検索
 HOME > バドミントン部

激闘の末、勝利を挙げた高野(右)・宮嶋組

バドミントン部  勝ち星取れず男女ともに3連敗/関東大学春季リーグ戦

◆4・26〜5・5 平成26年度関東大学バドミントン春季リーグ戦(日体大米本記念体育館)
▼男子(1部リーグ)
 明大2―3早大○
  水間●1―2
  山口●1―2
  高野・宮嶋組○2―1
  小林・櫻井組○2―1
  高野●0―2
▼女子(1部リーグ)
 明大0―5専大○
  伊藤●1―2
  森●0―2
  高崎・村上組●0―2
  伊藤・久保組●0―2
  高原●0―2
 リーグ戦3日目。初の白星が欲しいところだったが、男女ともに3連敗と1部リーグの舞台で勝利とはならなかった。男子は第1第2シングルスを落とし、ダブルスで2勝を挙げるも第3シングルスでの敗戦により早大相手に敗北を喫した。女子は「ダブルスが不安定なだけに3本取るところまでいかない」(石田純コーチ)と専大相手に全敗で苦汁をなめた。

[男子]
 シングルスでは力及ばなかったが、ダブルスの活躍が光った。シングルスで出場した水間陽介(政経2=札幌一)、山口凌司(商4=西陵)の連敗により後が無くなった明大。第1ダブルスの高野将斗(商2=埼玉栄)・宮嶋航太郎(商2=埼玉栄)の相手は全日本学生選手権を2連覇した古賀・齋藤組(早大)だ。「2連敗してチームに迷惑掛けていた」(宮嶋)と負けばかりでは許されないエースの意地で確実に第1セットを奪った。続く第2セットは流れが変わり攻められる展開に。早大ペースを崩せず、17―21で勝負はファイナルセットへともつれ込んだ。序盤で流れをつかめず11―16とリードを許すが、そこから粘りの追い上げを見せ22―20で白星を飾った。第2ダブルスの小林俊也(政経3=埼玉栄)・櫻井恵介(政経3=埼玉栄)組が上級生の意地を見せフルセットで2つ目の白星を奪取。しかし、シングルスで高野が後に続けず団体戦としての初勝利とはならなかった。
 ダブルスとしてチームに貢献した櫻井は「1部相手に十分戦えている」とチームとして負けたものの、これからに生きる確かな自信を語った。勝ち切れない状況ではあるが、チーム一丸となって戦う選手たちに今季初勝利を期待したい。

[女子]
 チームの勝利にはまだまだ遠かった。前戦の法大戦で全敗を喫し、チームに不安を残したまま臨んだ専大戦。第1シングルスで出場した伊藤美紗(政経4=聖ウルスラ学園英智)は「不安とか焦りがすごい出てしまった」と第1セットを11―21の大差で落とした。第2セットは流れをつかむべく多彩な打ち分けでポイントを連取してセットを奪うも、ファイナルセットで相手の気迫に押され敗戦した。後の選手も勝利には届かず全敗で試合を終えた。
 「ダブルスの組替えをした。その結果は出せていない」(石田コーチ)とダブルスでの課題はまだまだ多い。1部で戦っていく上ではダブルスの戦力を十分に底上げすることが必要である。まずは1勝を挙げ、そしてさらなる高みを目指したい。

[西尾健三郎]

試合後のコメント
石田コーチ

「(一週間の間は)ダブルスの組替えをした。1戦、2戦やって勝てなかったのでまた替えようという試みをした。今日その結果は出せていない。シングル陣は気持ちを落とさないで3連戦に合わせる調整練習を中心にやった。(高崎・村上組は)前よりもいい形ができてきている。ただペアの練習がまだ少ないというのと一人一人の技術がまだ1部のトップレベルにはまだちょっと足りない。だから勝つところまではいかなかった。ただ十分に競るシーンはあったので今後に期待したい。伊藤はキャプテンでありエースだし、2番手の森朝香も1年生から出ていて経験は十分なはずなので、2人がもうちょっと競るだけでなく勝つようになってくれないとダブルスが不安定なだけに3本取るところまでいかない。明日明後日はシングル2本とダブルス高崎・村上がしっかり勝ち切れるといいなと思う」

小林
「(個人として)初勝利できて良かったです。1ゲーム目は良かったんですけど、2ゲーム目はちょっと勝ちを意識し過ぎちゃって硬くなって駄目でした。ファイナルは勝ちどうこうよりリラックスして試合できたので良かったです。結果チームが負けてしまったので満足ではないです。自分のプレーもまだまだ突き詰められると思いました。(櫻井とは)前日に勝敗についてよりも今持ってる力出し切ろうと話していました。試合前は勝つぞということだけを言い合ってました。明日は上三つで決まってくれたらいいんですけど、決まらなくて自分らに回ってきても2―0で勝ちにいけたらと思います」

櫻井
「納得のプレーはできませんでしたが、勝ててとりあえず良かったです。やっぱりチームが勝てなかったのでそれは悔しいです。(試合中は)相手どうこうよりも、自分らのミスが多かったので硬くなって点を取られてしまいました。コーチからはミスを減らすためにとりあえず足を動かせと言われました。入れようとし過ぎていました。今日やったことからプレーを修正して明日でるならしっかり勝ちに行きたいです。シングルスはどうしても2年生たちが取ってくれないとどうしようもないですね。高野に関してはダブルスのこともあると思うけど、それでもチームの代表として出ているわけだからもっと気合い入れてほしいです。(今日の敗戦で)引きずっていてもしょうがないので、次の試合のことを考えて戦っていきます。現段階で1部相手に十分戦えているので、それを自信にして試合に生かせていければと思っています」

高野
「良くなかったです。ダブルスの1部で勝てたのは自信になりました。いい流れでこのまま続けられればと思います。(シングルスは)情けないです。それだけです。自分が未熟でした。こればかりは気持ちの問題です。明日からはゆとりを持って冷静に勝つ気持ちで戦っていきます。団体戦で勝ち切れないのが今の明治の状況ですけど、雰囲気は悪くないので気持ちで勝ちにいきます」

宮嶋
「2連敗してチームに迷惑掛けていたので死ぬ気で勝ちにいきました。相手がインカレ2連覇だったので、今日の勝ちは自信になりました。前の2戦は自分らが負けてチームでも負けたっていうのがあって、今日は自分たちが勝って他で負けてしまいましたが、これが団体戦なので団体戦の難しさだと思います。終わってしまったことはしょうがないので、あと2回勝てるように頑張ります。一人一人が一つになって参加意識を持ってやれば勝てると思います」

伊藤
「負け越していて早稲田が1勝してしまったというのもあって気持ち的に焦っていた。でも自分たちができることはやろうと思って練習した。それでも不安とか焦りっていうのが結構あって今日はそれがすごい出てしまった。第1シングルスでチームの流れというのもつくろうと思ったんですけど1ゲーム目から気持ちで押されてしまってそれがプレーにも影響してしまった。2ゲーム目の途中で自分の中ですごい切り替えられて取ることができたんですけど、やっぱり切り替えるタイミングが遅すぎる。3ゲーム目もまた1ゲーム目みたいに気持ちで押されてしまって今日の試合は反省点ばかりです。(切り替えは)気持ちでとても負けてるなと思ったので開き直って思い切りやろうと思ったらいい方向にでた。チームの雰囲気はあまり良くないんですけど今日は今日なので早稲田も筑波も切り替えて思いっきりいくしかない」

ニュース
 
 この記事へのご意見はこちらからお寄せください。
 今後の明大スポーツ運営への参考にさせていただくほか、ご意見としてご紹介させていただく場合もございます。
 ※必ずEmailアドレスをご入力ください。
 ※htmlタグなど、一部本文中にご利用できない記号がございます。
Email: