気持ちがすごいあったので。逆に早稲田は守るという部分で最初は明治が勢いがあった。けど最後の1勝というのは遠いなと思いました。個人的に自分は1番上に立ってのリーグ戦だったので、去年とかよりは勝てるのかとか不安だった。前半は0―5とかあったので、自分のやってきた練習とかがだめだったのかなと落ち込んだ。けど、今まで明治の中で初めて1勝できたので、自分としても明治としても自信にしていいのかなと思う。試合に入る前から上3つで取りにいくと決めていた。自分たちのダブルスは組んで練習もしていなくて不安だったので。1部にいたいという強い気持ちはみんなあると思うので、あとは2部の人たちの1部に上がりたいという気持ちに負けないようにしっかり一戦一戦大事にしてやっていきたいと思います」


「最終的に早稲田に勝てたのは良かったと思うんですけど、専修戦と法政戦で0―5で負けたのは一番痛かったのでそこで1勝でもできたら違っていたと思います。次は1勝でもできるようにしたいです。最後の早稲田戦の勝負どころでちゃんと焦らず相手のミス待ちができて、ちゃんと点数取れたので成長したと思います。競ったところで勝ち切れるは良かったです。筑波大戦でもいい試合ができなかったので反省点も多いです。自分がリードしているときにどうやって点数を取っていくのかをよく考えないとすぐに追い付かれてしまうので、点数の取り方をもっと勉強しなければいけないと思いました。秋までにパワーも付けなければいけないし、相手のスマッシレシーブが苦手なのでそこをもうちょっとできるように改善していきたいです。チームとしてシングルスは全体的に体力を付けないと長いラリーで体力負けしてしまうこともあるし、ダブルスは組み始めて最初の方なのでこれからペアの練習を増やして強化した方が良いと思います。個人戦はこれまでインカレに出れなかったので、今年はインカレに出場してベスト8に入って全日本総合にも出場したいです。秋は最低2勝したいです。来週は今日の相手に勝てたので落ち着いて自分らしく戦えば大丈夫だと思います」

高崎
「ペアは組んで1カ月くらい。先輩が2本取ったからその流れに乗って勝つしかないって思って、気持ちを入れてやった。(試合に)出てみないと分からないことがたくさんある。最後勝てたのはチームの団結力。チームが一丸になったから、入れ替え戦にはなっちゃったけど、団結力で勝てたところがチーム全体での収穫。去年の4年生がすごいダブルスが強くて、その4年生がいなくなって今回ダブルスで最後までにポイントを取ることが出来なくて、これからは自分達が主になってポイントを取ることが出来るようにしていきたい。1ポイント差で入れ替え戦に回ることになって今回その1ポイント1ポイントの大切さを知ったので、秋ではそれを1ポイントずつ大切に取れるようにやっていきたい」

村上
「2人とも大学の試合は初めてだったのですごく緊張していた。今まで負けてきたんですけど、その中でもしっかり2人で次どうやったら勝てるかとかを話し合っていたのでそれで今日は勝てたんだと思う。個人としては高校と大学のバドミントンが全然違くて、まだまだこれから練習をいっぱいしていって団体でポイントを取れるような人になりたい。入れ替え戦では1部と2部だとやっぱり1部の方がレベルが高いからしっかり入れ替え戦勝って1部に残れるようにしたい。これからみんなで頑張りたい」

ニュース
 
 この記事へのご意見はこちらからお寄せください。
 今後の明大スポーツ運営への参考にさせていただくほか、ご意見としてご紹介させていただく場合もございます。
 ※必ずEmailアドレスをご入力ください。
 ※htmlタグなど、一部本文中にご利用できない記号がございます。
Email: