検索
 HOME > 硬式野球部

決勝打の2点本塁打を放ち笑顔でダイヤモンドを一周する菅野

硬式野球部  終盤に逆転し勝利 1勝1敗タイに戻す/東京六大学春季リーグ戦

◆4・12〜6・1 平成26年度東京六大学春季リーグ戦(神宮球場)
▼5・4 対法大2回戦
 ○明大5−3法大
2回戦
法大
明大×

(明)上原、○柳(2勝)―坂本
(法)玉熊、●鈴木貴、藤森、浅野―安本
【本】(明)菅野@2ラン(藤森=7回)
【三】(法)田中(5回)【二】(明)菅野(2回)(法)田中(3回)、佐藤竜(6回)
(明)◇犠打3 坂本(4回)、眞榮平(5回)、植田(7回)◇併殺1 ◇残塁12 ◇盗塁2 坂本(6回)、福田(8回) ◇失策1 植田(5回)
 終盤で逆転に成功し、絶対に負けられない一戦を5−3で制した。6回まで一進一退の攻防が続き、両者譲らず試合は終盤に差し掛かった。迎えた7回裏、1死二塁から6番菅野剛士外野手(法3=東海大相模)の2点本塁打でついに勝ち越し。7回表から登板していた2番手の柳裕也投手(政経2=横浜)は3回を無失点に抑え、粘る法大を振り切り3戦目に望みをつないだ。

 ついに眠れる大砲・菅野が目を覚ました。2球目の高めの直球を完璧に捉え、打球はそのまま右翼席に吸い込まれた。決勝打となる2点本塁打。「打った瞬間入ったと思った」。完全復活を印象付けるには十分な打球だった。
 今季は慶大戦まで5分3厘と絶不調で「何が悪いのかわからない」ともがき苦しんだ。慶大3回戦では4番に座りながら6回1死一塁のチャンスで代打を送られる屈辱も味わった。さらには法大1回戦から6番に降格。昨年までの姿はどこにもなかった。
 復調の兆しが見えたのはその法大1回戦。2打席目の初球を強振し、一塁線へのファールボール。この打席、二ゴロに倒れたがこのファール一球でタイミングをつかんだ。すると今日の試合では4打数3安打。内訳は本塁打1本、二塁打1本、安打1本とそれまでの不調を感じさせない活躍ぶりだった。

最後の打者を打ち取り笑顔を浮かべる柳  <
最後の打者を打ち取り笑顔を浮かべる柳
 安定感のある投球でチームの勝利をアシストした。7回からマウンドに上がった柳は直球、変化球共に低めに集めた投球が光り、この回を三者連続三振で締める。その裏に菅野の本塁打で勝ち越しに成功した直後の8回。1死から安打を浴び一塁走者を背負うものの「簡単に点はやらないという気持ちでマウンドに上がった」と4番伊藤諒を併殺打に抑え反撃の目をつむいだ。9回は三者凡退で切り抜け、3イニングを1安打無得点の投球。負けられない試合で好救援を披露した。
 先発の上原健太投手(商3=広陵)は苦しい投球が続いた。3回、田中に先制の左前適時打を浴びると、直後の5回にまたしても田中に2点適時三塁打を浴び、勝ち越しを許してしまう。「要所要所で打たれてしまった」と悔しさをにじませた。それでも6回1死一、三塁のピンチではまず金子を三邪飛。変化球を有効に使うと、続く安慶名には直球で押し二ゴロに仕留めた。これ以上の追加点は許さない、意地の投球をみせた。
 
 命運は第3戦へと託された。打線は今試合13安打と奮起。チーム打率も2割9分4厘と上向きだ。勢いそのままに連勝で優勝戦線に踏みとどまりたい。第3戦は山崎福也投手(政経4=日大三)の先発が予想される。1回戦で手痛いサヨナラ負けを喫し、涙を流した山崎。再びマウンドに上がり、雪辱を果たしてみせる。

[西谷侑紀]





◆明大打撃成績◆
打順守備名 前
(遊)福田(広陵).474中安  投飛中安  死球 左安  
(中)高山(日大三).407遊併  二失  右安左安  三振  
(一)眞榮平(興南).350右安  遊飛  一ギ二邪飛  三振  
(二)糸原(開星).238二ゴ  遊ゴ  二飛  遊安四球  
(三)植田(関西).500  一飛  四球四球  一ギ中飛  
(左)菅野(東海大相模).174  左二  右安三振  右本    
(右)海部(履正社).143  三振  右安  投ゴ遊直    
(捕)坂本(履正社).250  三ゴ  投ギ  四球中安    
(投)上原(広陵).200    投安投ゴ          
 上西(明大中野八王子).000          二飛      
 柳(横浜).333            捕飛    
   3313.294                
◆明大投手成績◆
名 前球数
上原(広陵)1033.63
○柳(横浜)372.08


◆ベンチ入りメンバー◆
10高橋隼(法4=日本文理)糸原(営4=開星)福田(商4=広陵)
11山崎(政経4=日大三)12坂本(文3=履正社)26吉田(国際2=佼成学園)
18今岡(文4=横浜隼人)眞榮平(政経4=興南)長嶺(文4=宮崎工)
29月田(商4=熊本工)25佐野友(商4=日大三)菅野(法3=東海大相模)
上原(商3=広陵)14大塚(商3=花咲徳栄)38高山(文3=日大三)
17柳(政経2=横浜)16宮内(政経3=習志野)24海部(商3=履正社)
23星(政経2=宇都宮工)植田(文4=関西)37小倉(文3=関西)
31齊藤(政経1=桐蔭学園)34竹村(政経1=浦和学院)
佐野恵(商2=広陵)28上西(営3=明大中野八王子)



  
勝敗表 第4週 5/4現在
試合勝利敗戦引分勝ち点勝率
早大---    ○○○●○○○76103.857
慶大  ---○△○  ○○540121.000
明大  ●△●---●○  ○○73311.500
法大●●  ○●---○○  63301.500
立大●○●    ●●---  51400.200
東大●●●●●●    ---60600.000


試合後のコメント
チームをけん引する高橋主将

「何とか悪い流れを断ち切って、明日以降に望みがつながりました。もうやるぞといい雰囲気でした。(明日以降の試合は)やるしかないなと。昨日は帰ってからも練習して、今日も朝納得するまで練習して臨んで、苦しい試合でしたが不調だった菅野がホームランを打ってチームの雰囲気も上がってきました。いい雰囲気を続けて明日の試合に臨みたいと思います」

6回3失点と粘投した上原
「要所要所で打たれたのが今後の課題だと思います。(5回の2点適時三塁打は)コースが悪いというわけではなかったと思うんですが、綺麗に運ばれてしまったのは自分の力不足かな、と思います。(フォークと直球を使い分けは)結構効いていたと思います。明日はリリーフとしての仕事、抑えとしての仕事をきっちりしたいと思います」

2点本塁打で勝利に大健闘した菅野
「(7回の本塁打は)打った瞬間入ったと思いました。(打ったのは)真っすぐです。昨日の試合まで何が悪いのか分からなかったです。昨日の2打席目の初球の一塁線へのファールでタイミングを掴めました。それがあって今日は良い感じで打席に入れました。(調子の悪い期間は)前から来るボールを打たずに素振りを重点的に行いました。(昨日の試合で4番から6番に下がったが)打順は特に意識はしていないです。(4番のプレッシャーは)少なからずありました。自分で背負いすぎた部分がありました。自分もチームも崖っぷちですが、自分が打てば勝つ試合が多いので、明日以降も打って明治を勝たせたいです」

6回に同点となる右前適時打を放った高山
「何も狙っていないというか、打つしかない、自分が打たないといけないという気持ちでした。あれで追い付いたので、ひとまず良かったなというくらいで、それ以上はないですね。もう本当に負けられないと思うので、今日みたいに粘って明治らしく勝っていきたいです」

投球が光り、3回無失点に抑えた柳
「まっすぐも変化球も低めに集められていたので、よかったです。前回はとても興奮していて冷静さに欠けてしまったところがありましたが、今日はとても落ち着いて冷静に投げれたことが良かったと思います。緊迫した場面での登板でしたが簡単に点はやらないという気持ちでマウンドに上がりました。今日はなんとかしたいという気持ちで、チームが勝てたのでほっとしました」


ニュース
 
 この記事へのご意見はこちらからお寄せください。
 今後の明大スポーツ運営への参考にさせていただくほか、ご意見としてご紹介させていただく場合もございます。
 ※必ずEmailアドレスをご入力ください。
 ※htmlタグなど、一部本文中にご利用できない記号がございます。
Email: