検索
 HOME > 硬式野球部

1点差に詰め寄る適時打を放った菅野


ボールパーク便り  打線に元気なく三菱日立パワーシステムズ横浜に敗戦  

◆3・31 社会人対抗戦(神宮球場)
▼対三菱日立パワーシステムズ横浜戦
 明大1−2三菱日立パワーシステムズ横浜○

社会人対抗戦
明大
MHPS横浜×

 相手投手陣に抑えられて、三菱日立パワーシステムズ横浜に1−2で敗れた。

 2点を追う8回に、四球2つで2死一、二塁のチャンスをつくる。ここで代打の菅野剛士外野手(法2=東海大相模)が左前適時打を放ち1点を返す。さらに、2死満塁と一打逆転の場面を迎えるも、4番に座った高山俊外野手(文2=日大三)が三振に倒れた。打線は4安打に抑えられるなど課題を残した。

 投手陣は被安打6、2失点に抑えるも、勝ちには結びつかなかった。

[森光史]

◆春季オープン戦日程表◆
日付対戦相手場所
4・2(水)
中大
明大グラウンド
4・3(木)
亜大
4・4(金)
東海大
4・5(土)
東京ガス
4・6(日)
青学大



●ボールパーク便りのバックナンバー

ニュース
 
 この記事へのご意見はこちらからお寄せください。
 今後の明大スポーツ運営への参考にさせていただくほか、ご意見としてご紹介させていただく場合もございます。
 ※必ずEmailアドレスをご入力ください。
 ※htmlタグなど、一部本文中にご利用できない記号がございます。
Email: