検索
 HOME > バドミントン部

チームで唯一の連勝を飾った山口

バドミントン部  男女ともに開幕2連敗/関東大学春季リーグ戦

◆4・26〜5・5 平成26年度関東大学バドミントン春季リーグ戦(日体大米本記念体育館)


▼男子(1部リーグ)
[1日目]           [2日目]
  明大2―3法大○       明大1−4日体大○
  水間●0―2           水間●0―2
  山口○2―1           山口○2―1
  高野・宮嶋組●1―2     高野・宮嶋組●1―2
  藤井・櫻井組○2−1     小林・櫻井組●1−2
  高野●0−2           小笠●0−2

▼女子(1部リーグ)
[1日目]           [2日目]
  明大2―3日体大○      明大0―5法大○
  高原●0―2           伊藤●0―2
  伊藤○2―0           森 ●1―2  
  高崎・村上組●0―2     久保・後藤組●0―2
  伊藤・高原組●1―2     高崎・村上組●0―2
  森 ○2―1           深田●0―2
 春季リーグ戦がいよいよ開幕した。1年生も加わり、新体制で初の大会となったが白星でスタートすることはできなかった。男子は法大に2―3、日体大に1―4と健闘したものの2連敗。女子もダブルスでの敗戦が響き日体大に2―3、王者・法大にはストレート負けを喫し、力の差を見せつけられた。男女とも連敗はしたものの、1部を経験したことのある3、4年生を中心に強豪校相手に戦える手応えもつかめる試合となった。

[男子]
 敗戦の中でも上級生が意地を見せた。1部昇格の原動力となった高野将斗(商2=埼玉栄)・宮嶋航太郎(商2=埼玉栄)組ら2年生が苦しむ中、3、4年生が奮起。法大戦では藤井佑介主将(政経4=札幌一)・櫻井恵介(政経3=埼玉栄)組の3、4年生コンビが勝利を収めた。1、2日目とも第2シングルスに抜てきされた山口凌司(商4=西陵)はチームで唯一連勝で白星を挙げた。2日ともフルセットまでもつれ込む接戦となったが、終盤は気力で制して粘り勝ち。「最後なので全力で頑張ろうと思っていた」(山口)と気持ちで押し切った。
 ハーフ球を打たなくなったことが成長の要因だ。「コーチに言われてからなくしていこうと意識した」と置きにいく甘い球をなくすことによって、試合の流れを断ち切ることができるようになった。「このリーグは彼に注目ですよ」(鰐川朗コーチ)。最上級生となった山口の活躍に目が離せない。
 男子はエースの高野・宮嶋組の復調がカギを握っている。「あいつらも人間なので、今日はたまたまこけてしまっただけ。それはチームとしての負けなので、あいつらにはへこんでほしくない」(藤井)と主将の2人に対する期待は大きい。

[女子]
 勝利まであと一歩及ばなかった。法大戦はストレート負けをしたものの、日体大戦では2―3。「勝ちにいった」(伊藤美紗・政経4=聖ウルスラ学園英智)だけに悔しい結果になった。勝利を収めたのはシングルスの3、4年生の2人のみ。ダブルスは急造ペアが多く不安も残るが、経験を積みなんとか勝利をもぎ取りたい。「来週からの3戦が1番大事になると思う」(森朝香・文3=埼玉栄)。まずは1勝を目指しチーム一体となって次の戦いに臨む。

[四ッ谷健太]

試合後のコメント
[1日目]
鰐川コーチ

「1部に返り咲いて、初めての選手もいれば経験のある選手もいたがみんないい試合をしていたと思う。初戦だったので、あまりプレッシャーもなかったと思う。期待のホープの高野、宮嶋、水間がやられたがそこをうまく先輩たちがリカバリーしたのは良かったと思っています。勝てれば一番良かったが、2ー2で最後まで持つれ込んだのはいいものが残ったのではないかと思う。(圧倒的に負けるという試合はなかったと思いますが)そうですね。みんな自信は少し付いたと思いますね。あそこまで戦えたのでいい収穫にもなったと思います。(最上級生が勝ってくれたが)いつも2部の時は若手にいいところを持ってかれるというのがあったが、今回はきちっと先輩がリカバリーしてくれた。1部で特にシングルスで勝つのは大変なことが彼はよく頑張ってくれた。山口がもし落としていたら決着が着いていて、最後までまわせなかった。(山口選手の昨年との違いは)ハーフで打つ球がなくなって、結構力強い球が打てるようになった。ラリーを途中で切る、そのショットで決められることがだいぶ多くなった。ハーフ球の意味が分かっていなかったので、それが理解できるようになってきた。置きにいく球というんですけど、明らかにドロップを打ちますよっていう球だと相手も分かってしまう。それを生きた球にするとぎりぎりまで分からせないだとか、力強い球を打つことによってエース球になってしまうこともある。そういう球がだいぶ増えてきたので、それは大きいと思います。意識が変わると強くなる選手は他にもたくさんいると思いますね。そこを変えるのは小学校、中学校からやってるので、なかなか難しいと思うんですけど。このリーグでの彼は結構期待ですね。一皮むけたと思いますよ」

石田純コーチ
「女子は日体大に勝ちにいきました。オーダーも当たって、伊藤を確実に勝たせるために第2シングルスに回した。まあ結果としては第1ダブルスと第2ダブルスで惜しい試合をしながらも勝てなかった。1ポイントでも取って第3シングルスの森につなげたかったから残念ですね。正直ダブルスはメンバー的には結構厳しいですね。シングルスは伊藤と森という2枚看板がいるので、互角に戦える人材である。だからダブルスが早く経験を積んで勝てるようになってほしい。(走り込みのトレーニングをさせて意図は)全スポーツ共通で重要なことなんじゃないですか。バドミントンなんか特に持久競技なんで。女子は長い試合になるのが当たり前だから、どっちが体力があるかという勝負になる。またその中で意表を突くキラーショットも身に付けなればならない。去年の秋リーグ、伊藤と森が体力負けで悔しい思いをしていた。それでトレーニングを自主的にやっていたと思います。前は言ってもやらなかったのに、今は言わなくてもやっている。このリーグは凌ぐ。1勝して1部に残留したい。1部に居続けることが、上に行く方法だと思う」

藤井
「トータルして悪くなかったとは思う。ただこれが団体戦だし、これが1部だなというのは改めて痛感しました。絶対ということはありえないので、結果は受け入れて選手一人一人が今日の気持ち引きずって負けるようなことはようなことはもったいないので。今日の悔しさはもちろんあると思うが、悔しさをバネにじゃないですけど、残りのリーグ戦で取り返せるようにしていきたい。全体としてはまた新たな気持ちでいきたい。1年生の時に1部にいた時に比べたら、戦える実力は付いてきました。1部にいるというのは先輩方が残してくれたというのもありますし、去年のリーグ戦は高野、宮嶋がMVP級の活躍をしてくれた。あいつらも人間なので、今日はたまたまこけてしまっただけ。それはチームとしての負けなので、あいつらにはへこんでほしくないです。ただやっぱり最後のところですね。(自分の試合は)1ー2という状況できて、僕はチームの代表ですし絶対勝たなくてはいけないというのはあった。同期で一緒にやってきた山口が第2シングルスで奮起してくれた。内容はあまり良くなかったんですけど、結果として勝てたのは明日につながると思う。上(の学年)が勝てたのは良かった。今の2年生以下は一度も1部を経験したことがないから。そういう意味では1部を経験していた者がしっかり勝てたのは大きいですし、2年生以下はこれが1部なんだというのを痛感したと思うので。僕と山口は最上級生で出ていますし、春リーグは最後なので一個も落とさない気持ちでやっている」

山口
「最後なので全力で頑張ろうと思っていました。そんなになにかしら考えたわけではないんですけど、とりあえず頑張ろうと。結局チーム自体は負けてしまったので、そこは悔しい気持ちはあります。最近はずっといい感じでやれていたので、最後まで攻め切ったというか、しっかり攻めてたから良かった。春休みはとりあえず一日一日頑張ろうと。長い目で見てしまったら気持ちが落ちてしまうと思ったので。その日ごとに頑張っていこうという気持ちでやってきました。自分たちシングル陣で何が足りないというのを話し合って、こういうメニューをしようというのをやっていました。(ハーフ球について)ずっと集中力続いてやっているわけではないので、集中力が切れたときに甘い球やハーフ球だったりして結局自分が不利な体勢になっているというのが多かったので、そこは鰐川コーチに言われて、意識してなくしていくようにしようというのはありました。体力的にはちょうど授業が始まって、結構いっぱいいっぱいで。平日にあまり練習できない日とかがあって、2セット目とかは下回ってたのでそこが課題ですね。ファイナルにいったら自分ももっときつくなるので、2ー0で勝てるようにしていきたい。(実業団との練習で得られるものはあるか)実業団の選手は結構レベルが違うので、その人たちとシャトルを打つだけでも結構学ぶものは多い。トップレベルを肌で感じるのは刺激になって、モチベーションとかもなると思う。ここで試合するのも春と秋だけしかないので、一試合一試合楽しんで後悔しないようにやっていきたい」

伊藤
「チームとして結構勝ちにいってた。でも競った場面で勝ち切れないというのがやっぱりまだまだ明治の弱さかなと思いました。1、2カ月ランニングのトレーニングをしてきたが、コート内で動くのとランニングするのはやはり違う。コート内での体力という部分が明治にはまだまだ足りない部分だなと思いました。(個人としては)シングルスはリーグ前すごい調子悪かったので、逆に開き直ってコートに入った。そしたらすごく集中できた。相手も日体大の1年生と聞いていたので、絶対に負けられないなと思っていた。プレッシャーとかなくリラックスしてできたので、それが良かったのかなと思います。ダブルスのペアは3月の中旬ぐらいから組み始めた。お互いシングルスがメインなので、ダブルスも全力で頑張ろうという話はしていたが今日みたいに競った場面で声を掛けることが出来なかったので、もう少し自分が引っ張っていければ少し変わったのかなと思います。最後まで諦めないでやったのが1ゲーム取れたことだと思うので、プラスになったと思います。(日体大に2ー3というのは自信につながるか)あとちょっとの差だと思うので、後は気持ちで負けないようにすればもっと戦えるじゃないかなと思います」

[2日目]

「初日よりは全然ショットも安定してきて体も動いてきてるし、だんだん雰囲気にも慣れて緊張もほぐれてきたので、初日よりは動けたと思います。(緊張は大きかったか)すごい肩が固くなっちゃって、打てる球も打てなくなってしまった。それでも初日に勝てたのは、相手がメンバーじゃなくミスを待てたから。ミス待ちでこっちが我慢してつなげられたのは良かったと思う。(法大とはどれぐらい戦えたか)全体的に向こうの圧力に押されちゃったので、もうちょっと戦えたかなと思います。個人としては、結構強気でいけた。今日の試合は勝てただけにもったいなかった。向こうの意地と気持ちで負けたので、そこは勝ち切れるようにしないと駄目だなと思いました。(走り込みの成果は出てきているか)去年のリーグはお腹らへんがすごいきつくて、気持ち悪くなるぐらいだったんですけど、走り込んだおかげかは分からないんですけどそんなに息切れとかはしなくてまだまだいけるなって感じでした。去年1年間1部で戦ったという経験はすごく大きいと思う。1年生は練習ではあまり勝率が良くなくて、落ち込んでた部分もあると思うんですけど、試合に出たら思った以上に戦ってくれた。私はすごい期待してます。2年生の時は向かっていくという気持ちだったが、今年は3年生なので自分が勝たないとチームが勝たないと思うようになった。来週からの3戦が1番大事になると思うんですけど、3勝できるぐらいの強気の気持ちで戦いたいです」


ニュース
 
 この記事へのご意見はこちらからお寄せください。
 今後の明大スポーツ運営への参考にさせていただくほか、ご意見としてご紹介させていただく場合もございます。
 ※必ずEmailアドレスをご入力ください。
 ※htmlタグなど、一部本文中にご利用できない記号がございます。
Email: